2016年8月28日日曜日

鷲羽岳 Day2(三俣山荘~鷲羽岳~三俣蓮華岳~双六岳~新穂高温泉)

写真は鷲羽岳山頂からの槍・穂高の眺め

8/6(土):新穂高温泉~双六小屋~巻道~三俣山荘
8/7(日):三俣山荘~鷲羽岳~三俣蓮華岳~双六岳~新穂高温泉

2日目。  ※1日目は→こちら

■8/7(日) 晴れ
三俣山荘(05:03)-鷲羽岳(05:58/06:13)-三俣山荘(07:02/08:04)-三俣蓮華岳(08:46/08:59)-双六岳(10:09)-双六小屋(11:07/11:40)-弓折乗越(12:25/12:30)-鏡平山荘(12:58/13:14)-シシウドが原(13:39)-秩父沢出合(14:17/14:30)-小池新道分岐(14:59)-わさび平小屋(15:14)-新穂高温泉(15:58)

03:00 起床。気温10℃前後と暖かく、日頃の睡眠不足もあってよく眠れ、スッキリした目覚め。

外に出ると満天の星空に天の川。東の空には冬の星座のオリオン座。流れ星も何個も見ることができました。

03:30~04:00 朝食。食後は、温かいコーヒーを飲みながら、夜明け前の静かな時間を楽しみました。空も少しずつ明るくなってきました。

05:03 三俣山荘(標高2550m)、出発!

小屋付近のハイマツ帯を抜けると山頂までのルートが見えてきます。標高差374m。前半は、短い折り返しを繰り返すザレ場。

後半は、やや急な斜面で、小さな岩や浮石が多く、注意が必要。

山頂近くまで登ると、右手に鷲羽池が見えてきました。この時間は山影になってしまい絵的には今一つ^^; 右奥に槍・穂高、左奥に大天井岳、中央奥には常念岳。

05:58 鷲羽岳(標高2924m)、登頂!

眼下に三俣山荘の赤い屋根。右から、これから歩く三俣蓮華岳、丸山、双六岳。中央奥に尖った笠ヶ岳。左奥に焼岳、乗鞍岳、御嶽山。

昨年登った百名山の黒部五郎岳。山影になっている手前の谷は、黒部源流。源流の碑も見に行きたいな。

こちらも昨年登った百名山の薬師岳。大きな山容で存在感あります。手前左は祖父岳。

水晶岳。稜線に劔・立山も少し頭を出しています。右奥は後立山連峰の山々。

二百名山の餓鬼岳、燕岳、表銀座縦走コース。360度の大展望でした^^

15分ほど素晴らしい景色を楽しみ下山へ。登り55分、下り49分。下山はすれ違いの待ちもありましたが、意外と時間がかかりました。

07:02 三俣山荘

撤収に時間がかかり、予定より30分遅れで再出発(08:04)。三俣峠まで登り返して、山頂へ。山頂直下は滑りやすい急斜面で注意が必要。下りでは使いたくない感じ。

08:46 三俣蓮華岳(標高2841m)

鷲羽岳、水晶岳をバックに、富山県、長野県、岐阜県の県境。

深田久弥の『日本百名山』によれば、元々は、三俣蓮華岳が鷲羽岳と呼ばれていて、今の鷲羽岳は東鷲羽岳と呼ばれていたようです。それが、昭和初期に誤りから今の名前に変わってしまったとか。

谷を挟んで雲ノ平。雲ノ平山荘の赤い屋根も見えます。左に薬師岳、右に水晶岳、右奥に劔・立山。

アップで、中央奥に劔・立山。

黒部五郎岳のカールもここからの方が良く見えました。

三俣蓮華岳で15分ほど小休憩したあとは、双六岳までの素敵な稜線歩き。

と、思ったら、丸山を越えたあたりで携帯電話をどこかに落としてしまったことに気がつき、三俣蓮華岳まで全力で探しながら戻る。三俣蓮華岳までの区間で見つからず諦めかけた時、遠くからフラッシュで何かの合図。再び、全力で双六岳方面へ戻る。ありました!見つけていただいた方や、声やフラッシュで伝搬して下さった方々に御礼を言いながら戻りました。本当に感謝感激。ありがとうございました。ちなみに、上の花の写真を撮っていた時に落としてしまったようです^^;

10:09 双六岳(標高2860m)

 広々とした稜線の向こうに槍・穂高の絶景!今年も見ることができました^^

このあと槍の穂先に雲がかかってしまい、かなり待ったのですが消えそうでなかなか消えず。最初の一枚を撮っておいて良かった。

11:07 双六小屋

30分ほど大休憩。前日、米切れで食べられなかったカレーをいただきました。量は少なめでしたが、久しぶりに食べる炊いたお米は美味しかったです。

12:58 鏡平山荘

帰りの鏡平山荘でもかき氷。今回は、宇治金時(あずき付)にバニラトッピング。美味しかった!^^

それにしても暑い日でした。吹き溜まりのような場所では、暖房の部屋に入ったようなムッとする暑さを感じました。

14:17 秩父沢出合

ようやく、予定時間に修正でき、15分ほど小休憩。冷たい沢の水で生き返りました。

今回、仲間2名がストックを忘れてしまったので、自分のストックを貸しました。ストックなしの下りになったため、接地時間を減らしてテンポよく下りてから、待つようにしました。ダメージは抑えられたかな。

14:59 小池新道分岐

あとは、1時間の林道歩き(山と高原地図では90分、この看板では70分)。

15:14 わさび平小屋
スイカ、トマト、きゅうり、リンゴ、オレンジが100円~200円くらいで販売されていました。

15:58 新穂高温泉(標高1090m)、下山

小池新道分岐からゲートまで1時間ほどで到着。かなり早歩きだったので、普通なら、70分から90分くらいかかるかな。

新穂高センターまで戻る途中に、駐車場への近道がありました。これでだいぶ時間短縮。下界の気温は28℃でした。

下山後は、新穂高温泉「ひがくの湯」に立ち寄り、露天風呂と飛騨牛コロッケをいただきました。洗い場は少なかったので混んでいましたが、お風呂は広かったです。

17:45 帰路へ。

お天気に恵まれ、楽しい山行となりました。来年も楽しみです。


■GPSデータ