2011年1月29日土曜日

勝田全国マラソン前日

2週間の調整期の2週目。いよいよレースが明日に迫りました。

24日(月) 朝 5km jog
25日(火) 朝 7km jog、WS(100mx3)
26日(水) 朝 レースペース走、14.96km、44'50(4'10/km)
27日(木) 朝 5km jog、WS(100mx1)
28日(金) 朝 5km jog、WS(100mx3)
29日(土) 朝 最終刺激 1km

今回は、前回のつくばマラソンとは異なるアプローチを試してみました。

【前回】
2週間前 ハーフレース(1:20'58 / 21.09km)
1週間前 10kmペース走(39'29 / 10.16km)
2日前 最終刺激2km(3'50-3'53)

【今回】
2週間前 20kmペース走(1:27'41 / 20.04km)
1週間前 10kmレース(37'42 / 10.00km)
1日前 最終刺激1km(3'40)

前回は2週間前のハーフマラソンの疲れが抜けず、最終週も疲労抜き中心のメニューでほとんど走りませんでした。(走れませんでした)

今回は2週間前から強度を弱めて疲労が蓄積しないようにしてきました。最終週も軽いjogで繋いで、水曜日には適度なペースで脚に刺激を与えることができました。

最終刺激は、アップ1.5km jog、2km走(3'40)、ダウン1.5km jog。
体感では4'00くらいに感じました。あとはスタミナ面がもつかどうか。

グリコーゲンローディングは、前回同様、日曜日~水曜日まで炭水化物の割合を減らし、木曜日から炭水化物の割合を増やしました。今回は食べ過ぎに注意して、今朝の時点で 0.7kg増(前回は1.7kg増)。

木曜日に温泉&サウナ(ミトコンドリア増えたかな?)とマッサージ、金曜日に接骨院で左脚のケア。左ハムストリングスの張りは完全には解消しませんでしたが、つくばマラソンの前よりは遥かに良い状態になりました。

明日のひたちなか市の天気予報は、晴れ、気温-3~5℃。スタートは11時。少し風もあり肌寒むそうです。
09時 0℃ 湿度64% 北北西2m
12時 5℃ 湿度42% 北西3m
15時 4℃ 湿度50% 北2m

前回は、当日になっても緊張感がなくスタートを向かえてしまいましたが、今回は昨夜から程よい緊張感とやる気に包まれています。マラソンならではの緊張感を楽しみたいと思います。

今日はこれから車で移動し、コースを下見してから前泊の予定です。
今シーズン最後のフルマラソン。最後までベストを尽くしたいと思います。行ってきます!

  • 今月 283.9 km
  • 今年 283.9 km

2011年1月24日月曜日

調整期(1週目)

2週間の調整期の1週目。いよいよ最終段階に入ってきました。

17日(月) 休養
18日(火) 朝 7km jog、WS(100mx3)
19日(水) 朝 レースペース走、14.96km、59'40(3'59/km)
20日(木) 休養
21日(金) 朝 7km jog
22日(土) 朝 120分LSD、16.16km、2:03:38(7'39/km)
23日(日) 午前 千葉マリンマラソン(10kmの部)、37'42(3'46/km)

火曜日のjogで、疲労が抜けて調子が上がってきたことを実感できました。先週末のインターバルによる刺激が効果的だったようです。水曜日のレースペース走でも余裕がある状態で、このコースのベストタイムが刻めました。

ただ、休養を挟んだ金曜日、土曜日は左ハムに張りが出て、やや脚が重たく感じました。どうも、完全休養にしてしまうと調子の波が途切れてしまう感じがします。

日曜日の調整レース、千葉マリンマラソンでは再び調子が戻ってきて、まずまずのタイムで走りきることができました。スピード、スタミナとも不安を感じませんでした。

前回つくばマラソン一週間前の調整ランでは、10.16kmを39'29(3'53/km)でした。今回は前回より余裕度も高く、疲労の抜けも良い状態です。12月末から週一回の接骨院通いと、2週間前のポイント練習の強度を落としたことが効いている感じです。日曜日のレース後にも接骨院で脚をほぐしました。レース直前にもメンテナンスした方が良いとのことなので、レース前の金曜日にも伺うことにしました。

いよいよ最終週。

「小出道場」に「脚が痙攣する原因」として「調整期間に休み過ぎている可能性がある」と書かれていました。前回の最終週は疲労抜き優先で脚を休ませ過ぎました。今回はある程度疲労も抜けているので、毎日軽く走ってみようかと思っています。

グリコーゲンローディングも開始。食べ過ぎないように注意します。

1月30日ひたちなか市の天気は、曇時々晴、気温-3~7℃、降水確率30%、信頼度A。日中どこまで気温が上がるか。予報を見ながらしっかり準備したいと思います。

  • 今月 246.1 km
  • 今年 246.1 km

2011年1月23日日曜日

第35回サンスポ千葉マリンマラソン(10kmの部)

勝田全国マラソンに向けた調整レース、『 第35回サンスポ千葉マリンマラソン 』の10kmの部に参加してきました。

会場は千葉市美浜区にある千葉マリンスタジアム。昨年プロ野球で日本一に輝いた千葉ロッテマリーンズの本拠地です。ハーフマラソンの部は日本陸連公認で女子の大会記録(1:08'55)は金メダリスト高橋尚子さんが持っています。東京から近いため参加者1万人を超える人気の大会です。

5:00 起床。朝食(もち2個、aminoVITALマルチエナジー)
6:30 自宅出発。京王線/京王新線で市ヶ谷駅乗り換え~東京メトロ有楽町線(新木場駅)~JR京葉線
8:00 aminoVITAL SUPER SPORTS補給
8:20 海浜幕張駅到着。待ち合わせの人々で混み合っていました。

海浜幕張から徒歩で会場へ。右手は幕張メッセ。バルーンがハーフのスタート地点。

20分ほどで会場の千葉マリンスタジアムに到着(8:40)。受付を済ませてスタンド内へ。

場内では開会式が行われていました。ゲストランナーの高橋尚子さんがスピーチ中でした。ゲストはQちゃん以外にもSAC代表の小出義雄さん、プロ野球解説者の江本孟紀さん、千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手と豪華な顔ぶれ。

9:00 の気温は3℃との発表。風が無いためか暖かく感じましたが、念のためウェアは、Tシャツにランシャツを重ね着+ランパン+アームウォーマー+グローブ。ゴール後の気温は6℃だったようですが、ランシャツだけでもよかったかもしれません。

ゼッケンを付け、ウィグライプロを飲み、着替えを済ませると、既に 9:20。

あれ?時間がない(汗)

とりあえず、走れる格好になり、貴重品を預けに行く。やや大きめの封筒なので、入りきらないものを再度スタンドの席へ持ち帰る(9:30)。

朝からトイレに行っていないので不安だったが長蛇の列に諦め、大急ぎで、スタート地点へ移動。早めのペースで走ってアップ替わりに(^^;

10kmのスタート地点は幕張海浜公園の交差点の先。左の写真で400mくらい先に見える見浜園交差点の歩道橋手前。(写真はゴール後に撮影)

ウィンドスプリント100mを3本ほど入れて心拍数を一度上げておきました。

9:40 にスタート地点に着き体操とストレッチ。スタート位置は男女別、ナンバーカード順に分けられており、幸い一番前のブロックでした。

9:50 スタート!

ロスタイムはほとんどなく、3車線道路なので混乱もなくスタートが切れました。

スタート直後は右カーブ。10kmの部は東に向かって右側(海側)の3車線道路を走ります。

その先は、左カーブ。キロ標識がなくペースが分からないが無理のないペースで走る。

唯一のアップダウン美浜大橋。高低差は6m程度のなだらかな坂なので影響なし。

美浜大橋を過ぎると動きも良くなってきた。腰高、フラット着地、足首を返さないフォームを意識してイーブンペースで走る。

海沿いの3車線道路を東に走り、約4km地点で右折して稲毛海浜公園に入る。威勢のいい太鼓の応援を受けながら右折し、「いなげの浜」沿いに西へ。給水所があるが10kmではもちろん不要。

稲毛海浜公園内はいいアクセントになりました。

5.5km地点で元の海沿い3車線道路に戻り、来た道を逆に西へ。10kmの部のランナーがまだ大勢、東に向かって走ってくるので左端を走ります。反対車線はハーフの部(公認10:00、一般10:05スタート)のランナーが走っていました。

後半は向かい風が少し吹いていました。美浜大橋手前で残り3kmの表示。グロスで26'17。余裕度も高くほぼイメージ通りのペースで来ていることが分かりひと安心。

美浜大橋を越えたところで残り2km。路面状態も良く、とても走り易いコースでした。

スタート地点の先が残り1km(9km地点)。その先、海浜幕張公園の交差点を左折して千葉マリンスタジアムへ。

例年だとスタジアム内がゴールだそうですが、今年は工事中のため、スタジアムの外がゴール地点。写真のバルーンまで行って折り返してきてゴール。

ゴールタイムは、37'47 (ネット:37'42でした。

可もなく不可もないタイムで、勝田全国マラソンに向け良い刺激になりました。
(スタート前のバタバタもよい教訓になりました(^^;)

運営もしっかりしていて良い大会でした。関係者の皆様ありがとうございました。

千葉マリンスタジアムの横にある「幕張の浜」

参加賞など(他にバームウォーター)。Tシャツは大きすぎました...orz。身長170cmだとMくらいがちょうど良さそう。スーパーヴァームの試供品は小出監督が配布していて、握手付き(^^)。ゴツイ手からパワーもいただきました。

2011年1月16日日曜日

仕上げ期(4週目)

4週間の仕上げ期の4週目。今週は寒さが一段と増した一週間でした。ポイント練習は、レースペース走、ロング走、インターバル・トレーニング。練習量は減少傾向で、疲労回復を意識し始めました。

10日(月・祝) 休養
11日(火) 朝 10.75km jog
12日(水) 朝 レースペース走、10.75km、45'08(4'11/km)
13日(木) 休養
14日(金) 朝 10.75km jog
15日(土) 昼 ロング走、20.04km、1:27'41(4'22/km)
16日(日) 朝 インターバル 1km x 5(3'32 - 3'38 - 3'37 - 3'38 - 3'30)

週前半は先週末のマラソン準備マラソンの疲労が脛の外側にあり、右足甲にも違和感があったので無理をしないようにしました。

14日には接骨院で左ハムの治療。接骨院に通い始めて3週間ほどになりますが、効果を実感できるようになってきました。まだ長距離を走ると張りが出ますが、その後の回復が早まってきています。流石です(この日は信越五岳で上位の某選手もいらっしゃっていたそうです)。勝田全国マラソンまでにあと1回行く予定。左ハムについては、つくばマラソン前より良い状態で迎えられそうです。

15日のロング走は、レースペースより10~20秒遅いくらいが目安でした。つくばマラソンの2週間前はハーフマラソンをPBで走っていましたが、今回は抑え目にして疲労を残さないように注意しました。

16日は全国的に大雪。関東でも埼玉、千葉、東京東部では雪が降りました。アップ2.5km jogのあと、1km x 5本。つなぎの200m jogは75"-75"-79"-69"。ダウン1.5km jog。久しぶりのスピード練習。動きがバラバラで全くスピードに乗らない感じでした。冷たい北風も吹いており、腕振りで無理やりペースを上げて心肺に刺激を入れました。これをきっかけに、そろそろ調子を上げていきたいところです。

10日の祝日に家族で埼玉県のこども動物自然公園へ行ってきました。
温泉に入るカピバラが気持良さそう。子供カピバラ達は打たせ湯を堪能していました♪

勝田全国マラソンが終わったら、のんびりスキー&温泉に行きたいなあ。

1/23(日)は、調整レース『サンスポ千葉マリンマラソン(10kmの部)』に参加します。

  • 今月 186.5 km
  • 今年 186.5 km

2011年1月14日金曜日

勝田全国マラソンのナンバーカード

1/11(火)に勝田全国マラソンのナンバーカードなどが入った書類が郵便で届きました。

参加案内、ナンバーカード、計測チップ、参加賞引換券、計測タグ返却封筒、チラシ(ガーミン、アミノバリュー、スポーツデポ・アルペン、オールスポーツ)。

参加案内(表・裏)

開会式(9:45~)が開かれる会場は石川運動ひろば。宿泊するホテルから600mなのでゆっくりできそうです。

当日は9時から17時まで参加賞引換所にて「参加賞引換券」と交換でプログラムと完走いも(乾燥いも)を配布。「参加賞引換券」にナンバーカード番号と氏名を記入し、10時までに交換をすませると抽選会(10:15~)にも参加できるそうです。

ただ、それから荷物預けたり、トイレに行ったり、スタート地点に移動したりと考えると、抽選会に参加している余裕はなさそうです。

参加案内によれば、手荷物預かり所は市営石川町プールで料金は100円。

スタートは11時。地図で見ると手荷物預かり所から表町商店街のスタート地点までは約350m。参加案内を見る限り、つくばマラソンのように陸連登録者が前からスタートできるわけではなさそうです。

twitterで昨年参加された方々の話しを聞くとスタート地点も狭く混み合いそうなので、30分前には移動しておきたいところです。ちなみに、ナンバーカードの番号は、氏名(かな)順らしいです。

参加賞(Tシャツ)はフィニッシュ後、計測チップと引き換え。完走証も当日発行されるようです。

今回は前日に車で移動しコースを下見する予定です。東水戸道路「ひたちなかIC」から6km(約10分)。会場に駐車場はないのでホテルの駐車場を利用する予定。コースには約5km間隔で給水とスポンジテーブルが置かれるようです。

当日は、天気が良ければ11時~14時と比較的暖かい時間帯に走ることになります。

シューズは、adizero Japan WIDE を試していますが、ターサーゲイルと同じで左足が大きいようです。先日、ステップ東京本店で足長を再計測してもらいましたが、やはり、左:25.5cm、右:26.0cm がベストとのことでした。一般的には、大きいサイズに合わせ、小さい方はしっかり締めて履くしかないそうです。マメができないか少し心配です。

フィット感やグリップもターサーゲイルの方が自分の足には合っている感じがします。以前履いていた adizero CS5 WIDE と比べて細身で、普段履いている5本指ソックスだと小指が当たってしまいます。3本指や指なしのソックスを試したところ当たらないようなので、どちらかにしようと思っています。

なかなか、シューズ難民、ソックス難民から脱却できません(^^;

2011年1月11日火曜日

仕上げ期(3週目)

4週間の仕上げ期の3週目。仕上げ期のSTEP2に入りました。スピード刺激でキレを上げていきます。ポイント練習は、レースペース走、ロング走、インターバル・トレーニングでした。

03日(月) 休養
04日(火) 朝 10.75km jog
05日(水) 朝 レースペース走、14.96km、1:02'15(4'09/km)
06日(木) 休養(ローラー台30分)
07日(金) 朝 10.75km jog
08日(土) 昼 マラソン準備マラソン
09日(日) 朝 2.3km jog、坂道インターバル(300m x 4本)、9.75km jog

駅伝三昧の正月三が日があっという間に終わり、4日から仕事始め。

水曜日のレースペース走は氷点下の寒さもあり、序盤は体が動きませんでした。故障も怖いので前半は慎重に入り、後半5kmだけ4'00/kmペースで走りました。一週間前のレースペース走(1:03'14)に比べると余裕度が高くなってきました。

土曜日はマラソン準備マラソンに参加。アップダウンの激しいコースで約28km(2:02'19)。久々に刺激の強い練習を行いました。

日曜日は『eA式』の推奨メニューだと「インターバル・トレーニング(1000m x 5本)」または「本数を減らし追い込み度を上げた坂道インターバル」または「10kmレース」。前日のダメージが大きく、インターバル・トレーニングは無理そうだったので、坂道インターバルを選択。

坂道インターバルの内容は、今月のランナーズに掲載されていた福岡大の田中教授お薦めメニューを採用。坂道ダッシュ(300m x 4本)でグリコーゲンを枯渇させてから10km jogで30km走と同じ効果が得られるという内容。

アップ 2.3km jog
坂道インターバル、1'08(2'09)-1'08(2'11)-1'10(2'19)-1'08
ダウン 9.75km jog

土曜日の練習後に「こあしす接骨院」へ行ったのでだいぶ緩和されましたが、相変わらず左ハム~付け根に弱い痛みがあります。また、アップダウンが激しいコースだったので、脛の外側にダルさがあります。

残り3週間は、練習量を減少傾向にシフトし、疲労回復も進めていきたいと思います。

土曜日、接骨院の後、東京ドームで開催されている「ふるさと祭り東京」に行ってきました。

「全国ご当地どんぶり選手権」ハーフサイズ、400円均一。

「帯広名物 豚丼」美味しかった! 「秋田 比内地鶏親子丼」「新潟 鯛茶漬け」「富山 白エビかき揚げ丼」「島根 寒シマメ漬け丼」などなど、食べたかったもの多数。その他にもスイーツからラーメンまでご当地の逸品がズラリ。1/16(日)まで開催されているので、もう一度行きたいです!

  • 今月 124.4 km
  • 今年 124.4 km

2011年1月9日日曜日

第6回マラソン準備マラソン

昨日はマラソン完走クラブさんの練習会『 マラソン準備マラソン 』に参加しました。

昨年も立川昭和記念公園で開催されたマラソン準備マラソンに参加させていただきましたが、参加者が3000名規模となり運営が大変そうでした。今回は、横浜こどもの国で定員800名で開催されました。

調布駅を9:20に出発。橋本、長津田経由で10:30頃こどのも国駅に到着。スタートが11:25なので時間に余裕があり、電車も空いていて良かったです。

入り口前で受付。ゼッケンと入園券を受け取り入場。

園内マップ。4.025mの外周道路を走ります。普段は園内バスが走っているようです。

こどもの国には初めて来ましたが、旧日本軍の弾薬庫だったそうです。戦後米軍から返還され1965年に開園。広い敷地に自然の地形を生かした牧場や施設が点在しています。

入り口広場を登ったところに外周道路の陸橋。2周目以降はこの橋の上を走りました。

橋の下でゼッケンに名前と目標タイムを記入。最初のグループがスタート地点に集まっていました。

●スタート時間
10:40スタート 6'00/km、6'20/km、6'40/km、7'00/km
10:53スタート 5'30/km、5'45/km
11:08スタート 5'00/km、5'15/km
11:25スタート 4'00/km、4'30/km

コースは4.025mの外周道路を左回りに7周28.175km。フルのペースより15~45秒遅いペースでとのことだったので、4'30/kmペースのグループで走ることにしました。

中央広場の先にある屋外プール・アイススケート場の更衣室へ。

更衣室は貸切。着替え用の個室ブースもありました。100円ロッカーに荷物を預けて手首に鍵を装着。アイススケート場では子供向けの講習会が開かれていました。

10分前にスタート地点へ戻り、コーチ陣からトレーニング内容の説明とアップダウンの走り方のアドバイスを聞きました。

  • 集団走に慣れる。2列の隊列を守る。
  • 序盤に余裕を持たせて、アップダウンの走り方を確認する。
  • 20kmからゴールまではフリー走行。簡単に逃がさず離れないように粘る

アップダウンの走り方は、

  • 登りは腰高のフォームを意識する。腰が落ちるとスクワット状態になり脚にくる。
  • 下りはピッチを意識する。気持ち良くストライドで走ると後半脚にくる。

4'00/km、4'30/kmのグループは各20人くらいでした。「走る」Tシャツ(白)を着たOさん(つくば2:55)や、同じく勝田全国マラソンに参加されるSさんと少し会話させていただきました。

11:25にスタート!

4'30/kmのペーサーはWGHRCの練習会でもお世話になったことのあるOさん。富士登山競走でも入賞される方なのでアップダウンを感じさせない美しい腰高のフォーム。見本を見ながら走りました。登りでは少しストライドを縮めて走るといいそうです。下りは飛ばすと故障の原因になるのでゆっくり行きましょうとのことでした。

アップダウンが多いとは聞いていましたが、平坦なのはスタート地点だけ。細かいアップダウンの連続に時折現れる壁のような激坂。登りはストライドを狭めた腰高のフォーム、下りはピッチを意識することの連続。集中してアップダウンの練習ができました。本番のレースでアップダウンがあっても自信をもって走れそうです。

1周目は4km地点でラップを計測、以降1周(4.025km)毎にラップを計測。

1周目( 4.000km):17'39
2周目( 8.025km):17'55
3周目(12.050km):18'02
4周目(16.075km):17'52
5周目(20.100km):18'00(1:29'30)

コース途中や逆走しながらスタッフの方々が声掛けして下さったり、他のグループを抜かしながら声掛け合ったりして、とても雰囲気の良い練習会でした。

ペーサーのOさんから、6周目上げすぎて7周目失速すると練習効果が半減してしまうので、ビルドアップできるようにしてくださいとのアドバイスがありました。

7周目(24.125km):16'31
8周目(28.150km):16'12
ゴール(28.175km):0'05(2:02'19)

7周目は7人での競り合い、8周目は2番手で先頭の黄色いランナーを追いましたが、25~50mくらいの差がなかなか詰められず、2番のままゴール。

同じくらいのレベルの方々と走りいい練習ができました。スタッフの皆さん、参加されたランナーの皆さんありがとうございました。また機会があれば、別の練習会にも参加させて頂きたいと思います。

2011年1月4日火曜日

仕上げ期(2週目)~走り初め~

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

4週間の仕上げ期の2週目。仕事納めが29日。30日は忘年会などがあり、実質的には12/31~1/3の短い冬休みでした。

27日(月) 休養
28日(火) 朝 10.75km jog
29日(水) 朝 レースペース走、14.96km、1:03'14(4'13/km)
30日(木) 休養
31日(金) ゴルフ、夕 10.14km jog
01日(土) 午後 ロング走、30.42km、2:12'39(4'21/km)
02日(日) 午後 120分LSD、15.40km、2:01'13(7'52/km)

大晦日は、父、私、弟とで埼玉国際GCへ打ち納めに行きました。

父との念願の初ラウンドでした。父は8年前に心筋梗塞で倒れて、一緒にラウンドする機会は来ないかなと思っていたので、思い出に残る楽しい一日となりました。スコアは出入りが激しく散々でしたが(^^;

埼玉国際GC(東→南)は正確性を要求される丘陵コースでしたが、GPS付カートの機能が充実していて安心してラウンドすることができました。赤城山、妙義山、その奥に谷川岳まで眺めが良かったです。

帰りに、関越自動車道の寄居PA(星の王子さまPA)に寄ってみました。
PAなのでそれ程大きくはありませんが、南仏風の建物が並び、子供連れだとついつい財布の紐がゆるんでしまうかもしれません。

そのまま実家に帰省し、夕方走り納め。

元旦は、朝からニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)をテレビ観戦。日清食品 佐藤選手の素晴らしいフォームや、ゴール前600mからのトヨタ自動車、富士通、日清食品グループによるド迫力のスプリント勝負を堪能しました。

その後、走り初め。実家周辺の農道(1周2.535km x 12周)でロング走を行いました。最初と最後は風が強く吹いていましたが、中盤は風もおさまり、筑波山、日光連山、赤城山、妙義山、秩父連山まで見渡すことができました。体は少し重かったですが、ラスト5kmはペースアップして終えることができ、幸先の良い走り初めができました。夜、自宅へ帰宅。

2日は、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の往路をテレビ観戦。今年も東洋大 柏原選手の山登りは強かったです。それにしても、佐久長聖高校出身のランナーが多かったです。昨年の夏休みに訪れた妙高笹ヶ峰高原(準高地)には、佐久長聖高校専用のトレイルランコースがありました。長野県内から優秀な選手が集まるとはいえ、練習環境も素晴らしいですね。

その後、LSDがてら稲田堤の啓文堂書店さんに取り置きしていただいた本を受け取りに行きました。多摩川河川敷は風が吹いて絶好の凧揚げ日和。開放感があって気持ち良かったです。

「冬の喝采(上・下)」(黒木亮著)、「非常識マラソンメソッド」(岩本能史著)
岩本さんの本は、サイン入り&プレゼント(メダリスト)付!

3日は、あっという間に冬休み最終日。休足日なのでのんびりと箱根駅伝復路をテレビ観戦。今日も学生達の熱い走りに感動しました。6区で転倒しながらも首位に立った早稲田が優勝。22秒差で3連覇を阻まれた東洋大。シード校争いも熾烈を極め、残り1kmから4チームが3つのシード権を目指して凄まじいスプリント勝負。先頭に立った國學院がコースミスをしながらも差し返し、城西大が涙を飲みました。國學院がシード落ちになっていたら誘導員大問題になっただろうな。毎朝のランニング中にすれ違う拓殖大も予選会から勝ち上がりシード権を取ることができたので来年が楽しみです。

箱根駅伝のあとは、深大寺に初詣。昨年ヒットしたNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の影響で、例年以上の人出でした。

1月3日は、深大寺に祀られている元三大師が入滅した日。元三大師はおみくじの創始者でもあるそうです。ちなみに、今年のおみくじは、「吉」でした。

住職の説法は、「精進、腹八分、我慢」をするように。ランナーにそのままあてはまるんですが...(^^;

帰りに深大寺名物「そばパン」を買って帰りました。「高菜」は不思議な食感、「あんこ」はあんまんに似ているかな。

正月休みも終わり。勝田全国マラソンまで残り4週間。明日からまた頑張ろう!

  • 今月 45.8 km
  • 今年 45.8 km