2011年6月28日火曜日

走り込み準備期(STEP3)

走り込み準備期も4週目。だいぶ脚も変わってきました。ポイント練習は、22日の快調走、25日のインターバル、26日の富士山試走。風邪も治り、土日もいいトレーニングができました。

20日(月) 休養
21日(火) 朝 10.75km jog
22日(水) 朝 10.75km 快調走、50'30(4'41/km)
23日(木) 休養
24日(金) 朝 10.75km jog、WSx3本
25日(土) 3.5部練、28km
26日(日) 富士登山競走試走、33.1km、5:24'13

いよいよ次週からは「走り込み期」に移行します。まずは、7/3(日)のキタタンに向けて疲労を抜き、いいトレーニングになるよう調整したいと思います。

6/27(月)には、つくばマラソンにエントリーしました。人気の大会で約1万人の定員が5時間程で締切りになってしまいました。秋の目標も明確になりモチベーションがアップしました。スタートラインに立つまでが勝負。自信を持ってスタートラインに立てるよう、夏の一日一日を大切にトレーニング計画を実行していきたいと思います。

  • 今月 276.7 km
  • 今年 1582.1 km

富士登山競走の試走(2011年1回目)

6/26(日)に今年一回目の富士登山競走の試走に行ってきました。今回はランナー仲間のじーさん(五合目コース初出場)と一緒にスタート地点の富士吉田市役所から五合目+αという感じで試走しました。

※コース詳細(2010年の試走):五合目コース山頂コース

4:00に起床し、5:00に調布の自宅を車で出発。
6:00にじーさんと合流し、東名高速(東名町田IC~御殿場IC)~R138~東富士五湖道路(須走IC~山中湖IC)を経由して、7:30に「中の茶屋」に到着。左手の駐車場は既に10台ほど駐車していました。

標高1100m、気温22℃で涼しい空気。トイレを済ませ、ボトルポーチだけ装着して一旦ロードを下山。途中、何人もの試走ランナーとすれ違いました。北口本宮富士浅間神社に立ち寄り安全祈願。市役所への最短ルート(約6.3km)を通り、30分ほどで富士吉田市役所に到着しました。

市役所前のスタート位置付近に白線が引かれていました。

8:30、富士吉田市役所スタート(距離0、標高770m)

会話しながら「中の茶屋」に45分ほどで到着。車に戻り、トレイルラン用具一式が入ったバックパックを背負って再スタート。馬返し前の坂はキツく感じましたがゆっくり走り続けました。

「馬返し」の駐車場は満車。発表されたばかりの迂回路を通ってみました。

駐車場の中程左側から柵の左側を回って狭い登山道に入りました。距離も短くあまり影響はなさそうです。鳥居にヒビが入って倒壊の危険があるようでした。

前日のトレーニングの疲れもあり、三合目辺りからは結構歩きも入ってしまいました。下山してくるランナーが多く、福田六花さんともすれ違いました。物凄いボリュームの髪、あっという間に駆け下りていってしまいました。

コースは倒木も無く走り易かったですが、五合目手前のロードには砂礫が散らばっていました。

10:59、五合目(佐藤小屋)に到着。中の茶屋での荷物装備を除くと2時間16分。昨年の試走は2時間24分(本番では1時間41分)。背負った水が少ない(軽い)、下山の距離が少ない(昨年は馬返しから)とはいえ、一回目の試走としてはまずまずかな。

佐藤小屋は営業していませんでした。気温22℃。暑い。この時点で水500ml(少な過ぎました)が底を尽き始めていました。山開き前は、トイレ、水に注意しないといけません。トイレは、二合五勺(細尾野林道)左手のトイレが最後でした。

10分ほど休憩しながら下山してきたランナーから上の状況をリサーチ。体が飛ばされそうになる程の強風が吹き、砂埃も凄いらしい。

五号五勺(経ヶ岳)の灯篭も東日本大震災の余震の影響で崩壊していました。

六合目(安全指導センター)あたりから風が吹き気温が下がってきました。

久しぶりの砂礫の感触を確かめながら七合目(花小屋)まで。

ここで12:00になり、強風も吹き荒れ、水もほとんど底を尽いてしまったので下山することにしました。

怪我をしないよう慎重に。体力も消耗していたので、休憩を入れながらゆっくり下りました。

佐藤小屋まで下りると嘘のように暑い。中の茶屋では27℃まで気温が上昇していました。後半、頭の中は「コーラ、コーラ、コーラ…♪」

昔の富士山レーダーが展示してある「道の駅 富士吉田」でじーさんとコーラで乾杯!

いや~、本当に美味しいコーラでした。刺激すぎて胃がビックリしていました。

帰り道、篭坂峠あたりからの富士山。美しい。

17:00にじーさんと別れ、19:00前に帰宅。楽しい一日でした。

7月にもう一度、次は馬返しか五合目から山頂まで試走したいと思います。

●通過タイム(休憩除く)
中ノ茶屋(距離7.2km、標高1110m)0:45
馬返(距離10.8km、標高1450m)1:14、9:54a.m.
一合目(鈴原社、距離11.5km、標高1520m)1:20
二合目(御室浅間神社、距離12.6km、標高1720m)1:34
三合目(三軒茶屋、距離12.8km、標高1840m)1:43
四合目(大黒天、距離13.5km、標高1970m)1:53
四合五勺(御座石、距離13.9km、標高2040m)1:59
五合目ゴール(佐藤小屋、距離15.0km、標高2230m)2:16、10:59a.m.
六合目(安全指導センター、距離16.0km、標高2380m)、11:24a.m.
七合目(花小屋、距離17.0km、標高2700m)2:58、11:50a.m.

●ウェア
日除け付キャップ → 強風が吹くと飛ばされそうになる。
FINETRACK フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ → 五合目までは暑かったが六合目以降は暖かかった。
mont-bell クールラグラン ジップシャツ → 特に問題なし。
mont-bell トレール ランニングショーツ → 特に問題なし。本番では履かない。
SKINS スポーツ・ハーフタイツ → 使える。
SKINS パワーソックス → 使える。
Tabio ソックス → 特に問題なし。
グローブ → 必須。岩場、転倒時に、手のひらを保護してくれる。
ニューハレX(足首)テーピング → 必須。1枚貼り。本番ではV(膝)も予定。

●シューズ
履き潰すために古いランニングシューズを履いた。小指を何度か岩にぶつけて痛かった。本番ではトレランシューズの方がいいかな...。

●補給食、補給水
・おにぎり(梅干) 1個
・ミニあんぱん 4個
・水500mL(足りませんでした)

2011年6月25日土曜日

3.5部練

今日は一日ランニングを楽しんできました。

■1部練
朝起きたら、快晴の青空で思わずjogへGO!
平日でもそうですが、朝ランで一回汗をかいておくと、一日身体が楽に感じます。

# 5km jog


■2部練
午前中はWGHRCの練習会(10:00~12:00)に参加しました。WGHRCの練習会は、昨年の府中(5月、7月)、朝霞(6月)、今年の足立(5月)に続いて5回目。場所は府中陸上競技場。日本陸連4種公認全天候型トラック(1周300メートル)。

今日もtwitterランナー仲間と合流。はるさん、じーさん、下町ランナーさん。下町ランナー繋がりでリッキーさんとも知り合うことができました。

開始時には少し雲が出てくれましたが、湿度も高く暑い。

今回の参加者は約60名。過去に参加した中では一番多かったかもしれません。コーチ陣も、平塚さん、大崎さん、砂田さん、宮地さん、安田さん、山口さんと豪華!暑くても皆で走れば頑張れる!

10:00~10:55、ウォーミングアップ、ストレッチ、動きづくり4種目、腿上げからの流し3本で心拍数を上げました。

10分ほど休憩して、11:05~メイン練習のインターバル、1000m x 5本(つなぎ200mjog)。Aグループの3'50以下に入りました。

ペースメーカーは平塚さん。1本目、スタートを押しそこねてペースが分からず、キツイなあ...調子悪いのかなあ...と思いながらゴールすると、3'32くらいでした。暑さで汗が吹き出し目が痛い~。

3'32-(1'18)-3'40-(1'31)-3'38-(1'32)-3'36-(1'44)-3'16

暑さの中、頑張ったと思いますが、このグループには、フル2:30'と2:41'の方がいて、4本目以降は別次元の練習をされていました。まだまだですね。

5本目は、残り350mからペースを上げて前に出ました。残り200mではるさんに交わされましたが病み上がりのせいか伸びがなかったので、粘って残り100mで再び交わすことができました。一人だとタレてしまいそうなところでしたが、最後まで追い込むことができて良いトレーニングになりました。競走相手は自分の限界を引き上げてくれる存在で本当にありがたいですね。

あと、300mトラックは、1000mのインターバル(つなぎ200m)だとスタート位置が変わらず、一周も早く感じられるので、意外といいなと感じました。

競技場から府中駅に向かう途中に全裸で走る赤ちゃん?
うらやましくなる暑さでした(笑)

はるさん、じーさん、下町ランナーさん、リッキーさんと府中駅で昼食を食べて2部練終了。
関係者の皆様、参加された皆様、ありがとうございました。

# Wup 600m jog
# 1000m x 5本(つなぎ200mjog)
# Cdown 600m jog


■2.5部練
府中を13:20に出て次は砧公園へ。京王線千歳烏山に13:45に到着しましたが、砧公園への最寄り駅は小田急線祖師ヶ谷大蔵でした...orz。完全に勘違い、時間の読み間違い。慌ててjogで向かいました。昼食を食べた直後で荷物も背負ってなので一番キツかったかも(^^; 14:15、砧公園に到着。

# 5km jog


■3部練
屋内プールのロッカー(100円/返金される)に荷物を預けて砧公園のクロカンコースへ。
twitterランナー仲間と合流。島根から上京された砂肝さん、公園橋博士、うめまつさん、Liu様。既に一周してきたところとのことでした。6'00/kmくらいのペースで、1:05'49。コースコンディションも良く(写真撮り忘れました)、緑が脚に優しくて気持ち良かったです。途中、目をつぶって坂道を駆け上がったり、会話しながら楽しく走りました。

とは言えやはり暑さはあり、最後は脚と腰にも疲労を感じました。終了後は一気に1Lの水分補給。ロッカーにはシャワーもあり、サッパリして帰ることができました。

# 約11kmくらい?


その後、バスで成城学園前に出て、砂肝さん、うめまつさん、Liu様と下北沢のSTEPに立ち寄り、3部練終了。

普段は一人でトレーニングしているので、ランナー仲間と走れ本当に楽しかったです。またよろしくお願いします。

2011年6月24日金曜日

adidas adizero CS7 WD

走り込みに向けて、ロング走、jog、LSD用のシューズを新しくしました。最近は、adizero Japan WD でミドル~LSDまで走っていましたが、さすがにソールの傷みが目立ってきたので新調することにしました。

◇adidas adizero CS7 WD(アディゼロ C7 WD)

品番:G42922、カラー:ランニングホワイト×カレッジロイヤル×アシッドバズ
25.0cm、左210g、右209g

2011年春モデル。adizero pro4 に続き、4スタンス理論で同じB1タイプの日本代表、尾崎好美選手が履いているシューズ。クッション性と軽量性を兼ね備えた、ワイドラストモデルです。

夏モデルが出るので値下がりし(6,990円)、adizero クツカスの6/30まで有効なクーポン券(1,400円)、B&Dのポイント(600円)利用期間(6/1~20)を利用して、6/5に購入しました。

adizero クツカスで試し履き済みだったので、迷わずいつもよりワンサイズ小さい 25.0cm を選択。今日までに8回、計90kmほど走ってみました。30kmくらいまでは指の当たりが気になりましたが、馴染んでからは気にならなくなりました。

以前履いていたCS5 WDと同じで、軽くて、アッパーがメッシュのため通気性が良いです。ソールは柔らかくて厚底に感じますが、4'30/kmくらいまではストレス無く走ることができました。

このまま問題なければ、9月のウルトラマラソンは、このシューズで走ろうかと思っています。

2011年6月23日木曜日

4スタンス理論


『 【陸上競技版】4スタンス理論 』(鯉川なつえ、井上将憲 共著/ベースボール・マガジン社)

ヒトの重心位置は、先天的に4つのタイプに分けられることができる。自分のタイプに合った姿勢や動きをとることで、さまざまな動作がスムーズに、効率よく行うことができる。正しいフォームは1つではなく、4つあるというのが、4スタンス理論の考え方です。指導者の感覚に合う選手は1/4で、残り3/4は[×]となってしまいますが、4スタンス理論はすべて[○]という考え方です。

重心位置」は4つのタイプに分類されます。
A1 ... 重心:つま先の内側
A2 ... 重心:つま先の外側
B1 ... 重心:かかとの内側
B2 ... 重心:かかとの外側

Aタイプは「ピッチ」で「下り」に強く、Bタイプは「ストライド」で「登り」に強いという特徴があるそうです。

体の動かし方」は2つのタイプに分類されます。
A1,B2 ... クロス:肩と腰のラインが捻れて動く。コーナーが得意。
A2,B1 ... パラレル:肩と腰のラインが同時に動く。直線が得意。

「なんば」の動きは、パラレルタイプでないとできない動きだそうです。

各タイプの代表的な選手は、
A1 ... 福士加代子、ポーラ・ラドクリフ
A2 ... 高梨尚子、千葉真子、早狩実紀
B1 ... 尾崎好美、有森裕子
B2 ... 野口みずき、山下佐知子、今井正人、柏原竜二

本書では、「重心位置」を見分けるための6種類のチェック方法と「体の動かし方」を見分けるための5種類のチェック方法が記載されています。

早速チェックしたところ、フォームが好きな尾崎選手と同じ「 B1 」タイプでした。昨年の富士登山競走(五合目コース)も、馬返しまでは84位でしたが、馬返し~五合目のラップは19位で、登りは得意なのかもしれません。逆に下りは苦手意識があるので同じパラレルのA2の動きをイメージして克服しようかと思います。

チェック方法の後には、各競技種目毎にタイプ別の動作が解説されています。

「 中・長距離走 」での「 B1 」のポイントは、
・腕振りは体側に沿ってまっすぐに振る。下の方で腕振りを行うことが多い。
・目線は目の高さにほぼ水平に置くと安定する。
・身体が腰から前に引っ張られているようなイメージ。
など...

今のフォームは、正にこんな感じになっていると思います。下の方での腕振りが気になって前方高い位置まで振るように意識していましたが、4スタンス理論的には、下の方で振ることが自然なようなので、無理して修正する必要はないのかもしれません。

その他、タイプ別の補強運動の方法、シューズの紐の通し方などの章などがありました。コラムも8本ほどあり、マイクの持ち方や表現の仕方など面白い小話が書かれていました。

4スタンス理論を意識して、スムーズで効率的なフォームを追求していきたいと思います。

2011年6月21日火曜日

走り込み準備期(STEP2)

ようやく右ふくらはぎの状態が良くなってきたと思ったら、7日から鼻風邪をひいてしまい、まだ鼻詰まりが完全には解消していない状態です。なかなか調子が上向きませんが、これ以上は下がることもないと思うので、無理せず徐々に上げていければと思います。

ポイント練習は、8日、10日、18日のLSDと12日、19日の自転車レース&練習会。

06日(月) 休養
07日(火) 朝 10.75km jog / 夜 固定ローラー(45')
08日(水) 朝 90分LSD、12.42km、1:28'56(7'09/km)
09日(木) 休養
10日(金) 夜 150分LSD、18.75km、2:33'03(8'09/km)
11日(土) 朝 5km jog
12日(日) 自転車ヒルクライムレース24km(Mt.富士ヒルクライム

13日(月) 朝 5km jog
14日(火) 朝 10.75km jog
15日(水) 朝 10.75km jog、途中(50mインターバルx10本)x3セット、
16日(木) 朝 5km jog
17日(金) 朝 10.75km jog
18日(土) 朝 150分LSD、21.42km、2:37'30(7'21/km)
19日(日) 午前中 自転車チーム練習会 / 夕 12.42km jog

6月に入り週一回の150分LSDを3回実施して少し余裕もできてきましたが、まだ180分以上はキツそうです。昨年は6月中旬から走り込み期を開始しましたが、今年はもう少しじっくり脚を作っていこうと思います。


19日の自転車チーム練習会は、ゴールデンウィークのロング練習会以来の参加。
アップ ... 調布~甲州街道~立川球場、15.05km、37'28(24.1km/h)

本練習 ... 立川球場~大垂水峠~雛鶴峠~大垂水峠~高尾
  距離 / 89.34km
  時間 / 3:14'42
  速度 / 27.5km/h(平均)、53.3km/h(最大)
  心拍数 / 144bpm(平均)、170bpm(最大:PB)
  ケイデンス / 92rpm(平均)、135rpm(最大)
  獲得標高 / 1301m

ダウン ... 高尾~日野バイパス~甲州街道~調布、26.81km、56'39(28.4km/h)

先発(遅い)組で往路の大垂水は4番手、雛鶴は6番手でしたが、復路はゴルフ場坂で沈...。
相変わらず皆さん速くてついて行けませんでしたが、春のヒルクライムレースで162bpmまでしか上がらなかった心拍数も170まで上げることができ良いトレーニングになりました。

7月以降はランのスケジュールが詰まっていて暫く参加できないのが残念ですが、またスケジュールが合えば参加したいと思います。

  • 今月 183.4 km
  • 今年 1488.7 km

2011年6月20日月曜日

富士登山競走開催確定

年間グランドスラム、秋のマラソンに向けていろいろ確定してきました。

富士登山競走 』の開催(ほぼ?)確定が6月10日にHP上で発表されました。
http://www.fujimountainrace.jp/forms/info/info.aspx?info_id=22122
発表によれば、
・馬返し地点において迂回ルートを使用する
・前日受付を13:00から19:00までとする(昨年は21:00まで)

前日受付するには休みを取らないとだめそうですね。

接骨院で読んだ2009年8月号のランナーズに、フルPB 2:55'00の方が、毎年、キタタン→富士登山競走のスケジュールにしているという記事がありました。

この方は、キタタンPB(5:46'29)の年に富士登山競走もPB(3:39'04)だったそうです。走力的にはほぼ同じくらいなので、目安にしてみようと思います。キタタンで5:30'くらいで走れると昨年なら年代別の入賞ラインですが、どのくらいで走れるか楽しみです。

北緯40°秋田内陸リゾートカップ100kmチャレンジマラソン 』にエントリーしました。
http://www.kumagera.ne.jp/a100km/
富士登山競走が時間内完走できていれば、年間グランドスラムをかけたレースになります。

角館から秋田内陸縦貫鉄道沿いに妻の実家のある北秋田市まで北上するワンウェイコース。40km地点まで登り(標高差500m)そこから90km地点まで下り、終盤に小さなアップダウンがあります。

昨年参加した野辺山100kmウルトラマラソンの18kmで最高地点1908m(標高差550m)を越え、79kmで馬越峠(標高差700m)を越えるコースに比べれば易しいはず。苦手の下りをしっかり練習して臨みたいと思います。

昨年参加した『 松本市山田杯梓川ハーフマラソン 』のパンフレットが送られてきました。
http://www.lap.co.jp/yamada/index.html
今年も家族旅行を兼ねて参加しようかと思います。昨年はゲストがいませんでしたが、今年は市橋有里さんがゲストランナーのようです。走り込み直後でタイムは期待できないと思いますが、シーズンインの足慣らしにしたいと思います。

昨年参加した『 つくばマラソン 』のパンフレットも送られてきました。
http://www.tsukuba-marathon.com/
今年は陸連登録でのエントリーに条件が付きました。
陸連登録エリアからスタートできるのは、持ちタイムがマラソン:3時間30分、30km:2時間25分、ハーフ:1時間40分(2009年6月19日から2011年6月18日までに開催された日本陸連公認コースを使用した大会)のランナーだけになりました。

前方からスタートしたいという理由で陸連登録する人が増えてきているようですが、国際マラソンの参加標準(グロスタイム)を目指して鍛錬してきたランナーにとっては、グロスタイムへの影響が無視できない状況になってきており、この制度はありがたく思います。安全面でも、スピードの異なるランナーが混在することは危険なので良い制度ではないかと思います。

エントリー開始は、2011年6月27日午前10時から。募集定員はマラソン10,500人。即日で定員に達してしまう可能性が高そうです。確実にエントリーしたいと思います。

2011年6月15日水曜日

第8回Mt.富士ヒルクライム

■6/11(土)大会前日
前日受付

■6/12(日)大会当日 曇り
3:00...起床。起床時心拍数47と高め。疲れが残っているのか。昨年は39。火曜日から鼻詰まりが続いていて金曜日夜には微熱が出たことも心配材料。

外は霧に覆われているが雨は降っていない模様。数日前までは絶望的(雨、風速15m/s)な天気予報でしたが、週末にかけて急速に回復してくれました。モチベーションも回復!

朝食は、おにぎり2個、エネルギーゼリー1個、オレンジジュース。

5:10...ホテルを出発。アップ替わりに軽いギアをクルクル回して会場へ。

5:30...会場の富士北麓公園に到着。だいぶ体が温まった。ヴァームゼリーを補給。五合目用の荷物を預けてから第3グループのエリアに自転車を並べました。

撮影ポイントになっている陸上競技場へ向かう階段からの眺め!
エントリー約5500人。男性:5143人(94.0%)、女性:331人(6.0%)という偏り(^^;
年代別では、40~44歳が最も多くて1131人、35~39歳:1071人、45~49歳:862人...

今年の計測チップは、初めての足首に巻くタイプ。多少気になったけど慣れました。

ここからスタート時間までが長い。半袖だと少し寒気もするので会場内をウロウロして体を冷やさないようにしました。アンダーにはファイントラックを着ていて正解でした。スタート1時間前にウィグライプロを1袋補給。

6:20~6:50...階段を上がった所の陸上競技場横の仮設トイレの行列に並びました。毎度の行列ですが、階段を上がって右のトイレ行列より、さらに右奥のトイレが空いていたようです。

7:00...第1グループ(アスリートクラス)スタート。第2グループは女子。一般男子は7:10から5分毎に申告タイム順のグループ(第3~第8)でスタート。

7:10...富士北麓公園をスタート。

富士北麓公園から1.3km、胎内交差点を左折してすぐの所が記録計測開始地点(標高1051m)。GO!

序盤はシッティングで走り、ゆるやかな斜度になったらすかさず下ハンドルを握ってペースを上げました。緩斜面でいかにタイムを稼ぐかが大切。昨年の第7グループと違い同じペースや速い人が多く、二合目(9.0km)まではカオスな状態でした。

路面は二合目までウェットな箇所もありましたが、上の方はドライに変わり、曇り空、微風の絶好のコンディションになりました。富士山も見え始めてきてテンションアップ!

鼻が詰まるので時々ティッシュで鼻をかみました。口呼吸になるので、のどがカラカラになってしまうため、時々水分補給。ボトルにはCCDを500ml入れましたが、それでもゴール後に半分以上残っていました。多過ぎました。

三合目(12.8km)辺りで早くも脚に力が入らなくなり始め、ダンシングを長く入れる乗り方に変えました。シッティングを続ける筋力がなく、ダンシングで走る方が楽に感じました。

目標の75分には 19.2km/h で走らなければならないのに、メーターに表示されるave.は 17.3km/h と厳しい状況。気持ちが切れないように集中するものの、段々と脚に力が入らなくなっていく...。

ここで大沢駐車場(17.2km)の太鼓の音が聞こえてきました。昨年同様、今年も素晴らしいリズムでもう一度頑張ることができました!

大沢駐車場の先の四合目(17.5km)、さらにスプリント区間(19km~20km)と厳しい区間を抜け、奥庭駐車場(21.5km)の坂を越えて高速平坦区間に突入。ギアをアウターに入れ、下ハンドルを握って38.7kmまでペースアップ。

トンネルを抜けて最後の坂。サイクルメーターのタイムが1:19'00に変わる。
せめて80分を切りたい。。。
が、キツイ...orz。インナーに落としてダンシング(笑)

五合目ゴール(24km、標高2305m)!

ベストは尽くせました。最大心拍数は車坂峠HCの時と同じ162bpm。

曇り空でしたが富士山の姿も拝むことができました!

今年も預けた荷物探しに時間がかかりました(同じ袋なので探すのが大変)。ナンバーを色ペンで囲ったりリボンを付けたりと工夫している袋がありました。来年は参考にしてみよう。

ウィグライプロ、リカバリーゼリーなどを補給。ウィンドブレークジャージ、ロングタイツ、シューズカバー、冬用グローブを装着して下山準備。暑かったので「こけももバニラ」が美味しかった(^^)

10:00...下山開始。落車しないよう慎重に。

10:30...富士北麓公園到着。ダウンヒルで冷えた体に恒例の吉田うどんで温まりました。

正式結果は、1:20'10 でした。平均速度は 18.0km/h 。昨年より 9分48秒 の短縮。

0:12'38  剣丸尾駐車場
0:19'43  一合目
0:31'44  二合目
0:36'33  樹海台駐車場
0:44'26  三合目
1:00'01  大沢駐車場
1:01'45  四合目
1:14'01  奥庭駐車場

■走行データ


■来年に向けての課題
○トレーニング
今年は7週間前からトレーニングを始め、ローラー14回、実走4回を行いました。
今後もクロストレーニングとして継続して、週1~2回のローラー練習と月1回はチーム練習会に参加したいと思います。

○コンディショニング
正直シルバーは調整しなくても大丈夫かと思っていましたが甘かったです。一週間前から鼻風邪もひいてしまいコンディションが悪い上に、金曜日夜はランニングのトレーニングを優先しましたが疲れが抜け切れませんでした。来年はしっかり調整して臨みたいと思います。

○機材
できることならホイールは交換できるといいなあ(^^;

関係者の皆様、朝早くから長時間、本当にありがとうございました。
また来年も参加したいと思います。


その後、ホテルに戻り、ふじやま温泉で汗を流し露天風呂で一息。午後は富士急ハイランドで家族と合流し、半日満喫しました。
ただ、ウォーターパドラー(足漕ぎボート)が踏めないほど脚にきていました。これも来年への課題です(^^;

2011年6月13日月曜日

第8回Mt.富士ヒルクライム前日受付

自転車のヒルクライムレース『 第8回 Mt.富士ヒルクライム 』に参加してきました。

昨年の大会に続いて2回目の参加。昨年の大会では、1:29'58でギリギリのブロンズ(90分以内ゴール)でしたが、今年はシルバー(75分以内ゴール)に挑戦しました。

昨年は20年物のクロモリZunow号でしたが、今年は新車Cannondale SuperSix5号で参戦しました。
・昨年:10.0kg、52/39T x 23/21/19/17/15/14/13T
・今年: 8.5kg、50/34T x 25/23/21/19/17/15/14/13/12/11T

■6/11(土)大会前日 小雨→曇
11:00に調布の自宅を出発。多少渋滞したものの、13:00前にはメイン会場の富士北麓公園に到着。昨年は到着時間が遅くて会場周辺で渋滞しましたが、今年は会場横の駐車場に停めることができました。

受付を済ませ、出店で昼食。初めて「富士宮やきそば(B-1グランプリ)」を食べましたが、太麺でコシがあり、濃い目のソースとの相性も良くて美味しかったです。

今年もブースが賑やか(^^)

Garminの外部バッテリー。Edge500との組み合わせだと18時間+36時間。それほど重くなく、ブルベをされる方は重宝しそう。

funrideブースで買った大会限定オリジナルTシャツ。デザイン:シャ乱Qまことさん。

その後、7月1日に「富士山駅」と駅名が変更になる「富士吉田駅」へ。

窓口限定1000枚の記念硬券入場券を販売していました。駅名看板キーホルダーは完売で6/25に第2弾発売予定とのこと。

16:00...宿に到着。今年は富士急ハイランド隣の「ハイランドリゾート ホテル&スパ」。大会会場にも近く、いつも立ち寄る「ふじやま温泉」にも翌日午前まで入り放題。富士急ハイランドの入場券付。

温泉でサウナと水風呂の温冷浴を2回、18:00から夕食、19:50から20分ほど脚腰中心にマッサージを受けました。右の腰が相当張っていると指摘されてしまいました。ん~、前日の2時間半LSDの疲れが残っているか...。

参加賞は今年もタオル。CCD。カタログ一式。

21:00...就寝。

つづく...

2011年6月7日火曜日

走り込み準備期

先週は水曜日くらいまで右ふくらはぎに強い張りがありましたが、だいぶ違和感が少なくなってきました。ポイント練習は、土曜日のロングjogと日曜日のLSD。走り込み前の準備期として距離を伸ばし始めました。

30日(月) 休養
31日(火) 朝 10.75km jog
01日(水) 朝 10.75km jog
02日(木) 朝 5km jog / 夜 固定ローラー(45')
03日(金) 朝 10.75km jog
04日(土) 朝 ロングjog、14.88km、WSx2本、1:28'57(5'58/km)
05日(日) 朝 150分LSD、19km、2:30'53(7'56/km)/ 夕 自転車、1:55'31、32km + 往復13km

昨年は6月から走り込みを開始して毎週末に30kmペース走+180分LSDの走り込みを行ったところ、9月に入って疲労から全く走れなくなってしまいました。今年はペースを抑えたり、スピード練習でリフレッシュしたり、ポイント練習を抜く週を作って、疲労を蓄積しないように気をつけたいと思います。

土曜日の夜は、普段お世話になっている「こあしす接骨院」の山民会(トレイルランナーの会)に参加。走り込み期にはトレイルで脚を作りたいと思います。交流を深められたらいいなあ。

日曜日の朝は、twitterなどで交流している、まらそんもんくさん、登走心さんにお誘いいただきLSDを行いました。京王若葉台駅に7時半に集合し、若葉台~矢野口~調布~野川~野川公園。登走心さんは時間切れでここまで。さらに、武蔵野公園~浅間山公園(迂回)~甲州街道~府中のコースを楽しく走りました。富士登山競走の試走や装備の話など大変参考になりました。ありがとうございました。

夕方からは、今週末の自転車レース Mt.富士ヒルクライム に向けて、よみうりV通り(ジャイアンツ坂)でライディングフォームなどを確認してきました。

今月から通勤時間が2時間になり、起床時間を1時間早め(4:00)ました。10月中旬まで忙しくなりそうですが、早く生活のリズムに慣れたいと思います。

  • 5月 162.1 km
  • 今月  60.4 km
  • 今年 1365.7 km

2011年6月6日月曜日

よみうりV通り

昨日は自転車で『 よみうりV通り 』、通称ジャイアンツ坂に初めて行ってきました。

2009年のプロ野球読売巨人軍創立75周年の記念事業で、「新室内練習場」、京王よみうりランド駅とジャイアンツ球場を結ぶ「よみうりV通り」が作られたそうです。

京王よみうりランド駅前をスタート。

歩道には監督や選手の手形が埋め込まれていました。

8~10%の勾配を真っ直ぐ登り右にカーブすると室内練習場が見えてきます。

室内練習場入口。昨日も練習していたようで沢山のファンが選手の出待ちをしていました。

室内練習場入口を左カーブすると平坦になりゴール。

折り返して下り、駅前ロータリーでUターンして登り返し。シッティングで淡々と繰り返し合計20本登りました。総上昇量は1123m。来週のMt.富士ヒルクライムの標高差が1,255m(計測部分)なので、ほぼ一本分登りました。

車が少なく、舗装も綺麗で走りやすかったです。もう一人練習している人がいてモチベーションを保てました。そういえば、ランニングで登っている人もいたなあ。

下りは稲城の町並を一望。風が吹いて爽快でした。

上から見るとかなりの斜度に感じます。安全運転で。

峠まで行く時間がない時には、いいトレーニングが出来そうです。また行ってみたいと思います。

2011年6月5日日曜日

山民会

今日は午前中から妻と母が帝国劇場へレ・ミゼラブルを観にいっていたので、午後から娘と追いかけて皇居へ。

思わず走りたくなる良い天気でした。娘も皇居ランデビュー(^^)

芝生では昼寝をしている人も多く本当に気持ち良さそうでした。

妻と母と合流して日比谷公園へ。SINCE 1903。漱石、光太郎、孫文も訪れた松本楼のテラス席でハイカラビーフカレーを食べてコーヒーを飲んできました。

夜は竹橋で、日頃お世話になっている接骨院の「山民会」発足飲み会に参加してきました。

トレイルは走らないw元日本代表Iさん、首都圏トレイルランニングコースガイドのOさん、信越五岳のベスト10ランナー数名はじめ、トレイル好きの濃いランナーが40名くらい集まりました。

昨年の北丹沢は地獄でしたが、昨年の北丹沢に参加されたり今年も参加される方が多く、北丹沢を走って初めて良かったと思いました(笑)

今後も交流ができそうで楽しみです。またよろしくお願いします(^^)