2012年2月29日水曜日

オフシーズン

オフシーズンは『 』と『 』を休める時期。

走り初めて2年4ヶ月。2月12日の延岡西日本マラソン以降、初めてしっかりとオフシーズンを取ることにしました。故障の治療とやる気の充電。

』の面では、レースで痛めた右腸脛靭帯を治すため、思い切って二週間走ることを休みました。

右腸脛靭帯は11月のつくばマラソンで痛めて以来、騙し騙しの状態が続きました。来シーズンに向けてここでしっかり治しておきたいと思います。ランナーズ4月号に元日本代表の江田さんが推奨するアウフバウ・トレーニングという筋トレが1ページ紹介されていました。股関節と臀部の4種類が紹介されています。腸脛靭帯に効きそうなので続けてみたいと思っています。

また、オフシーズンはいろいろなトレーニングで体をリフレッシュさせたいと思っています。

先週は水泳や自転車(ローラー台)で心肺にも刺激を入れました。特に水泳心肺機能の維持体幹強化には効果があると思います。延岡西日本マラソンの前は故障の影響でスピード練習が全くできませんでしたが、水泳のおかげで心肺がキツくなる場面はありませんでした。

3月に入ったらクロスカントリーやトレイルランなどでいろいろな筋肉に刺激を入れてバランスの改善にも取り組んでいきたいと思います。

』の面では、起床時の体重、体脂肪、心拍数、体温の計測を二週間やめ、食べたい物を食べました。

これは精神的な緊張が解れ、予想以上に効果がありました。

お店で商品を裏返し、カロリーと脂肪量を確認して、そっと元の棚に戻す...ということがどれだけストレスだったのかと(笑)

この二週間は普段敬遠してしまうラーメン三昧♪



普段は躊躇してしまうスイーツやビールも遠慮無く♪

本当は食べたい物を食べてトレーニングで減量することが理想なんでしょうけど、月間走行距離300km程度だと夕飯をしっかり食べてしまうと体脂肪1桁をキープするのは難しいです。加齢の影響もあるのかもしれません。かと言って走行距離伸ばすと故障するし...。経験が長くなれば自然と走行距離が伸びてくるのかなあ。当面はクロストレーニングで故障を予防しながら消費を増やしていきたいと思います。

ちなみに、二週間で約1kg、体脂肪9%後半まで増量しました(^^; 春のトラックシーズンに向け、焦らず1ヶ月かけて落としていきたいと思います。

さすがに二週間も走らないと、走りたくて仕方がない状態になりますね。リフレッシュできた証拠かな(笑)

2012年2月26日日曜日

東京マラソン2012観戦

今日は『 東京マラソン2012 』を応援にいってきました。ちなみに3年連続落選中です。

昨年は給水ボランティア(アミノ担当)で参加して良い経験となりました。ただとても忙しくて応援する余裕がありませんでした。今年はランナー仲間が多数当選したので沿道から声をかけたいと思い応援に専念することにしました。

スタート40分前、東京都庁第二庁舎前に到着。スタート地点の最後尾。先頭は遥か前方。

先頭ブロックまで行こうと思いましたが、歩道は選手以外通行禁止。地下も選手以外通行禁止となっていました。

地上を迂回して東京都議会議事堂前へ。建物の向こう側にスタート地点が見えましたが近づけない。

さらに新宿住友ビル前へ。ここが一番スタート地点に近そうでしたが先客がいて見えない。

結局少し新宿駅方面に戻り、新宿センタービルの前で応援しました。

車椅子マラソンの選手が駆け抜けた5分後、9:10スタートの約3万6000人の幸運なランナーたちが笑顔で駆け抜けていきました。

あまりの多さにラン仲間は がしさん しか見つけられず。最終ランナーまで応援しましたが全員が通過するのに35分。早くも声が枯れてきたw

予想以上に時間がかかったので急いで新宿駅(9:52)へ。新宿から中央線で東京駅(10:08)、山手線で有楽町(10:11)まで移動し、駆け足で銀座中央通りへ。

銀座一丁目の交差点(約21.8km)に出て程なく先頭集団が通過(10:18)。意外と空いていて観戦しやすかったです。前世界記録保持者、皇帝ハイレ・ゲブレシラシエ選手もよく見えました。

続いて第2集団。川内選手はかなりキツそうな表情でした。

女子は大久保選手が先頭で外国人選手を引き離していました。腰高で脚の筋がしっかりついた美しいフォーム。

はるさん、おざきさん、じーさん、がしさんを発見して応援。3時間ペースの大集団が通過するところまで応援して次の観戦ポイントへ移動。

銀座一丁目交差点の地下は有楽町線の銀座一丁目駅。すぐに電車が来て2駅で月島駅に到着(10:54)。佃大橋に行こうと思っていましたが、地上に出ると朝潮大橋が近そうだったのでそちらの流れへ。

橋に上がったところ(37km手前)で先頭が来ました。皇帝独走!しかし、このあと失速して4位...。

日本人の先頭は藤原新選手が5位で通過!このあと素晴らしい追い上げで2位!

ここは直線道路で選手を見つけやすかったです。前田選手、松宮選手...、川内選手はかなり遅れて通過。

女子のトップ大久保選手は力強くて大きな動きで駆け抜けていきました。が、このあと逆転され4位...。

ラン仲間では、はるさん、じーさん、がしさん、砂肝さん、りょうさん、つかさん、あつしさん、うめまつさん、暴走マンさん、あうとさいどさん、しおりんさん、オカさん、のんびりさん、かすみさんを発見。皆さん素晴らしい力走でした。見つけられなかったり声届かなかった皆さんごめんなさい。

マラソン完走クラブの中田さん、元日本代表浅井えり子さん、東国原元知事、日経新聞吉田さん、芸能人の宇野さん、オードリー春日さんなども見つけることができました。

ゴール4~5時間ペースあたりはランナーの波が途切れずハイタッチなど盛り上がりました。

仮装ランナーも多くて沿道の応援と一体となって楽しませてもらいました^^

左:ドキンちゃん、右:ガッチャマン、スパイダーマン、デビルマンのトリオ

左:東京タワーとスカイツリーのコラボ、右:スカイツリー軍団。やっぱり今年は5月にオープンするスカイツリーが多かったですね。

左:ナスのコンビ、右:プーさん姉弟。「親父」「息子」というTシャツの親子も目立っていましたw

左:ASIMO、右:カネゴン。この格好でよくマラソン走れるな~。すごい!

この他にもたくさんの笑顔が広がりました。

参加されたランナーの皆さん、ボランティアの皆さん、運営の皆さん、応援の皆さん、お疲れさまでした。

いつか走る側でも参加してみたいなと改めて思いました。マラソンって素晴らしい!

2012年2月25日土曜日

延岡西日本マラソンの記録証と写真

2月12日(日)に参加した『 第50回延岡西日本マラソン 』の記録証が延岡西日本マラソン大会事務局から届きました。

記録証とレース総括。出走は353名だったようです。

大会の裏方として運営をサポートしているNATS(のべおかアスリートタウンサポーターズ)の方が撮影してくださった写真も同封されていました。とても嬉しいです。ありがとうございました。

「九州三大マラソンにおける新人の登竜門として、また、アスリートタウン延岡を象徴する大会として日本中から注目される大会へと発展するよう努めて参る所存でございます」とのこと。歴史のある素晴らしい大会なので益々注目される大会に発展して欲しいです。

来年、第51回大会は平成25年2月10日(日)開催。案内は平成24年10月頃だそうです。

2012年2月24日金曜日

延岡西日本マラソン レース後

第50回延岡西日本マラソン 』のレース終了後。

レース後は宮崎市内に移動して宮崎駅前のリッチモンドホテルに宿泊しました。

汗を流してさっぱりした後、夜の宮崎市内へ散歩。

気温が高くて気持ちが良かったです。19時台でしたが人は少なめ。

るるぶに掲載されていた、こちらのお店に入ってみました。

久しぶりのビールが体に染みた~^^

宮崎名物を堪能♪


旅ランはレース後の食事も楽しいですね。ほろ酔い気分で就寝。

日本一快晴日数の多い宮崎県ですが翌朝は雨でした。右腸脛靭帯炎が悪化して走れる状態でなかったので45分ほど市内を流れる大淀川までウォーキング。写真の時間は6時40分くらいですが東京に比べると夜明けが遅くてまだ真っ暗。電車から見え、以前から気になっていた宮崎科学技術館のH-1ロケット(実物大模型)も間近で見上げてきました。

朝食は品数豊富なホテルのバイキング。体重を気にせずお腹いっぱい食べられる幸せ。

お昼の飛行機まで少し時間があったので青島(あおしま)を見に行くことにしました。

9:09の日南線下り2両編成に乗り込み、9:39に青島駅に到着。一時間に一本程度の本数で運賃は360円。途中、プロ野球ジャイアンツがキャップをしている運動公園駅でファン20人くらいが下車していきました。


駅前通りを抜け歩道橋を渡ると参道商店街。雨の月曜日で人はまばら。

参道商店街を抜けると右手に亜熱帯植物園がありましたが時間が無いのでスルー。

さらに進むと青島が見えてきました。青島駅から8分ほど。

青島は周囲約1km、高さ約6mの島。ビロウなどの熱帯・亜熱帯植物は国の特別天然記念物に指定されています。青島海岸から「弥生橋」で渡れます。

「海幸彦 山幸彦」の神話の舞台でもあります。

周囲は侵食により独特な形状へ変化した岩で囲まれており「鬼の洗濯板」と呼ばれています。干潮の際には沖合い100mにも及ぶ見事な景観となるそうです。この時間はやや潮が満ちていましたが独特の岩は見ることができました。

青島神社。

本殿に向かって右手の壁にはジャイアンツの選手たちが書いた絵馬が奉納されていました。

帰りの電車はちょうど良いのがなく路線バス(こちらも一時間に一本程度)。もう少しゆっくり見たいところでしたが、10:17の路線バスの時間が迫っていたので急いで引き返し。30分ほどの青島滞在。また何時かゆっくり訪れたいと思います。

20分ほどで宮崎空港に到着。帰宅の途につきました。

ANA 608 宮崎(11:55) - 東京(羽田)(13:25)


今回の遠征費用は、
航空券(スーパー旅割往復): 25,140円
電車代(宮崎・延岡往復): 4,900円
宿泊代(延岡2泊): 10,100円
宿泊代(宮崎1泊): 5,100円
その他、飲食代、お土産など