2012年4月29日日曜日

初めての伴走

昨日はラン仲間の まらそんもんくさん にお誘いいただき、初めて視覚障がい者ランナーの伴走を体験してきました。

伴走伴歩クラブ (略称:バンバンクラブ)の練習会で、代々木公園、舎人公園、光が丘公園、新横浜公園、立川昭和記念公園で土曜日に開催されているそうです。昨日は新横浜のNISSANスタジアムがある新横浜公園の練習会に参加しました。

8:50に新横浜駅北口に集合し、無料バスでNISSANスタジアムに隣接する横浜ラポール(障害のある方のためのスポーツ・文化施設)へ。更衣室(ロッカー100円。返却される)で着替えて、中央広場へ移動。

初めに簡単な腕振りの講習を受けてから各ペアで1周1.75kmのコースを11:00くらいまでフリーランとなりました。参加者は20人くらい。

1周目はもんくさんとペアの方について伴走の仕方を教えていただき、2周目から早速伴走させていただきました。

■基本
技術的な基本ポイントは「進行方向に真っ直ぐ腕を振る」、「二人三脚」、「安全確保」ということでした。

腕振りは内側に振られると引っ張られて、曲がるのか真っ直ぐ進むのか分からなくなるとのことでした。あと、前に出て引っ張るのもダメ。伴走ロープをお互いの甲や腕がぶつかるくらいに短く握った方が振りやすかったです。私は元々真っ直ぐな腕振りなので問題なくできました。

リズムを合わせるのは腕振りではなく二人三脚の要領でピッチを合わせるとのことでした。合わなくなったらスキップして合わせました。やってみるとこれも意外とできるものです。

何人かに伺っただけでも、犬のリード線が見えなくてつまずいて肋骨骨折したり、車止めに大腿部を強打して腫れ上がり長期間走れなくなったりと、何かしら大きな怪我をされていました。狭い所では止まってでも安全を優先して欲しいとのことでした。

■コース誘導
難しかったのがコース状況を伝えるタイミング。○cmの上り/下り段差、上り/下り坂の始まり/終わり、右/左への曲がり角、グレーチングやマンホールの存在、自転車や逆走してくるランナーの存在を伝えるのですが、伝えるタイミングが難しかったです。

特に段差や上り/下りの始まり/終わりはつまずいて転倒の危険が多いので注意が必要とのことでした。

前走者を避ける時に「1m右に寄ります」と伝えるのも、最初は声で伝えながらも無意識に腕で押してしまいましたが、腕振りは真っ直ぐで、声で伝えることが大切とのことでした。

新横浜公園は道幅が広くて綺麗な路面だったので助かりましたが、代々木公園など人が多い場所では慣れが必要でしょうね。

左側に付いてコースを左回りに4周走り、次に右側に付いて右回りに1周走りました。左右の腕振りに癖があると見抜かれるそうです。サッカー経験者で左サイドをやっていた人は右肘を張る人が多いとか(笑)。一周ごとに周回したことと給水するかを確認しました。

私の誘導は下手で申し訳なかったのですが、ペアの方がベテランの方で、いろいろなお話を伺いながら6'00/kmくらいのペースで約9kmほど楽しく走ることができました^^

■上級編
その後、別の方ともペアを組んで1周。

一般的に伴走者は障がい者ランナーの左側を走ることが多いようですが、給水が右側にあった時などに、瞬時に右側へ移る(伴走ロープを離す/離さない)方法や、スタート直後の転倒回避で、がっちり腕を組んで走る走り方なども教えていただきました。

身長が同じだったこともありピッチも合わせやすく、リズムが合うとどこまでも走って行けそうな気持ち良さがありました^^

■目隠しラン
最後に、もんくさんに伴走していただき、目隠しランを体験。これが想像以上に怖かったです。

まず平衡感覚が失われ、自分が真っ直ぐ走っているのかすら全く分からない。カーブや多少の上り下りは分かりませんでした。

音にも敏感になり、伝えられていてもすり抜けられるとドキっとしました。

つまずいて転倒する不安でスピードも出せず。

何を伝えたらいいのかが少しだけ分かった気がしました。

あとで障がい者ランナーの方に感想を伝えると「信頼して走っているんですよ」と言われました。

目の変わりではなく、目にならなければならないんだと改めて思いました。

■アフター
ランの後は新横浜駅近くの中華レストランで会食。

障がいがあっても、フル3時間前半で走る方も何人かいたり、フル150回以上完走、海外マラソン参加、トライアスロン挑戦などアクティブな方が多く驚かされました。伴走の方々もトレランで入賞されるレベルの方やトライアスロン挑戦など明るく元気な皆さんで楽しかったです。

今回は移動、食事などの誘導もさせていただき、いろいろ勉強になりました。上り/下り階段の始まり/終わり、階段の踊場/180度回転、階段で手すりを使う/使わない、エスカレーター、エレベーター、電車の乗降、歩道、交差点などなど。

白杖に気がつかれないことも多く、歩道に広がり誘導用ブロックを塞いだり、携帯電話を触りながら突っ込んで来る人には困りました。混雑した電車の乗り降りも列車とホームの隙間と段差が怖かったです。自分でも今まで以上に気をつけ、見かけたらお手伝いが必要か聞いてみようと思います。

昼食のあとは、放送ライブラリーで2007年四万十川ウルトラマラソン、1995年秋田内陸ウルトラマラソンのビデオを2人ペアで視聴しました。一緒に視聴した障がい者の方は過去に同じウルトラマラソンに参加したことがある方で、音声だけでは伝わらない部分を私が少し補足して伝えながら楽しみました。

帰りは途中までまた別の障がい者の方とご一緒させていただきましたが、「晴眼者はエスカレーターの方に流れるでしょ」と言って、死角になっている階段でホームに移動し、空いている車輌に乗ることができました。見えていると何も考えずに流れに乗ってしまうことがあるなあとこれまた感心しました。

本当に貴重な経験ができ楽しい一日となりました。また是非参加したいと思います。

2012年4月26日木曜日

第17回ツール・ド・草津

今年も『 第17回 ツール・ド・草津 』に家族旅行を兼ねて参加してきました。第15回大会第16回大会に続いて3年連続。年中行事になりつつあります。

春を告げるヒルクライムレース♪...のはずだったのですが、今年は全国的に荒天の空模様。当日のゴール地点、草津白根山頂は終日氷点下で午後からの予報となり、殺生河原をゴールとした短縮コースで開催されました。

■4/21(土)大会前日
10:40 ... 調布出発。出遅れ。。。
12:10 ... 三芳PAで小休憩。環八渋滞でここまで90分かかる。
渋川伊香保ICで降りて県道35へ。昨年より一週間遅い時期でしたが道沿いの桜が満開で綺麗でした。

14:00 ... 途中R353沿いにある「Pic」で昼食。
ここのパスタはとても美味しくてお勧めです。「ナスとトマトのシチリア風」をいただきました。ちなみに11時開店です。

15:00 ... 草津到着。R135の整備でアクセスが良くなり、昨年、一昨年とそれほど変わらぬ時間に着けました。家族はホテルのプールに入るということで、先にホテルで降ろしてから受付会場の天狗山レストハウスへ。

試走できる時間もなかったので、受付を済ませた後は販売ブースをゆっくり見て回りました。今年の参加賞はオレンジ色のサコッシュでした。

大会ホームページで、当日朝7時に大会の決行判断(縮小)が行われるとの発表がありました。

23:00 ... 温泉、夕食バイキング、フットマッサージ、就寝。

■4/17(日)大会当日
5:00 ... ランと同じくスタート5時間前に起床。起床時心拍数39と調子は良さそう。微かに霧雨の中、熱い露天温泉に短時間入って体を目覚めさせました。

7:00 ... ランと同じくスタート3時間前に朝食。大会ホームページに「すべてのクラスが殺生河原ゴールとなります。」との発表がありました。競技委員が山頂まで視察に行き判断されたようです。悪天候によるコース短縮は第5回大会以来。安全のためには仕方がありませんね。

短距離レースとなったので、ボトルゲージもすべて取り外しました。

8:00 ... から固定ローラーでW-upの予定でしたが、もたもたしていたら8:45~9:00までの15分しか時間がなくなってしまいました。軽いギアを100rpmでクルクル回してそこそこ体は暖まりました。

W-upはホテルの駐車場で行いましたが、隣の車の持ち主が昨年コースレコードを叩き出した招待選手でもあるVAXレーシングの長沼選手と黒岩選手でした。「頑張ってください!」と声をかけると「ありがとう!」と爽やかに応えてくれました^^

9:20 ... 荷物預け。ホテルからの移動で寒さを感じたので、冬用グローブに交換しシューズカバーも装着しました。ウェアの上はファイントラックのアンダーに長袖ジャージ、下はレッグウォーマーに膝上ビブタイツ、DeFeetのウールソックス、キャップ+ヘルメット。スタート直前までウィンドブレーカーを羽織りました。

第1スタート会場はすでに沢山の自転車で後ろの方に並びました。

今回のエントリーは、白根山コース 3087人、殺生河原コース 113人。総数3200人(男子2933、女子267)。一昨年 2376人、昨年 2794人と年々増えているようです。男子C(41~50歳)が最も多くて 934人でした。

開会セレモニーでは柿沼競技委員長から「下山するまでがヒルクライムです!」との注意があり、下山も気をつけなければと改めて思いました。

また、抽選で100組に草津温泉宿泊券!や、ツール・ド・草津、昨年も参加した赤城山ヒルクライムの両レースにエントリーした方の中から抽選で来年のツール・ド・フランスご招待!との発表があり、寒さの中、とても盛り上がりました^^


10:00 ... チャンピオンクラスから順次スタート!

コースは殺生河原までの5km。スタート(標高1244m)からゴール(標高1545m)まで標高差301m。

距離が短くなったので「右通りまーす」と声を出しながらスタートからペースを上げていきましたが、途中前が詰まることが何度かありました。相手の反応時間を考えてもう少し早めに声をかけないといけませんね。坂道でスピードが落ちるのはもったいない。

残り2km、1kmの標識がありましたが、ゴールが近づくにつれて霧が深くなり、気づいたらゴールまで50m。ゴールしてへたり込んでいる人を多く見ると、もう少し追い込めたんじゃなかったかなと反省。ランの5000mでもそうですが、短い距離は一瞬でも気を抜いたらダメですね。

荷物を受取り、冬用ジャージを重ね着し、イヤーウォーマー、ネックウォーマーを装着して下山待ち。ゴール直後は感じませんでしたが、やはり寒かったです。この日はスタート地点でも日中2℃くらいだったので氷点下だったかもしれません。

11:00 ... 30分ほど待って11時頃から下山開始。雨が降らなかったので助かりましたが、冬用グローブでも指先が痛くなるほどの寒さ。山頂ゴールだったらと考えると恐ろしくなります。コース縮小の判断は正しかったんだなあと実感しました。

11:20 ... 下山後は豚汁で体温回復。具沢山で熱くて美味しかった~。温泉まんじゅうとバナナもいただきました。

帰りは13:00に出発。渋滞もあり、休憩もとりながら19:00過ぎに帰宅。


正式記録は、16'04。男子C出走 717人中 54位。クラストップ(13'10)とは2'54差でした。まだまだ修行が足りませんね。

チャンピオンクラスではレース前に駐車場でお会いした黒岩選手と長沼選手がワン・ツー・フィニッシュ(12'35, 12'38)だったようです。流石に速い!

コース短縮は残念でしたが楽しい週末になりました。来年は山頂まで行けることを楽しみに、またトレーニングに励みたいと思います。関係者の皆様ありがとうございました。


■走行データ

2012年4月20日金曜日

桜の季節も終わり

今週もあっと言う間に金曜日。。。ツール・ド・草津まであと2日。仙台国際ハーフマラソンまで約3週間。東京より一週間ほど遅かった水戸の桜もそろそろ閉幕です。

左近の桜@水戸偕楽園

腸脛靭帯炎の状態は毎週確実に良くなっていると実感できますが、まだ週に一回くらい軽い痛みや張りが出ることがあります。11月末から約5ヶ月...。あと少し、焦らず待つしかありません。

今月のランニングは週4回程度で走行距離はここまで139km。ポイント練習は2回実施しています。

4/07(土) 春季陸上 5000m(17'47)
4/18(水) インターバル 200m x 25本(つなぎ100m)

インターバルは、37"ペースで実施(つなぎは50")。今はこのペースで精一杯。後半は苦しさを忘れて無心になるよう一本一本に集中しました。平日の夜に国立競技場で行われている練習会にも参加してみたいのですが、夏ぐらいまでは水戸出張が続きそうで参加は難しそうです。一人でのトレーニングを頑張るしかありません。

ポイント練習以外のjogは、腸脛靭帯の状態を見ながら後半3kmくらいを4'00/kmくらいまでビルドアップしてポイント練習ができない分を補っています。


ランニング以外では日曜日の自転車チームの練習会に参加しています。今月は2回、3月に参加し始めてから合計5回参加しました。実業団レースに出場する選手を始めハイレベルなメンバーが多く、いい練習になっています。コースもタフで、インターバルとペース走とロング走をごちゃ混ぜにしたような、非常にハードなトレーニングが積めています。

1回あたり集合場所への往復も含めると130km以上、獲得標高1300m。平地は35km/km近くでの走行。練習会から帰ると使い物にならない状態です(^^; 自転車での距離を3分の1としてランニングに置き換えると、月間走行距離で300kmを超える運動量にはなっているかな。

3回目の練習会の時にチームメンバーのTさんからハムや臀筋など裏側の大きな筋肉を使うことをアドバイスされ意識するようにしたところ、当初より本練習の87km区間で20分以上タイムが縮まってきました。まだまだ遅いですがチーム練なのに全くついていけず1人TTになってしまう状態からは抜け出せ始めました(笑)

今週末のツール・ド・草津は、過去2回と比べて最も自転車の練習ができているので楽しみです。体重が前回より3kgほど重いことだけが若干心配ですが、Mt.富士ヒルクライム年代別優勝のチームメンバーFさんも「体重は気にしていない」とのことでしたので、気にせず頑張りたいと思います。

今夜出張先の水戸から東京に帰り、明日は早朝から草津へ移動。日曜日の降水確率は50%。レースが終わるまで小雨くらいだといいのですが。明日は前日特別企画『草津温泉まんじゅうスタンプラリー』なんていうのも開催されるみたい。楽しんできたいと思います。

2012年4月10日火曜日

味の素スタジアム西競技場

これも少し時間が経ってしまいましたが(汗)、4月1日(日)調布市にある「味の素スタジアム」の西側に、『 西競技場 』がオープンしました。オープニングイベントの終わり間際に見学へ行ってきました。

入口でクリアファイルなどを頂いて競技場の中へ。

100mスタート地点

第3種陸上競技場の公認取得予定で400メートル×8レーンのトラックです。
→ 味の素スタジアム 設備概要

観客席からの眺め。

観客席は800席。椅子の背もたれが低いので寄りかかれませんが、見やすい観客席でした。こちらは、調布市長、府中市長、三鷹市長の来賓席だったようです。オープニングには北京五輪銅メダリストの朝原宣治さんも来ていたようです。

観客席上部はスロープで登れるバリアフリーな造り。ウッドデッキに風が抜けて爽やかでした。


水濠はトラックの外側。

トイレは観客席の下と、バックストレート側にありました。後日早朝ランニングで立ち寄ったら、バックストレート側のトイレは利用可能でした。

バックストレートの裏手には、桜が植えてあり、先週末は見頃を迎えていました。

個人利用について関係者の方に伺ったところ「できるだけ開放したいが、ナイター設備もないので、平日の昼間2日間くらいの予定」とのことでしたが、ホームページに詳細が発表になっていました。
→ 『味の素スタジアム西競技場』個人利用のご案内

これによると、個人利用可能日は(祝日を除く)、
毎週月曜日 14:00~17:00
毎週木曜日 10:00~13:00

個人利用料金は、
一般      1回 500円
味スタRC会員  1回 300円
学生      1回 200円

平日の早朝や土日の朝晩など、もう少し利用可能日を増やしていただけると嬉しいのですが...。

いただいたもの。2020年東京五輪招致のクリアファイルと布シール。2013年東京国体のパンフレット。マスコットキャラクターゆりーと(ゆりかもめ)のメモ帳。

東京国体は来年、平成25年9月28日~10月8日に開催されます。10月12日~14日には全国障害者スポーツ大会も開催されます。東京での国体は昭和34年の第14回大会以来54年ぶり3回目。味の素スタジアムがメイン会場になります。西競技場はサブトラックとして利用される予定です。トップアスリートを地元で観戦できるのは今から本当に楽しみです。

2012年春季陸上競技大会

そんなこんなで迎えた、4/7(土)トラックシーズン初戦、『 2012年(第32回)春季陸上競技大会 』に参加してきました。昨年の大会につづいて2回目の参加です。

会場は世田谷区にある「駒沢オリンピック公園陸上競技場(第2種公認)

11:00前に自宅を出て、12:20頃に競技場到着。日差しはありましたが、昨年同様、風の強いコンディションでした。

エントリーした壮年男子(40歳~)5000mは2組のタイムレース。申告タイムの遅い組と速い組に分けられ、各組20名。私は2組目13:25スタートでした。

受付で渡されたゼッケンを胸と背中に安全ピンで止め、早速アップ開始。競技場の外周を約4周、2.4km jog+WSx3本。

最終コールは、12:55~13:05。adizero Pro4に履き替え、100mスタート付近の招集場所でゼッケンをチェックされて、腰ゼッケンを受け取りました。

1組目が終わり、2組目のスタート。昨年は雨でDNSが多かったのですが、今年の2組目は19名がスタートしました。

インコースからのスタートだったので転倒に気をつけながら位置取り。大会新で優勝した方がハイペースで飛び出し、全体に速い展開となる。速いよなあ・・・と思いながら一周目を75"で通過。速いって。。。

全体に落ち着きを取り戻した小集団につくも2000m過ぎで千切れる。一人になるとバックストレートの向かい風がキツイ。

脚は意外と動くものの体重増の影響かバネが全くなくドスドス走っている感じ。残り1000mからは前から落ちてきた人を目標にペースを上げ、残り500mでパス。パスしたものの粘り強くついてくるので、最後まで気が抜けずいい練習になりました。

記録は17'47。昨年より20秒いいタイムでした。
今年: 3'19-6'50(3'31)-10'32(3'42)-14'18(3'46)-17'47(3'29) ave.3'33/km
昨年: 3'27-6'57(3'30)-10'37(3'40)-14'24(3'47)-18'07(3'43) ave.3'37/km

昨年に比べると全く練習もできていないし体重も重い状態だったので意外な結果となりました。

故障で走れませんでしたが、水泳のインターバルや自転車のインターバル練習が効果あったのかな。

昨年のシーズンベストは17'27。今年はそれを上回れるよう、しばらくはショートインターバルを中心にキレを取り戻していきたいと思います。

ちなみに、優勝は16'07、2位は17'12、3位は17'17。2組目19人中8位でした。同世代のタイムは刺激になりますね。自分もまだまだいけるはず。

ダウンは、駒沢公園の周回コースでお花見jog。満開の桜でたいへん賑わっていました。

関係者の皆様ありがとうございました。

秋の全国スポーツ祭典陸上競技大会@国立競技場(11/11)も都合が合えば参加したいと思います。

2012年4月9日月曜日

3月のトレーニングまとめ

東京は桜が満開の季節。今更ですが(苦笑)3月のトレーニング振り返り。

3月から仕事がピークに入り平日はほとんど出張、週末は家の用事やイベントやトレーニングで休む間もなくバタバタでした。5月くらいまでこんな状況が続きそう...。

右腸脛靭帯炎の故障も長引き、トレーニング計画が立てられず、走れる時に走るという感じで、ポイント練習も2回だけ...orz

3/10(土)フォトロゲ伊勢原 24.89km
3/29(木)インターバル 200m x 25本(38"くらい)

ランニングの回数は17日で19回、走行距離 249.2kmでした。

年明けからほぼ毎週続けてきた水泳も出張で平日泳げなくなってしまったため激減(2回、計3.6km)。自転車(ローラー)も平日は乗れなくなってしまったので、週末のチーム練習会(3回、計350.76km)にだけ参加。

走れないので体重も右肩上がりで+5kgという悪循環。マズイです(汗)

3月後半からは走っている最中に痛みが出なくなってきたので、完治までもう少しといったところ。

仙台国際ハーフは厳しくなってきましたが、焦らずに故障の治療と仕事をしっかりやっていきたいと思います。