2012年5月30日水曜日

白石峠サイクリング

先週の土曜日(5/26)の午後、実家(埼玉)から「白石峠」までサイクリングにいってきました。

白石(しろいし)峠は埼玉県比企郡都ときがわ町にある標高761mの峠で、2004年の埼玉国体の自転車ロードレースコースになったことから、埼玉のサイクリストの聖地となっているそうです。

国体では上尾がスタート/ゴールで、西平~白石峠~定峰峠~落合橋~松郷峠の周回路を成人は2周、少年は1周というコースだったようです。

ちなみに、この時の成人男子は、1位 宮澤選手、2位 土井選手、3位 井上選手、4位 店長、5位 新城選手。出走86人で完走22人という厳しいレースだったようです。改めて、凄い人のチームで走らせてもらっているのだなと思いました。

土曜日は、まず脚慣らしに「物見山」を越えて行きました。約2kmで標高差80mくらい。
坂の両側には大東文化大学があります。箱根駅伝では「山の大東」と言われ、大久保初男、奈良修など登りに強い選手が多い印象。子供の頃はよくjogしている選手を見かけました。最近はこの周辺の道路が綺麗に整備されて、サイクリストが沢山走っていました。

鳩山駐在所前~県道171号~玉川工業高校入口を左折して県道172号へ。白石峠の看板が出てきました。

県道172号へ入って直ぐに右折・左折のシケイン。ここだけ間違えなければあとは一本道。ここから国体コース。

八高線を抜け、左手に「関東の駅百選」にも選ばれた特徴的な駅舎の「明覚駅」を見ながら道なりに。

越生方面につながる県道30号との交差点。ここを過ぎるといよいよ山が近づいてきます。いいお天気で沢山のサイクリストとすれ違いました。

徐々に標高を上げながら進みます。途中には馬もいたりとのどかな雰囲気。

この建物を過ぎると間もなくスタート地点。

右折するところがスタート地点。

息を整えて、白石峠アタック!

距離6.3km、標高差約540m、平均斜度約8.5%。序盤は10%近い勾配がつづきます。今回は、50x23Tでほぼダンシングで登りました。筋力がないので体重を使えるダンシングが楽なんですよね。。。

距離表示はゴール地点を0mとして200m毎に看板がありました。つまりゴールまでの距離が表示されているわけです。(写真は下山時に撮影)

道幅が狭い箇所もあり、時々車が下りてくるので注意が必要。

事前の情報では途中から勾配が緩くなるとのことでしたが、なかなか緩くならずキツイ。途中一旦緩くなるが再び激坂。

一気に標高が上がり空気が変わってくるも眺めに目をやる余裕はなし。チラリとパラグライダー場が見えました。

残り2kmから若干勾配が緩みましたがペース上がらず。残り1km、勝負平橋を越えて何とか回してゴール!

記録は、27分47秒 でした。

国体選手は20分で登るらしいです。信じられない速さ、しかも2周とか...。コースも分かったので、またチャレンジしてみたいと思いました。

峠TTのページで記録を入力してみると、今週末のMt.富士ヒルクライムの予想タイムは77分と出ました。さあ、どんな結果になるのやら(笑)

ゴール地点の分岐を真っ直ぐ進むと定峰峠から落合橋への国体コースでしたが、時間も遅かったので右折して堂平山まで行ってみました。

途中、駐車場などを見ながら2kmほど進むと「堂平観測所」の門が見えてきました。開門時間は9:30~17:30(ペットの入場はご遠慮ください)となっていました。

2000年3月に閉鎖された「国立天文台堂平観測所」が都幾川村(現ときがわ町)に移管され、2005年4月に「星と緑の創造センター」としてリニューアルオープン。宿泊、キャンプ、林業、星空観望会などが体験できるようです。

星空観望会は、第二、第四週の金曜日19時~21時に行われているようです。

また、10:30~16:00には定食なども販売されているようでした。

91センチ反射式望遠鏡が設置されているドーム観測所。

もちろん、ここにも自転車歓迎のバイクラックが完備^^

敷地内にある標高875.8mの堂平山山頂には一等三角点がありました。

視界の開けた気持ちの良い山頂。下界に比べて気温が7℃くらい低く、少し肌寒く感じました。アームカバーを持ってきて正解でした。

隣接するパラグライダー場から大霧山方面の眺め。サイクリストの父によれば、右手奥、彩の国ふれあい牧場から稜線を通って寄居に下りるルートも面白いらしい。

少しのんびりし過ぎたので、帰りは県道171号から越辺川(おっぺがわ)沿いの快速ルートで帰りました。本当は、もう一つの聖地「パン工房シロクマ」にも寄ってみたかったのですが、また次回のお楽しみ。

距離66.84km、実走2時間半、獲得標高1011mの楽しいサイクリングでした^^

■走行データ

2012年5月29日火曜日

まえばし赤城山ヒルクライムエントリー

今年も『 第2回 まえばし赤城山ヒルクライム 』にエントリーしました!

昨年の第1回大会参加に続き2年連続での参加になります。昨年参加して、第一回とは思えない運営の素晴らしさ、応援の盛り上がり、そして走り応えのあるコースに魅了され、何とか今年も参加したいなあと思っていました。

昨年は定員2500名で抽選でしたが、今年は定員3000名で3種類の受付に変更してくださいました。

5/26~6/8 インターネット受付 【先着:2600人】
6/9~6/15 郵送受付 【抽選:400人】
5/26~7/6 チャリティー枠受付 【抽選:若干名】

インターネット受付は5/26(土)10:00開始で、26日中には2600人枠が定員に達してしまったようです。私が10:00に接続した段階では約900人待ちで、15分ほどでエントリーが完了しました。

今年は75分が目標。東京からも近いので試走にも何度か行きたいと思っています。今から夏・秋が楽しみです^^

2012年5月23日水曜日

全日本マラソンランキング 2011-2012

全日本マラソンランキング記録集 』(雑誌ランナーズ2011年7月号付録)
※旧フルマラソン1歳刻みランキング記録集 

今年も2011年4月~2012年3月に開催された、日本陸連公認コースを使用する対象大会(国内57+海外)の完走記録データを集計して、男女別1歳刻みでランキングされたものが発表されました。

結果は、

6283人中、99位 でした。

昨年のランキングでは4598人中、86位でしたので少しランクダウンしてしまいました。今年もランニングブームの影響か母数が大きく増えました。仲間が増えるのは嬉しいですね。

福岡国際B資格(2時間42分)以内は、29人。45歳くらいまでは同じくらいの人数ですが、それ以降は徐々に減っていくようです。最高齢は60歳の2時間40分28秒。凄すぎます。

タイム分布では、男子は19万7334人中、サブスリーが3%(5806人)。人数で見ると多く感じます。これが2時間45分以内となると0.9%と急減。3時間を切ってから1分1秒を縮めるのは難しいことなのでしょうね。女性は5万2449人中、サブスリーが0.4%、サブ3時間15分が1.5%。サブ3時間半が3.4%。男性のサブスリーは女性のサブ3.5くらいの感覚でしょうか。

大会別の平均タイムでは、制限時間や出場資格の厳しい大会が上位を占め、びわ湖(2時間30分)、福岡国際(2時間42分)、高知、別大、延岡西日本、防府、大田原の順でした。来年は高知が市民マラソン化するのでランキングも変わりそうです。女子は、横浜国際、大阪国際、別大、防府、大田原の順でした。来シーズンは予定通り、防府、別大or延岡でいきたいと思います。

故障で不本意なシーズンでしたが、来シーズンに向けて励みになりました。また一年、全国のランナーと切磋琢磨し記録向上を目指して頑張りたいと思います。

2012年5月22日火曜日

仙台国際ハーフマラソン(レース後観光)

UTMFのサポートやら何やらで、もう一週間以上経ってしまいましたがつづき(^^;

レースの模様はこちら

13時前にJR宮城野原駅へ。が、大変な混雑でした。幸いホームに降りられましたが、後続は階段で入場規制が行われていました。電車もなかなか来なくてラッシュ。あおば通り駅に到着するのに30分かかりました。仙台駅まで歩いても2km程なので、大きい荷物を仙台駅のロッカーに預けてから競技場へ向かえば良かったかもしれません。

あおば通り駅で降りて、牛たんの有名店『 利久 』へ。13時半頃で少し行列ができていましたが、すぐに入れました。

カラカラの身体にビールが沁みました^^ 牛たん定食1人前にとろろをトッピング。牛たんは厚切りでやわらかくて量もあり、とても美味しかったです。

食べ終わると14時を過ぎていたので近場を観光することに。独眼竜正宗が眠る『 瑞鳳殿(ずいほうでん) 』に行ってみました。

市内観光バス『 るーぷる 』(1日600円、1回250円、土日祝日および8月は9時~16時くらいまで20分間隔で運行)を使えば良かったのですが、なかなか来ないので路線バスで近くまで行き、重い荷物を持って歩きました。15時に「瑞鳳殿前」に到着すると、丁度「るーぷる」に追いつかれました...orz

住所は青葉区霊屋(おたまや)下。伊達正宗の霊屋(墓所)の下という地名です。直登の激坂が目に飛び込んできます(泣)

激坂下に無料のコインロッカーがあり助かりました。

荷物を預けて手ぶらで激坂へ。左手に瑞鳳寺を見て参道を登って行きます。


左右にそびえる杉並木は樹齢375年。静寂で神秘的な雰囲気。。。でしたがハーフマラソンの後にはしんどい階段でした(^^;

観覧券売り場で観覧券を購入。大人550円。るーぷるの1日乗車券があると100円引きとなったようです。

涅槃門(ねはんもん)。涅槃とは煩悩を取り払った悟りの境地。来世という意味もあるそうです。

瑞鳳殿。瑞鳳殿は伊達正宗が1636年70歳で亡くなった翌年に造営されましたが1945年の戦災で焼失。現在の建物は1979年に再建され2001年に改修が行われたものです。

桃山様式の豪華絢爛の建築。

霊屋の両脇には正宗を追って殉死した15名+その家臣5名の墓もありました。現代人にはなかなか理解できませんが殉死は1665年に禁止されるまで各地で行われていたそうです。

隣接する小さな資料館には発掘調査の様子などが展示されていました。ちなみに伊達正宗は身長159cm(当時の平均的な身長)、血液型B型だったそうです。

二代藩主忠宗の「感仙殿」、三代藩主綱宗の「善応殿」などを見て16時前に下山。

今度はちょうど「るーぷる」が来たので乗車。ただ混雑で座れなかったので、「仙台城跡」で下車して次の最終「るーぷる」に乗車することにしました。「仙台城跡」へは東日本大震災の影響で迂回ルートになっていました。

駆け足で『 青葉城跡 』を見学。

天守台からの眺め。爽やかな青空にそよ風が吹いていました。


16時半、最終のるーぷるに乗車。今度は座れました。震災で使えなくなった東北大工学部の建物、東北大理学部に建設中の地下鉄駅、川内(お城から見て広瀬川の内側だから)、元楽天岩隈選手が住んでいたマンション、映画ゴールデンスランバーで首相が爆破された場所などを経由して仙台駅に17時過ぎに到着。楽しいガイドであっと言う間のバス観光でした。ありがとう運転手のマツザワさん^^

仙台駅に到着してみると物々しい警備。天皇皇后両陛下がお帰りになられるとのことだったので少し待ってみました。17時45分くらいに到着され手を振って駅舎内に入っていかれました。

2日間お付き合い頂いた砂肝さんとお別れし、お土産などを購入して18:29のやまびこ192号で帰路に。仙台始発だったので自由席でもガラガラでした。

東京には20:50頃到着。自宅には22時頃到着。

記憶に残る2日間となりました。

2012年5月18日金曜日

第22回仙台国際ハーフマラソン

第22回 仙台国際ハーフマラソン 』大会当日。

■5/12(土)大会前日(受付、EXPO)
大会前日受付

■5/13(日)大会当日

5:00 ... いつも通りスタート5時間前に起床。

6:30 ... スタート3時間前(7:00)までにホテルのバイキングで朝食。今回はハーフなのであまり食べず。ご飯、味噌汁(具なし)、納豆、卵焼き、梅干し、プチトマト2個ぐらい。あとは前日買っておいたスーパーVAAMゼリーと明治アクササポート(水分・電解質補給飲料)で水分補給をしておきました。

8:00 ... 勾当台公園駅を出発。仙台駅でJR仙石線に乗り換え。仙石線はSuicaが使えました。路線図を見るとまだまだ復旧が進んでいないところが多数...。

8:30 ... 宮城野原駅に到着。地下から地上に出ると宮城野原公園。5kmの部がスタート直前でした。(5km、2kmの部はハーフとは別の場所からスタート)

8:45 ... 公園内にある仙台市陸上競技場入り。プロ野球楽天ゴールデンイーグルスの本拠地も隣接しています。

ハーフAブロック(陸連登録者)は入口でIDカードを提示すると陸上競技場建屋内やトラックが使用できました。

9:00 ... スタンド下の通路に荷物を置いてウォーミングアップを開始。トラックで2000m jogした後、バックストレートでWSx3本。優勝したマイナ選手やダニエル選手も芝生の上などでウォーミングアップしていました。


風が強いという天気予報でしたが気温の方が気になりました。前日のEXPOでQちゃんから聞いたスーパーVAAMの飲み方(1本200mlを1時間かけてチビチビ飲む)で飲んでおきました。

会場には高円宮妃殿下もいらっしゃいました。

ランシャツ、ランパンに着替え、レースシューズ(今回はadizeroJAPAN)に履き替えて建屋内で荷物預け。ここもAブロックだけなので混み合うこともなく助かりました。

ランシャツには配布されたシール「感謝とともに前へ、仙台のちから。」を貼って走りました。

手首には前日購入した公式シリコンバンドを付けて走りました。招待選手にも付けている方が何人かいました。

9:30 ... スタート地点に移動。スタートは招待選手、A~Fブロックの順番にロープで区切られており、Aブロックは最短経路で移動できるように優遇されていました。着いた時にはまだまばらで前から2列目の真ん中という絶好の位置に並ぶことができました。数分後にはAブロックもあっという間に埋まりましたが、Aブロックでも後ろの方だと20秒くらいのロスタイムがあったようです。

この日は暑かったので体が冷えることはありませんでした。20分くらい前から混雑してきたので全員立たされました。

招待選手には五輪代表の藤原選手や公務員ランナー川内選手の姿もあり、選手からも声援が飛んでいました。川内選手は気さくな笑顔で人気がありました。

全国47都道府県全てから参加者があったというアナウンスなどがあり、全国から集まったランナー達と黙祷をささげました。

10:05 ... ハーフの部、スタート!

エントリー数は、招待選手以外に男子登録:836人、女子登録:178人、男子一般:8030人、女子一般:1869人。芸能人の安田美沙子さんなども参加していたようです。

転倒に気をつけて慎重にスタートしましたが、それでも時折カットインしてくる人もいて危ない場面がありました。やはり体は重くて脚が上がらず、序盤は何度かつまずきそうになりました。スタート直後から立命館大の女子選手が目の前にいたので目標としました。

新寺通りに入ると応援の多さに驚きました。風も吹いていましたが沿道の二重三重の人垣で弱めて頂いたような気がします。

前半はダラダラとした登り。JRの高架下を潜ったりといった細かいアップダウンもありLapはバラつきがあるものの1km毎の距離看板で確認しながら3'40を目安に走る。顎を引いて集中。

東二番町通りで最初の給水。既に喉がカラカラになっていたので迷わず給水。

いつもだと飲みやすいように半分くらい捨ててから飲むのですが、これまたQちゃんから聞いた給水方法(まず給水して、余った水を脚や首筋にかけてアイシング。給水の水に無駄なところは無い!)を実践しました。前日から右腸脛靭帯炎の痛みがあり心配でしたが、最後まで痛みが強くならず効果があったと思います。

青葉通りに入ると新緑の木々に覆われ生き返りました。沿道にも物凄い人出で大応援!

大町の交差点を過ぎ一気に下り。ここで立命館の女子選手を抜いて前に出ました。広瀬川を渡る橋の上で5kmを通過。上り基調で想定の範囲。

5kmの通過、18'42

広瀬川を渡ると今度は右にカーブしながらダラダラした上り。仙台二高前を右折して再び広瀬川を渡って市街地へ戻る。この辺りはバイパスのような道で前を追って集中して走れました。

左折して西公園通りに入ったところで先頭のマイナ選手が反対車線を走ってきました。続いて藤原選手、川内選手たちの追走グループ。

6.8km地点で2回目の給水。給水テーブルが長いので確実に給水できました。最初にスポーツドリンクを飲み、次に水をとって給水+アイシングを行いました。

定禅寺通りに入ると再び新緑の木々に覆われ気持ちがいい。中央分離エリアでは応援の演し物が行われていたり、沿道にも物凄い数の人。本当に感激しました。

7.7km地点で折り返し。
ここがコースの最高点でスタート地点より+30m。最低点は17km過ぎで-9mなのでコースの高低差は39m。適度なアップダウンで楽しいコースです。

9km付近で再び立命館の女子選手に追いつかれ引き離されました。あの粘りは見習わないと。素晴らしい。

青葉通りから東二番町の大通りへ右折したところが10km地点。ここにQちゃんがいました!Qちゃんの手が腫れないようソフトにハイタッチ!

10kmの通過、37'35(18'53)

JRの高架下を潜ったあとは行きと別の道へ。若干コーナーが多く路面が悪い部分もあったので足を捻らないように気をつけて走りました。

12.5kmで給水。駅前から陸上競技場へ向かう道路も沢山の応援で、思わず何度か手を上げて応えました。

この辺りからは日差を遮るものがなく、暑さが堪え始めました。サングラスをして正解でした。

競技場をかすめた後、コース図では分からなかったJRの跨線橋が結構しんどかったです。

15kmの通過、56'44(19'09)

第一目標であった78分は厳しくなりましたが第二目標の80分切りは果たしたい。しかし疲れも出始めて動きが悪くなってくる。加えて17km過ぎからは10m程度の上り+強烈な向かい風+暑さ。

残り5kmからはゴールまで1km毎の距離看板も現れました。時計を見ながらもがく。15km~18kmは3'50/kmで粘りましたが、18km~20kmは4'00/kmまでペースが落ちてしまいました。それでもこの区間でだいぶ抜きました。時間が惜しいので19kmの給水はパス。

20kmの通過、1:16'18(19'34)

競技場が見えて残り1km。もはや80分も厳しい。第三目標のベスト更新だけは死守したい。トラックに入り腕を振ってもがく。20~21kmは3'45。

ゴール!21.0975km、1:20'26(4'08)(4'46/km)

何とか一昨年に出したベストを約30秒更新。一昨年より4kgも重い体重でよく走ったと思います。早く故障を完治させてしっかり走り込み体重を落としたいと思います。

ゴール後は競技場の外に誘導されて完走賞の大きく素敵なデザインのタオルとVAAMウォーター、キウイを頂きました。

程なくして砂肝さんもゴール。サロマウルトラに向けて走りこみ中とお聞きしていましたが、そんな中でも流石の走りでした。

荷物を受け取り、メインスタンド下の通路で着替えていたら、川内選手が行ったり来たりしながらダウンをしていました。(写真は後ろ姿)

楽天のスタジアムを一周ダウンjogしてからソフトクリームでエネルギー補給。美味しかった~。

仙台に沢山の笑顔が広がる素晴らしい一日でした。関係者の皆さん、ボランティアの皆さん、沿道で応援いただいた皆さん、一緒に走ったランナーの皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

参加賞など。


レース後につづく...