2012年7月22日日曜日

第23回フォトロゲ高麗

7/22(日)、『 第23回フォトロゲ高麗 』(主催TREKNAO)に参加してきました。3月に参加したフォトロゲ伊勢原に続いて2回目のフォトロゲです。

「5時間の部」と「3時間の部」がありましたが、富士登山競走の5日前ということで今回も3時間の部にエントリー。あまり疲れを残さないよう適度な負荷をかけたいところです。

07:15 ... 調布を出発。
09:00 ... 会場である埼玉県日高市の巾着田(きんちゃくだ)に到着。高麗川(こまがわ)の河原ではBBQや水遊びをしている団体もいましたが、涼しい天気のためか駐車場(1日500円)はまだ空きがありました。

受付でビニール袋に入ったA4版の「地図(CPが記された1:25000)」と「CP一覧」を受け取りました。

合計900点。遅刻は1分につき -50点! 30分オーバーで失格です。今回は土日開催で、昨日の3時間の部の1位は679点だったそうです。

今回は前回の反省を生かしてスタートまでじっくりルートを検討しました。

  • 前回伊勢原での移動距離25kmをベースに想定。
  • 最高点CP74多峯主山は他との繋がりが悪いので捨て。
  • 前半で高得点が多く遠い北エリアを回る。
  • 後半は東エリアでゴールに向かいながら回り残り時間を見てゴールへ向かう。

CP55は登り返しになる、CP67CP33は繋ぎが悪いので残り時間を見て判断することにしました。

10:00 ... スタート!

10:03 ... CP3:九万八千神社(きゅうまんはっせんじんじゃ)

日和田山(ひわださん)を登り始めたところでストップウォッチを押し忘れていることに気がつく...orz 日和田山は一気に200mくらい登る急登。岩登りの後の眺めが爽快でした。

10:18 ... CP59:日和田山(標高305.1m)

日和田山直下の下り(雨上がりで滑って怖かった)後は、奥武蔵自然歩道を気持ち良く疾走。もちろんハイカーがいたら歩きに切り替えてご挨拶^^

10:35 ... CP49:物見山(標高375m)の奥にある三角点。似たような石が埋まっていて少し探すのに手間取りました。結構大きいんですね。

ここからCP49:北向地蔵へ向かうか、CP55:五常の滝(登り返しになる)を回るか迷いましたが、CP解説の「今回のエリアで一番大きな滝」に惹かれてCP55へ下ってみることに(笑)

山の中で何箇所かある分岐が不安でしたが無事ヘアピンの舗装路に出ることができました。ここまでの下りのトレイルも面白かった。少し下って五常の滝に到着。

10:51 ... CP55:五常の滝(標高230mくらい?)

冷たい水で顔を洗ってサッパリしてから登り返し。分岐は左の砂利道へ。途中から舗装路に出て登りました。道端に大きな山ユリが二輪咲いていて綺麗でした。

11:06 ... CP43:北向地蔵(標高377m)

ここから鎌北湖まで約1.5km。

爽快な下りのトレイル。終盤はテクニカルで面白かったです。

奥武蔵自然歩道の終点、鎌北湖に到着。


遊歩道への下り坂は急で滑って怖かった。

11:19 ... CP71:大谷木(おおやぎ)川起点(~越辺川~高麗川~荒川の一級河川)

下り基調の遊歩道を気持ち良く駆け抜ける。

11:27 ... CP41:馬頭観世音

11:34 ... CP29:山根六角塔婆。CP41~CP29は想定外の上り下りでした。

残り1時間半。CP33:宿谷の滝は迷いましたが捨てることにして富士山へ。

ここから登れば良かったのですが裏側へ回ってしまいました。ただ、そのお陰で同じ「こあしす山民会」のチエゾーさんに初めてお会いすることができました^^

裏側から山頂へ。

11:48 ... CP37:富士山(標高220m)。5日早い登頂成功(笑)

残り1時間ほど。CP67:滝沢の滝は捨てて街中を拾って戻ることにしました。

11:56 ... CP31:天神社(てんじんじゃ)

ここから高麗川沿いのCP(21、22、15、16)と丘の上のCP(39、32、28)をどう回るか非常に迷いました。結局、近い所から回るというちょっと雑な回り方になってしまい。

12:03 ... CP39:稲野邉(いなのべ)神社

12:08 ... CP21:新堀橋。

川底が見える透明度。

12:13 ... CP22:高麗神社。お参りした後、トイレをお借りしました。

再び丘の上へ。先ほど登った富士山の眺め。

12:19 ... CP32:熊野神社。隣には遊園地!?

12:26 ... CP15:新井橋

12:29 ... CP16:野々宮神社。CP15~CP16は地図に書かれている細い道を通って最短距離で移動できました。地図からこのような道に気がつくと嬉しくなりますね。境内には天保二年(1831年)に木村庄之助正武が築いた土俵が保存状態も良く残っていました。

12:33 ... CP28:日高中央直売所。CPの解説を読むと「中にはジェラート売り場も」。えっ、お金持ってきてないよ~。時間もなかったので食べられなかったかな。次回は食べたい^^

12:41 ... CP18:高岡橋。南西側には浄水場。CP25、19へ行くのは厳しくなってきた。

12:45 ... CP13:諏訪神社。裏から入れるかと思ったら入れずグルっと回って少しタイムロス。

12:50 ... CP11:満蔵寺地蔵堂。残り10分。直線1km。CP7を取りに行くことに。

12:54 ... CP7:あいあい橋。日本最大級の木製トラス橋だそうです。

ゴール地点の建物が見える。ここで欲を出してCP1へ。

12:56 ... CP1:新ドレミファ橋。

ここからはマジ走り。建物が見えているけど意外と遠い。残り3分、2分...。

12:59 ... ゴール!あぶね~~~。残り60秒切ってました(苦笑)

集計表を受け取り計算して提出。結果は641点、走行距離は約25kmでした。

表彰式の後は他の参加者達と語らいながら冷たいソーメンなどを頂きました。美味しかった~。


今回も楽しい一日を過ごさせていただきました。前半のトレイルは気持ち良く走れ、後半のロードはビルドアップでいいトレーニングになりました。スタッフの皆さん、参加された皆さんありがとうございました。


2012年7月21日土曜日

ソラヨミマスター

昨日ウェザーニューズ社から『 ソラヨミマスター 』が届きました!

ウェザーニュースのウェザーリポーター(有料会員)となり簡単な天気リポートを送ることで得られるポイントが2000ポイントを突破すると贈呈される携帯観測機です。1日最大10ポイント付与されるので最短で200日で達成できます。ベースはミストラル社のケストレル3500

初めはこちらの本を読んでソラヨミに興味を持ちました。

2011年2月から始めて2012年5月に2000P到達。昨年10月まで携帯電話でライト会員(月額105円)、10月からiPhoneでウェザーニュース タッチ(月額350円)契約となり、合計4千円ほどかかりましたが、ミストラル社のサイトによると2万円弱の製品なので、それでもかなりお得ですね。

6月中旬に「2000ポイント達成のお知らせ」メールが届き、送付先等を連絡。お届けまで2~3週間程度とのことでしたが、ようやく届きました。


小型軽量。本体の重さは58g、しっかりしたケースに入れると96g。

電源ボタンを押し、→ボタンで計測項目が変わります。

時計、風速、最大風速、平均風速、気温、体感温度、相対湿度、ヒートストレス指数、露点温度、湿球温度、気圧、標高

風速 m/s … 3秒間の平均風速(誤差3%以内)
最大風速 … 電源ONになってからの最大風速
平均風速 … 電源ONになってからの平均風速

国内で「風速」という場合は、地上約10メートルの高さにおける10分間の平均風速のことを指し、「瞬間風速」は、0.25秒ごとに更新される3秒(12サンプル)平均のことを指すそうです。

台風の強さでいうと、風速17.2m/s以上で台風、32.7m/s以上で強い台風、43.8m/s以上で非常に強い台風、54.1m/s以上で猛烈な台風。強風域15m/s以上、暴風域25m/s以上。

国内における最大瞬間風速は、平地が85.3m/s@宮古島地方気象台(1966年9月5日)、山岳が91.0m/s@富士山測候所(1966年9月25日)。世界記録は142.2m/s@オクラホマでの竜巻。

気温
国内の基準では地上から1.5mで温度計を直接外気に当てないようにして測定する。1000m上昇で6.5℃低下する。

国内における最高気温が40.9℃@岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市(2007年8月16日)。最低気温が-41.0℃@北海道旭川市(1902年1月25日)。

世界記録は最高気温が58.8℃@バスラ、最低気温が-89.2℃@南極ボストーク基地。

ちなみに、ケストレル3500の保管環境は-30~60℃。

体感温度
人間の肌が感じる温度の感覚を数値に表したもの。風が強いときほど体感温度は下がる。リンケの式によれば、風速が1m/s増すごとに体感温度は約1℃ずつ低くなる。

相対湿度 %
大気中に含まれる水蒸気の量や割合のこと。相対湿度100%で大気中の水蒸気量が飽和となり結露を生じる。

相対湿度の式の分母となる飽和水蒸気量は、気温が高くなるほど多くなる。よって、同じ湿度でも、気温が高いほど空気中の水蒸気量は多いことになる。

ヒートストレス指数
特に米国で使われている温度と湿度の組み合わせによる熱中症指数。

27~32℃(注意) 通常過激な運動をしない
32~41℃(極度な注意) 脱水症状の危険
41~54℃(危険) 差し迫った熱中症
54℃以上(非常に危険)  生命の危険

露点温度 ℃
空気中の水分が水滴になる温度。露点温度が高いということは湿度が高い

湿球温度 ℃
通常、湿球温度(しっきゅうおんど)は、測定部を湿ったガーゼで包んだ温度計によって測定される。気化熱により乾球温度より低い温度になる。乾球温度との差から相対湿度が求められる。

気圧 hPa(ヘクトパスカル=100Pa)
海面上では1平方cmあたり1kgの圧力=1気圧(1013.25 hPa)がかかる。低高度では10m上昇で1hPa低下する。

世界記録は最高気圧が1083.8hPa@シベリアのアガタ、最低気圧が870hPa@沖ノ鳥島南方。日本最高気圧は1044.0hPa@旭川。

ソラヨミマスターにはトレンド(急上昇、上昇、安定、低下、急低下)も表示されます。

爆弾低気圧は、12時間以上にわたって中心気圧が1時間あたり1hPa以上低下した温帯低気圧。遭遇したくない。。。

その他:
・気圧と標高は→ボタン長押しで補正可能。
・電源ボタンをを短く押すとバックライトが10秒点灯。さらに→ボタンで10秒延長。
・電源2秒押しでOFF、45分で自動OFF。
・電池CR2032(約300時間)

山でも活用したいと思います!