2012年8月12日日曜日

北岳

7/28(土)富士登山競走の翌日、日本第二の高峰、南アルプスの『 北岳 』に登ってきました。日本百名山の一つで標高は 3193m です。
広河原(標高1520m)7:03→白根御地小屋分岐7:30→大樺沢二俣8:55→八本歯のコル10:20/10:25→吊尾根分岐11:03/11:12→北岳(標高3193m)11:32/11:47→北岳肩ノ小屋12:15/12:22→小太郎尾根分岐12:40→白根御池小屋13:17/13:31→白根御地小屋分岐14:24→広河原14:40。  標高差1673m。7時間37分(平均コースタイム9時間50分)。

登山口である広河原(ひろがわら)へ行くための「県営林道南アルプス線(芦安~広河原)」と「県道南アルプス公園線(奈良田~広河原)」はマイカー規制が行われているため、芦安(あしやす)、または奈良田(ならだ)の無料駐車場に駐車し、路線バスまたはタクシーを利用することになります。平成24年度南アルプスマイカー規制について

富士登山競走当日に広河原まで行きたかったのですが、富士山からの下山が遅くなってしまい芦安で足止めとなってしまいました。

ということで、芦安へ行く前にゆっくりお風呂@湯~とぴあ(甲府昭和IC近く)。昭和な雰囲気でしたが、貸切状態でワイン風呂や高速スライダー風呂を堪能しました^^

土用丑の日ということで鰻重@うなよし。地元では有名なお店なようで行列が出来ていました。美味しかったです。

コンビニで翌日の食糧を買い込んで、芦安駐車場に20時過ぎに到着。金曜日のこの時間はまだ空きが多く、バス停に最も近い第2Pに停めることができました。

簡易トイレは2基あり、照明はなかったのでヘッドライトを使いました。水道が近くになくて不便でした。水はバス停の自販機で500mlのペットボトルが安く売っていました。

今回ご一緒させていただいたのは富士登山競走にも参加した登走心さんと、じーさん。軽く缶ビールでお疲れ様会をして22時頃就寝。

0時過ぎから車が増え駐車場も満車になったようです。大声で話す人の声が聞こえ眠りが浅かったです。。。

03:45 ... 外が騒がしくなってきたので起床。既にタクシー待ち行列ができ始めていました。慌てて準備。水1.5L、ポカリ500mlを自販機で購入。水は1Lくらい消費しました。

04:00 ... 10人乗りくらいのタクシーが5台くらい到着し次々と乗車が確定していきます。もう少しのところで満車となってしまいました。

4:30 ... 乗れなかった人たちはバスのチケットを購入してバス待ち行列へ。広河原までの片道、1000円+100円(マイカー規制利用者協力金)。ちなみに、タクシーは1000円でした。

05:00 ... バスが6台くらい到着。順次乗車が始まります。座れない人は立ち乗り1時間で大変そう。

05:30 ... 定刻通り出発。ちなみに、タクシーは5:10に出発。

絶好の登山日和。途中、車窓から白峰(しらね)三山(北岳、間ノ岳(あいのだけ)、農鳥(のうとり)岳)の一つ間ノ岳が見えてテンションが上がります。

冷房の効かない車内。窓全開にし過ぎで寒かった。途中、戻ってきたタクシーとすれ違いました。タクシーだと6時くらいには到着できるのではないでしょうか。

06:30 ... 広河原に到着。トイレ待ち行列30分...。外の簡易トイレを利用した方が早かったかな。

07:03 ... 広河原スタート!これから登る北岳が沢の向こうに見えます。

07:08 ... 吊り橋を渡ったところにある広河原山荘で登山届を記入し提出。

07:12 ... 広河原山荘出発。

天候、体力、残り時間次第で八本歯のコルから間ノ岳まで足を伸ばしたいと考えていましたが、スタートが遅くなってしまったため、シングルトラックの登山道はゆっくり歩き。この時点で間ノ岳は諦めモード。。。

07:30 ... 白根御地小屋(しらねおいけこや)分岐(所要時間0:27/平均コースタイム0:25)

マイナスイオンに包まれた大樺(おおかんば)沢沿いの登山道。所々足元には南アルプスの天然水が流れていて癒されます。

今回、登走心さんにトレラン用アルミ製ストックをお借りしましたが相当疲労感が違いますね。登山には必携だと思いました。

鉄パイプの橋を渡り左岸に移ります。この辺りも狭く急な登山道のため前の人についてゆっくり登りました。

再び橋を渡って右岸へ。しばらく登ると雪渓に出ました!

クレバスが大きなところは丘の上を越えていきます。

最高の登山日和で登山者が多かったです。

08:55 ... 大樺沢二俣(1:25/2:05)

左俣コースと右俣コースの分岐。バイオトイレがありました。大樺沢に沿って左俣コースへ。北岳バットレスの眺めが素晴らしい。

気温が高く、雪がシャーベット状で軽アイゼンも不要でした。前の人の足跡に足を突き入れながら進みます。日差しは強かったですが、雪渓の上を流れるヒンヤリした風で涼しく感じました。

二俣から40分ほどで雪渓の上部に到達。振り返れば、鳳凰三山の素晴らしい眺め!

岩場を登った後は、木のハシゴが続きます。垂直でなくて良かった~。

ここからのバットレスの眺めが素晴らしかったです。(一番最初の写真)

花の名峰北岳。高山植物も沢山咲いていました。

10:20 ... 八本歯のコル(1:25/2:00)

この区間もあまり時間を稼げませんでした。ここで判断。間ノ岳往復3時間、北岳からの下山を3時間と見積もると16:40の最終バスにギリギリということで断念することになりました。

北岳山荘と間ノ岳へと続く稜線。次回のお楽しみ。

5分ほど休憩した後、再スタート。木のハシゴや巨大な岩を登って行きます。

10:47 ... トラバース道分岐

間ノ岳に行かないとなると時間には余裕ができて、のんびり高山植物の撮影会。
ゴゼンタチバナ 

 タカネツメクサ

キンロバイ 

ミヤマオダマキ 

イワベンケイ 

タカネイブキボウフウ 

他にも沢山の高山植物が咲いていました。ただ、キタダケソウはトラバース道の方にあったらしく見ることができませんでした。

11:03 ... 吊尾根分岐(0:43/0:40)

気温18℃。風が気持ちいい。

登山の方から、「昨日、北岳~間ノ岳~農鳥岳を縦走しているトレイルランナーがいましたよ」と言われました。行ってみたいですね。

10分ほど休憩していよいよ北岳山頂へ。
ミヤマミミナグサ

ミヤマシオガマ 

振り返ると間ノ岳への美しい稜線は東からの雲で覆われ始めていました。

11:32 ... 北岳(0:20/0:20)

岩がちな斜面を登っていくと突然開けて山頂が現れました。登頂成功!

気温21℃、ほぼ無風。南アルプスの女王、仙丈ヶ岳(3033m)が綺麗に見えました。


写真を撮ったりして15分ほど休憩した後、下山開始。肩ノ小屋までは急な岩場が続きます。

12:03 ... 両俣分岐

登山者も増えてくるので道を譲りながらのんびり下山。青い屋根の肩ノ小屋が見えてきました。

12:15 ... 北岳肩ノ小屋(0:28/0:40)

肩ノ小屋から北岳を振り返る。

トイレは100円。キャンプ指定地にはたくさんのテントが張られていました。ここで見る夜空は綺麗なんだろうな。

ここから小太郎尾根分岐までも団体の登山者が多く度々渋滞。登山者に道を譲りながらのんびり下山。
 百名山:仙丈ヶ岳(3033m)

百名山:甲斐駒ヶ岳(2967m) ※雲の中の白い山


爽快な尾根。最後、登山者がいなくなったところで気持ち良く駆け抜けることができました。

12:40 ... 小太郎尾根分岐(0:18/0:20)

ここから急な斜面に変わります。すぐに右俣コースと草スベリの分岐。草スベリコースへ進みます。

草原状の急斜面を慎重に下山します。

13:17 ... 白根御池小屋(0:37/1:30)

ゆっくり下山したつもりでしたが、この区間は大幅に時間を稼げました。

小屋の前にはたくさんのテントが張られていました。

小屋の前の椅子に荷物を下し、行列のできるソフトクリームで休憩。美味しかった~。ちなみに缶ビール(350ml)と同じ値段(500円)でした(^^; 冷たい水(無料)もありました。

15分ほど休憩して最後の下りへ出発。可憐な花が囲われていました。
ミヤマハナシノブ

1kmほど樹林帯の中、トラバースのトレイルを走ります。

が、そこから先の急斜面は垂直に感じるほどの箇所もありなかなかの難所でした。登ってくる方も多くいましたが大変そうでした。

右手から大樺沢の音、左手から支流の沢の音が大きくなってきました。

14:24 ... 白根御地小屋分岐(0:53/1:30)

最後は気持ち良く広河原山荘まで駆け下りることができました。

14:33 ... 広河原山荘

広河原山荘で記念に手ぬぐいを買いました。シブい!

14:40 ... 広河原到着!(0:16/0:20)

15:00 ... 広河原(バス発)
16:00 ... 芦安(バス着)

バス発着場にある白峰会館の温泉(550円)で汗を流しました。熱い湯でしたがサッパリしました。

登走心さん、じーさん、2日間ありがとうございました。楽しい富士山、北岳のダブルヒルクライムになりました^^


●ウェア、シューズ
キャップ/日除け付
ウェア/adidasジップシャツ
パンツ/mont-bell トレール ランニングショーツ
タイツ/CW-X スタビライクス
ソックス/X-Socks Running Short
グローブ/AXESQUIN指なし
アームカバー/ZAMST アームスリーブ
テーピング/New-HALE X
シューズ/adidas adizero XT3

●装備
ザック/Gregory MIWOK 18
ファーストエイドキット、エマージェンシーシート、笛、鈴 ... 未使用
ウィンドブレーカー(mont-bell EXライト ウインドジャケット) ... 未使用
レインウェア(finetrack エバーブレスフォトン) ... 未使用
インナーダウン(TNF ライトヒートジャケット) ... 未使用
グローブ(ORバーサライナー) ... 未使用
ヘッドライト(PETZL ティカXP2) ... 未使用
ハンドライト(GENTOS 閃 SG-325) ... 未使用
地図(山と高原地図)、コンパス(SILVA No.3R)
携帯観測機(ミストラル ケストレル3500)
食糧など

2012年8月6日月曜日

第65回富士登山競走(山頂コース)

7/27(金)、『 第65回富士登山競走 』に参加してきました。

山頂コースは、昨年の大会に続いて2回目の参加です。昨年は七合目~本八合目で失速して悔いの残るレースとなってしまい、今年はリベンジに燃えて臨みました。目標は3時間30分以内のゴール。結果は...

馬返し ... 00:55:02
五合目通過 ... 01:41:04 (Lap:0:46:02)
八合目通過 ... 02:59:04 (Lap:1:18:00)
ゴール ... 03:24:48 (Lap:0:25:44)

で、目標達成!しました。応援ありがとうございました。


■7/27(金)大会当日
今年は当日入りしました。前日は翌日以降の準備に手間取り予定より遅い22:30就寝。

03:20 ... 5時間睡眠でしたが眠りが浅く若干寝不足。
04:20 ... 登走心さんの車にKさんと同乗させていただき出発。

車内で朝食。おにぎり、エネルギーゼリー、小あんぱん3個など800kcalほど。

予報では22℃~28℃(山頂は10℃くらい?)の絶好のコンディション。雪も解けた富士山がくっきりと見えてきてテンションが上がります。

06:00 ... 下吉田東小学校に到着。スタート1時間前。既に満車に近い感じ。
会場まで歩くつもりでしたがちょうどシャトルバスが来たので乗車。

06:25 ... 富士吉田市役所に到着。今年は道路封鎖が早く、既に並び始めていました。

富士山頂を目指すという独特の緊張感に包まれ更にテンションが上がります。VESPA Pro、レッドブルを投入。

会場内では、こあしす山民会のオカさん、コボちゃん、かつやん、EKさんとお会いできてお互いの健闘を誓いました。

06:50 ... 荷物を預けて富士吉田市役所内のトイレに寄り、スタート10分前にスタート地点に到着。今年もAブロックからのスタート。前から10mくらいの位置に並べました。

恒例の選手全員での「エイ・エイ・オー!!!」で気合注入。。。でしたが、

07:00 ... カウントダウンもなく、いきなりの号砲(^^; で、気の抜けた、スタ~ト!

富士吉田市役所(標高770m)

スタートのロスタイムは10秒程度。富士みちへ入るまでは転倒に気をつけて慎重に。

富士みちを登り始めて最初の1kmは3'42。抑えたつもりでしたが登りでこのタイムは突っ込み過ぎ(^^; 少しペースを緩める。

富士みちに入りキタタンでも勝手にマークしたelbさんを発見。今回も密かにマーク(笑) 少しお話して、ここでは一旦先行しました。

途中、前方でフラスコを落とした人がいたので拾ってダッシュで渡しました。このダッシュのお陰で3時間25分が切れたかな(笑)

中ノ茶屋(7.2km、標高1110m) 32'56

昨年(33'09)とほぼ同タイム。この日は五合目まで暑さが厳しく汗でびしょびしょ。脱水や痙攣の恐れがあるので、給水所では脚を止めてスポーツドリンクをコップ一杯しっかり飲みました。

中ノ茶屋~馬返では女子2, 3位の選手やelbさんにも抜かされ100mくらいの差に広がりました。ただ、本調子でないのか再び馬返で追いつきました。

馬返(10.8km、標高1450m) 55'02

ここも昨年(54:46)とほぼ同タイム。登山道に入りしばらくelbさんについて走りましたが調子が悪そうなので再び先行しました。

馬返~五合目ではほとんど順位の変動もなく前後も疎ら。7割程度の距離を走りました。

途中、75位と教えられ、タイムの割には悪くない順位だと感じました。暑さの影響か五合目まで苦戦したという感想をレース後、多く聞きました。

五合目(佐藤小屋:15.0km、標高2230m) 1:41'04

ここも昨年(1:42:25)とほぼ同タイムで、一応、五合目ベスト。ただ、予定していた1時間35分より遅れ、昨年以上に消耗している感じで焦りました。目標には昨年より約10分の短縮が必要。

給水所では持参したウィグライプロを水で補給。

森林限界が近づき、上の方から「ここからだー!切り替えていけー!」と絶叫が聞こえてくる。YAMAYAさんでした。私が着ていたこあしす山民会のTシャツを見つけてくれて「山民会!ガンバレ!」と力強い応援をいただきました。

昨年は後半失速したのだから、まだ巻き返しは可能。勝負はここからと気持ちを切り替えられました。

六合目(安全指導センター:16.0km、標高2380m) 1:51'39

森林限界を超えて急に気温が下がり始め快適なコンディションになりました。日差しもあったりなかったり。

ここからはスバルライン五合目からの登山客が増えます。今年も登山客の皆さんから温かい励ましをいただき、感謝を述べながら先を急ぎます。

七合目手前の岩場に到着してグローブを装着。いよいよ昨年のリベンジの時が来ました。

七合目(花小屋:17.0km、標高2700m) 2:10'21

この時点で昨年(2:15:26)より5分のリード。ここで再びelbさんに抜かれる。やっぱり登り速いな~。

昨年は七合目~八合目の岩場区間に 28'52 かかりました。今年は両手両足を使い大股で一気に登りました。心肺がキツく、山小屋の前は歩いて呼吸を整えて、岩場で勝負の繰り返し。

昨年は何度も立ち止まってフラフラになった八合目手前の難所も、今年は一気に登り切りました。この区間、23'09。リベンジ第一弾を果たしました。

八合目(太子館:18.0km、標高3100m) 2:33'30

持参したPowerBar GEL(梅)を給水所の水で補給。

ここからの砂礫区間は試走の時より路面が軟らかくて滑りほとんど走れませんでした。

途中、後方から「ハア~~~~~、スウ~~~~~」と物凄い呼吸が聞こえてきて、早歩きでスタスタ抜かれました。女子2位の選手です。

周りを気にせず真似して深い呼吸をしてみたら、これがかなり効果的でした。

途中、こあしす山民会のTシャツを見つけてくれた応援のドロシさんとご挨拶。キツいところでホッとひと息つけました。

この区間、25'17。昨年(26'44)より僅かな短縮でしたが難所を乗り切りました。

本八合目(富士山ホテル:18.8km、標高3400m) 2:59'04

昨年(3:11:02)より12分のリード。3時間半切りが見えてきました。ただ、前半の暑さのせいか体力の消耗が激しくかなりしんどい状態。

後方から「EKさん、ガンバレ~」の声。「ん!」と思い振り返るとEKさんがニヤリと笑いながら手を振っているではありませんか。ロックオンされてる~。

一人だとペースが落ちそうだったのでいい刺激になりました。抜かれた後はEKさんにペースを作っていただき粘ってついて行きました。

両手を大腿につき、倒れ込むような前傾姿勢でもがいて登っていると、ももこさんが覗き込むように「よういちさん?」と確認&応援いただきました。すみません分かり難くて(^^;

笑顔にパワーを頂きペースアップ。この区間も昨年より約1分短縮。

九合目(白鳥居:標高3600m) 3:15'13

EKさんのペースが落ちたところで再度前に出る。上の方から応援の声、K先生でした。一番しんどい所で気合が入りラストスパート。

最後のカーブを曲がると女子2位の選手が見えました。タイムも3時間25分が切れるか微妙なところ。一気に階段を駆け上がり数人抜いて鳥居をくぐって、、、

ゴール!(山頂:21.0km、標高3711m) 3:24'48

昨年(3:39:29)より約15分短縮して目標の3時間30分切りを果たせました。応援が本当に力になりました。

直後にEKさんもゴール。ゴールして直ぐにかつやんが見つけてくれました。かつやんは本調子でなく3時間一桁台に終わり残念そうでした。

九合目あたりから若干空腹感を感じていて危なくガス欠になるところでした。ビールの前にカップラーメンでお腹を満たしました。

その後、コボちゃんもゴール。K先生も到着して、念願のビールで乾杯!

このビール、K先生が冷やしたビールを背負って持ってきて下さったもの。最高に美味しいビールでした!

今年3回の試走すべてご一緒した じーさんも無事ゴールして乾杯!今年は昨年以上に試走したかいがありました。

その後、山頂の関門閉鎖(4時間半/11:30)まで応援しながら知人を探すもののなかなか見つけられず。五合目や本八合目の関門にかかった方も多かったようです。

残り10分からの応援や涙を流しながらゴールする選手を見て久々に熱いものがありました。

11:55 ... じーさんと下山開始。この時間になると下山道は混雑しますね。
12:50 ... 五合目まで下山。

今年も少年野球チームの子供たちから手荷物を受け取り、自衛隊の皆さんからおにぎりやバナナを受け取りました。ボランティアの皆さんありがとうございました。

じーさんの到着を待ってる間、こけももソフトを食べ(美味しかった~)、つかさん、えまさんにお会いして少しお話できました。

13:40 ... 下山バス待ち行列に並ぶ。。。

14:20 ... 40分ほど待って、ようやく下山バスに乗車
15:10 ... 閉会式会場である諏訪の森公園に到着。登走心さんと合流して駐車場へのバスへ乗り換え待ち。

15:45 ... 駐車場へのシャトルバスに乗車
16:00 ... 駐車場(下吉田東小学校)着。下山完了~。車もほとんど無くなっていました。


今年も素晴らしい体験をすることができました。登山の皆さん、関係者の皆さん、応援の皆さん、参加された皆さんありがとうございました。


●ウェア
キャップ/日除け付
ウェア/山民会Tシャツ
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
タイツ/SKINS スポーツハーフタイツ
アンダー/CW-X スポーツショーツ
ソックス/X-Socks Run Speed One
グローブ/AXESQUIN指なし
テーピング/New-HALE XとV
ポーチ/スパイベルト

●シューズ
adidas adizero JAPAN

●補給した物
WGHPro x 1個 ... 五合目
PowerBar GEL(梅) x 1個 ... 八合目
水、スポーツドリンク ... 各給水所でコップ一杯