2012年11月27日火曜日

防府読売マラソンまで3週間

先週末は大田原、福知山、大阪、神戸、つくばなど全国でビッグレースが目白押しでした。ベスト記録を更新される方も多かったようで沢山の刺激をいただきました。

私は防府読売マラソンまで3週間ということで最後の30km走をおこないました。一番疲労の溜まる時期。昨年はつくばマラソン3週間前の最後の30km走で左足ふくらはぎに軽い肉離れをおこしてしまい、苦しいシーズンとなってしまいました。

ぶっつけ本番で臨んだ昨年のつくばマラソンで痛めた右腸脛靭帯炎は未だに痛みが出ることもあり心配でしたが無事に終えることができました。あとは疲労を抜くだけ。

今シーズンは8月から準備を始めて8月、9月はレースも含めて約40kmのトレイルランを3本走りました。8月、9月はロードバイク(実走)も各400kmを越えています。

9月下旬からロードでの30kmロング走を5本消化しました。シューズは練習用のadizero CS。無補給・無給水で行っています。徐々に余裕度が上がってきました。

09/23  30km  2:18:57(4'38/km)
10/01  30km  2:18:43(4'37/km)
10/15  30km  2:12:48(4'26/km)
10/27  30km  2:12:54(4'26/km)
11/24  30km  2:07:27(4'15/km) 

調整レースは2本走りました。

10/21  高島平20km  1:15:56(3'47/km)
11/11  いわい将門ハーフ  1:17:26(3'40/km) PB

10月の月間走行距離は過去最高の435km。走り始めて3年目で初めて400kmを超えました。

平日は週一回の15kmペース走、腸脛靭帯に不安がある時はロードバイク(ローラー台)の全力ペダリングで心肺に刺激を入れました。

スピード練習は一度もできていませんが、ハーフのベストも更新でき、質・量共に手ごたえを感じています。

過去のレース前と比較してみても走り込みの回数とペースは同等以上。特に延岡西日本マラソンでは3週間前に20km(5'03/km)しか走れない状態だったのとは雲泥の差です。

2010つくばマラソン(初フル、2:57:09@4'11)前は5ヶ月で 30km走8本、40km走2本
2011勝田全国マラソン(PB、2:51:01@4'03)前は2ヶ月で 30km走5本
2012延岡西日本マラソン(SB、2:52:05@4'04)前は2ヶ月で 30km走2本

目標タイムについては、今週末の日体大記録会5000m(唯一のスピード練習)の結果も踏まえて考えたいと思っています。

週3回行ってきた補強運動は1週間前まで続ける予定。毎日行っているランニング前の動き作りは直前まで行います。

あとは風邪予防(マスク、手洗い、うがい)をしっかりして、疲労を抜きながら調子の上げ幅を上手くコントロールしてピークを合わせたいと思います。


先週末は東日本大震災の復興支援として今年限定で16年ぶりに復活した伝説のガールズバンドPRINCESS PRINCESSの日本武道館コンサートにいってきました。

ファンの期待に応えようと、復活宣言から一年半、この4日間の武道館公演のために相当な努力をされたようです。16年前のプリプリ以上の本当に素晴らしく熱いライブで感動しました。

目標の一日に向けて数か月間のトレーニングで自己の限界を高め、本番で100%の力を発揮できるよう集中して緊張を楽しむ。そんなランナーとも共通する気迫にも大いに刺激された夜となりました。

2012年11月19日月曜日

公認記録証

先日11/11(日)の坂東市いわい将門ハーフマラソンで念願の1時間18分(札幌国際ハーフマラソンの参加資格)がクリアできたので『 公認記録証 』を申請しました。

公認記録は、陸連登録した上で、陸連公認コースで開催される陸連公認レースで記録しなければなりません。陸連公認レースかどうかは日本陸連のホームページで確認できます。記録はグロスタイム。そのため、陸連登録者は最前列からスタートできます。

ハーフマラソンの国際大会には札幌国際ハーフ、仙台国際ハーフ、香川丸亀国際ハーフがあり、最も参加資格が厳しいのが札幌国際ハーフです。今年2012年の参加資格は次の通りでした。

平成22年4月1日以降で、次のいずれかに該当する公認記録を持つ者。

  • 10,000m 33分以内
  • 20km 1時間14分以内
  • ハーフ 1時間18分以内
  • マラソン 2時間40分以内

世界ハーフマラソン選手権の代表選考会でもあり国内外の一流選手が参加する大会。来年も参加資格が変わらなければ市民ランナーとしては夢の舞台に参加することができます。

大会要項などを見る限り公認記録証の提出は必要ないようですが、念のため取り寄せておきました。

○11/12(月)
坂東市いわい将門ハーフマラソンのホームページに公認証明書の発行先として書かれてあった茨城陸上競技協会(茨城陸協)に電話したところ、茨城陸協のホームページを見て申請して下さいと言われました。

茨城陸協のホームページには記録担当(記録委員長)にメールを送ってください。必要事項を記載したメールを返信します。と書かれてありました。

メールをお送りしたところ下記メールを頂きました。
============================================================
記録証は,下記の要領で申請してください。
記録がまだ本陸協に届いていないため,発行できる日時は,現在のところ未定です。
普段は,書類到着後,1週間くらいで送付可能です。

所属名(陸協登録団体名)・登録都道府県・各都道府県での登録番号・大会名・
大会開催日・記録を記載した用紙(完走証コピーや自筆メモ等) および80円
切手を貼った返信用封筒を下記の柴田までお送りください。
なお、発行手数料として80円切手を1枚は,同封してください。

郵送先(略)
============================================================

○11/15(木)
申請書類を郵送

○11/19(月)
返信用封筒に入った記録証が届きました。申請時に入れた完走証のコピーも返却されました。お忙しい中、ありがとうございました。

来年の札幌国際ハーフも今年と参加資格が変わらないといいのですが。楽しみに開催要項の発表を待ちたいと思います。

2012年11月12日月曜日

第22回坂東市いわい将門ハーフマラソン

11/11(日)今シーズンの2レース目、『 第22回 坂東市いわい将門ハーフマラソン 』に参加してきました。

いわい将門ハーフに参加するのは2010年の第20回大会以来2年ぶり2回目。昨年はエントリーしたものの直前の故障でDNSでしたが、2010年はベスト記録を出した相性のいい大会です。

当初はこの大会で1時間18分切りを狙いたいと思っていましたが、直前の調子から最低でもベスト更新と1時間20分切りに目標を下方修正して臨みました。

5:00 ... 起床(睡眠6時間)、風呂に入り、軽く朝食(切り餅2個)
7:00 ... コンビニで朝食(エネルギーゼリー、おにぎり1個、レッドブル1本)

調布ICから首都高~常磐道で谷和原ICまで渋滞なし。会場内のトイレは混雑した記憶があったので、途中、守谷SAでトイレに行っておきました。

8:30 ... 会場周辺の駐車場は既に満車との看板が出ていたので会場まで1kmほどの総合文化ホール前の駐車場に停めました。徒歩10分ほどで会場に到着。

受付もほとんど待たされずに完了。こういう所でストレスがないのは本当に助かります。流石の大会運営です。

更衣室と荷物預かり所になっている体育館。隙間を見つけて胸ゼッケンを付けて着替え。ウィグライプロを飲んでから荷物を丸ごと預けました。ここも待ち時間なし。素晴らしい。

ハーフマラソンのエントリーは、4714人。2年前より1000人も増えていました。
男子 … 39歳以下:1416人、40歳台:1255人、50歳以上:1280人
女子 … 39歳以下:320人、40歳台:271人、50歳以上:172人

トイレはやはり混んでいましたが、前回同様、公民館1Fのトイレは比較的空いていたようです。あとで気がつきましたが、スタート地点側のメモリアルホールにもトイレがありましたが空いていたのかな?

9:30から2kmほどアップjog。最後にウィンドスプリントを3本で心拍数を一度上げておきました。ちょっと体が重い感じ。走り始めに少し腸脛靭帯に痛みがあり心配でしたが温まったら気にならなくなりました。

9:45にスタートラインに整列。陸連登録者を先頭に自己申告で15分毎の目標タイム表示板の所に並びます。前から5列目くらいに入らせていただきました。9:50に車いすの部がスタートして、いよいよハーフの部のスタート。

招待選手の紹介で、過去に何度も優勝されている女子の星野さんが紹介されていました。富士登山競走ではゴール前の石段で逆転勝利。高島平では影も踏めず惨敗。今回は負けたくないなあ(笑)

完走証によれば、天候 曇り、気温 14.6℃、湿度 67%、という絶好のコンディション。手袋とアームカバーを荷物と一緒に預けてしまい焦りましたが、無くても問題なくて助かりました。

10:00 ... スタート!

ロスタイムは1~2秒でスタートラインを通過できました。接触に気をつけてコース右端を無理せず上がっていきます。1km手前で星野さん発見。

1kmの通過は、3'32。ふくらはぎのバネが感じられなかったので、15kmまではできるだけバネを温存してピッチでいこうとハムや臀筋を意識して走りました。

2km、3km、とペースを落とそうとしましたが3'35/kmを切るペース。リズムは悪くなかったので無理に落とさずこのまま行ける所まで行くことにしました。この辺りから星野さんより先行しました。

5kmの通過、18'06

ここでアクエリアスを一口給水。沿道の温かい応援もあり元気が出ます。

緩やかなアップダウンをこなしながら進むと、7km手前で先頭集団とすれ違いました。集中できているからか、ここまであっという間に感じました。

折り返して少し脚の動きが悪くなったなと感じたところで、背後から大きな足音が...。再び星野さんと前後して走ることになりました。

9km地点でもアクエリアスを一口給水しましたが、お腹が冷える感じがしたので、これ以降は給水を取りませんでした。下原交差点を左折。

10kmの通過、36'30(Lap:18'24)

手元のLapなので非公認ですがまさかの10kmベスト。中間点の通過は、38'26で、2倍すると...なんて皮算用しましたがそんなに上手くはいかないよなあ。

ここから田んぼの中の一本道。道の両側に咲くコスモスがとても綺麗でした^^

この大会は速い人も多く、このタイムでも前後には途切れることなくランナーがいて、特にこの直線は10人以上の集団走となって調子が取り戻せました。

直線の最後には中に人が入った大きな案山子の応援!市長さんも入っていたようですがどれだったんだろう。思わず手を振って応援に応えました^^

12kmくらいで右折。水色のウェアでゲホゲホ咳き込んだり雄叫び(奇声?)を上げるランナーがいて気になりました...。最後は置いていかれましたけど。心配して損した。

再び村の中に戻ると応援も多くなってきます。細かいアップダウンや直角コーナーが何度か現れるのでリズムを崩さないようにクリアしていきます。

15kmの通過、54'48(Lap:18'18)

おっ、まだ78分の可能性が残っている!

この辺りから星野さんとの距離がジワジワとひらいてしまいました。17km手前の最後の登り坂をクリア。あとは平坦。10kmの部のランナー(ウォーカー)が混じり始めます。

大会スポンサー大利根カントリークラブ付近では単独走。50mくらい前の星野さん含む5人の集団を追って集中を切らさないように粘るものの、18km、19kmとペースが落ちて78分は無理かなと思い始める。

岩井消防署前を左折して国道354号線へ。応援も一段と増えて最後の踏ん張り。1km毎の距離表示が待ち遠しい。前回から1km毎の距離表示看板が立つようになったそうで、とてもありがたかったです。

2年前はこの辺りでふくらはぎ攣りそうだったなあと思い出しながら県道215号へ左折。

20kmの通過、1:13:30(Lap:18'42)

時計を見て驚きました。おお、いける!!

これまでハーフでベストを出した2回は最後の1.0975kmが4分一桁台でした。このチャンスをモノにしなければ!

土の競技場トラックに入って残り150m。時計を見て確信に変わる。

小さく拳を握りしめてゴール!!

ゴール、1:17:26(Lap:3'56)

ベスト記録3分更新、80分切り、そしてまさかの78分切り達成!やったー!

ゴール直後に渡されるアクエリアスを一気飲み。美味しかった~。

流れ作業で完走証発行。何かの間違いでないかとちょっと心配になりましたが、確かに78分を切っていてホッとしました(笑)。距離別:63位、種目別:16位でした。

参加賞のレタスを渡され、レタスを持ったまま(笑)、土のグラウンドと芝のフィールドを1kmほどダウンjog。

ダウンjogの後は具沢山の美味しい豚汁サービスで体が温まりました。ごちそうさまでした。

絶好のコンディションに恵まれたこともありますが、まだ体が重く、絶好調には程遠い状態でこのタイムが出るとは思いませんでした。

前後半差は30秒。先日の高島平20kmのレースでも感じましたが、夏場のトレイルラン、登山、自転車ロングライドのお陰で持久力が増し、以前より後半の失速が少なくなったと感じました。

高島平の刺激で脚に4'00/km切るペースでの耐性がついたのも良かったと思います。Tabio足袋型ソックスとTAKUMI RENの組み合わせは今回もノートラブルで良かったです。

福岡国際B資格(2時間42分)にはまだ届かないと思いますが、防府読売でもベスト更新と2時間50分切りができるよう調子を上げていきたいと思います。

関係者の皆様、ボランティアの皆様、応援の皆様、ランナーの皆様、本当にありがとうございました。

2012年11月9日金曜日

登録証明承認書

2013年2月10日(日)に開催される『 第51回延岡西日本マラソン 』のエントリーを行いました。エントリー方法は昨年同様で郵便のみ。手間はかかりますがレースに対する思い入れは強くなりますね。

エントリー書類の出場申込書の証明欄に所属する都道府県陸上競技協会の印を押印するか、登録証またはこれに代わる証明書類の写しを添える必要があります。

昨年は直接、東京陸協の事務局に行って押印していただきましたが、今年は郵送にて依頼しました。

東京陸協のサイトからダウンロードした「認知証(登録証明書)発行依頼書」に必要事項を記載し、手数料と返信用封筒を同封して東京陸協へ送付。

2日ほどで「登録証明承認書」と「領収書」が送られてきました。

本日、出場申込書、登録証明承認書と参加費を現金書留で大会事務局へ送付しました。

ちなみに、帰宅したら大会事務局から参加案内が届いていました^^;
昨年参加したからだと思いますが、大会要項、宿泊案内などが同封されていました。

11/17(土)~18(日)で開催される「宗兄弟のシニア陸上教室」は魅力的。オプションで宗兄弟を囲んでの「あゆやな」懇親会もあるそうです。宮崎に住んでいたら確実に参加してますね。

大会要項には延岡=宮崎間のJR発車時刻なども書かれていて助かります。

案内によればゴール写真(後日無料送付)や歓迎レセプションなども昨年同様に行われるそうです。→ 昨年の歓迎レセプションの様子など

関東での知名度は高くありませんが、九州三大マラソンの一つとして九州、西日本の猛者たちと競える本気レース。運営も応援も素晴らしく、比較的フラットで記録も狙いやすいコース。

来年2月に良い状態でスタートラインに立てるよう楽しみに頑張りたいと思います。

2012年11月3日土曜日

2013年トレイルレースエントリー

ロードシーズンが始まったばかりですが、2013年のトレイルレースのエントリーが始まっています。

今年はラン仲間がUTMF/STY、TJAR、TDGなどの超長距離レースを完走され刺激を受けました。今年のトレイルレースでは北丹沢12時間山岳耐久、富士登山競走、OSJおんたけスカイレースに参加しましたが、来年はもう少し距離を伸ばしてみたいと思っています。

体ひとつでどこまで走れ、どんな素晴らしい風景と出会えるのか。

ロードランニングの研ぎ澄まされた緊張感も好きですが、ゾーンに入り自然と一体となる瞬間を味わえるトレイルランニングも好きです。また、旅の要素が大きいウルトラランニングも好きです。ランニングにはいろいろな楽しみ方がありますね。

UTMF/STYのエントリー資格が変更されました。今年はロードの実績でOKでしたが来年はトレイルでの実績が必要となり、私の実績ではUTMFにエントリーできなくなってしまいました。
-----------------------------------------------------------------------
2010/01/01~2012/11/15 の期間に、
□ UTMF
100km以上のトレイルランニングレースを1回以上完走、
あるいは70km以上のトレイルランニングレースを2回以上完走していること

□ STY
70km以上のトレイルランニングレースを1回以上完走、
あるいは40km以上のトレイルランニングレースを2回以上完走していること
-----------------------------------------------------------------------

国内で70km以上のトレイルレースとなると下記8レースくらいしか見当たりません。

02月 伊豆トレイルジャーニー(静岡県)約70km
05月 ULTRA-TRAIL Mt.FUJI(山梨県/静岡県)約161km/84km 
07月 OSJおんたけウルトラトレイル(長野県)100km/160km
08月 美ヶ原トレイルラン&ウォーク(長野県)70km
09月 信越五岳トレイルランニングレース(長野県/新潟県)110km
10月 日本山岳耐久レース(東京都)71.5km
10月 OSJ氷ノ山山系トレイルレース(兵庫県)約71km
11月 OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース(長野県)100マイル/100km

再来年以降のUTMFへの布石として伊豆トレイルジャーニー(ITJ)Shizuoka to Yamanashi(STY)にエントリーしました。STYは抽選です。

予選、体調、天候、仕事の都合などで走れないこともあると思うので、走れる時にエントリー資格を取っておきたいです。

■IZU TRAIL Journey 第1回伊豆松崎・修善寺間山岳競争大会
日時:3月10日(日)06:00 スタート(制限14時間)
距離:約70km、累積標高差約4,200m
定員:1500名

累積標高はキタタンより少し多いくらい?同じような距離/累積標高のハセツネやSTY(制限時間24時間)と比較して制限時間が厳しく走力を求められるレースになりそうです。

エントリーは10/13(土)0:00~でアクセス集中の混乱もありましたが夜には締切になっていました。11/1には松崎町観光協会から宿泊案内のメールが届きました。

ITJは初めての70kmトレイル。レースを楽しみ全力で駆け抜けたいと思います。

■ULTRA-TRAIL Mt.FUJI (UTMF/STY) 
日時:4月26日(金)13:00 スタート(制限24時間)
距離:約84km、累積標高差約4,700m
定員:1200名

エントリーは11/1~11/15。UTMFとSTYの両方に申し込むことはできません。抽選結果は12/1にメールで届きます。

コースは今年とは逆の反時計回りで距離/累積標高が増え制限時間が短くなりました。スタートが金曜日となりUTMFとSTYの選手がコース上で重なることはなさそうです。

○今年 5/18(金)~20(日)
 UTMF:156km 累積標高 8530m、18日15:00~48時間、800人
 STY:82km 累積標高 4209m、19日10:00~26時間、1200人

○来年 4/26(金)~28(日)
 UTMF:161km、累積標高 9000m、26日15:00~46時間、800人
 STY:84km、累積標高 4700m、26日13:00~24時間、1200人

UTMF/STYは長野マラソン一週間後のため、当選できたら旅を楽しみたいと思います。

2012年11月2日金曜日

オクトーバーランとフルマラソンエントリー

10月のランニングの月間走行距離は435.2km。初めて400kmを超えました。これまでの最高は2010年8月の389.1km。

福岡国際に出場するランナーは600kmくらい走る方が多いと聞くので全然少ないのですが、ポイント練習のタイミングや内容を工夫して効率よく強化していきたいと思います。

高島平ロードレース後、昨シーズン苦しめられた腸脛靭帯炎の症状が出ましたが、終盤取り入れたストレッチボードのお陰か症状が治まってくれました。

走ったのは27日、休足は4日。ポイント練習は10回(レース2回、ペース走3回、ロング走3回、LSD2回)おこないました。

10/01(月)ロング走、30km、2:18:43(4'37/km)
10/04(木)ペース走、15km、1:00:19(4'01/km)
10/08(月)Number Do EKIDEN、4.5km、0:16'44(3'43/km)
10/11(木)ペース走、15km、1:00:18(4'01/km)
10/12(金)LSD、24.71km、3:02:30(7'23/km)
10/15(月)ロング走、30km 2:12:48(4'26/km)
10/21(日)高島平ロードレース、20km 1:15:56(3'47/km)
10/27(土)ロング走、30km 2:12:54(4'26/km)
10/28(日)LSD、24.03km、3:00:01(7'29/km)
10/31(水)ペース走、15km 1:01:31(4'06/km)

ペースは無理して上げず余裕度を残して繰り返しました。適正強度で着実にクリアして積み上げることができたと思います。余裕度も上がってきました。

脚の耐性もついてきたので、11月からはもう少しスピードを上げていきたいと思います。

12月の防府読売マラソンには仕上げが間に合わないので練習の一環で走ることになりそうです。直前2週間で調整しようと思いますが2時間50分はクリアしたいです。
→ 第43回防府読売マラソン

防府市内の宿はネット予約では満室で、電話でも直接確認しましたが空きがありませんでした。今年は出足が早かったそうです。仕方なく前泊は新山口に予約しました。後泊は防府市内でとれました。

本命は昨年同様2月の延岡西日本マラソンで勝負したいと思います。10/31に大会要項が発表になりました。特に大きな変更はないようです。
→ 第51回延岡西日本マラソン大会要項

既に宿も予約済み。ANAの旅割は連休ということで土曜日朝の便が選択できないため午後一便を予約しました。前日受付(14~16時)には間に合いませんが18時からのレセプションには参加できそうです。

また、4月の長野マラソンにもエントリーできました。こちらは延岡西日本で失敗した時の保険。エントリーの激戦が予想されましたが、エントリー開始2分後に待ち行列から抜け出してあっさりエントリーできました。
→ 第15回長野マラソン大会要項

10/27(土)10時から開始した受け付けは、インターネットによる申し込み(9000人)が13時40分、電話による申し込み(1000人)は14時に定員に達したそうです。

ホスピタリティが素晴らしく、コースも記録が狙いやすいと聞いているので楽しみです。

ちなみに、ランネットで行われたオクトーバーランにも初めて登録してみました。
速報値では、ランニング部門で、

総合:205位/4736人中
一歳刻み:7位/227人中
都道府県内:16位/769人中

でした。トップは1601.215km。一日平均51.6km。凄まじい~。

最終結果はこうなりました。