2013年5月30日木曜日

Gossamer Gear Murmur

Gossamer Gear Murmur(ゴッサマーギア マーマー)
重量:273g(実測)
背面長:48cm
容量:36L(本体容量30L前後)

ウルトラライト(U.L.)ハイキング用に30L前後で軽さ最優先のバックパックを試してみようと思い、重量500g以下で、価格、デザインも考慮してこの↓あたりのバックパックを検討しました。

- Gossamer Gear Murmur
- Gossamer Gear Kumo
- Six Moon Designs Feather Pack、
- Terra Nova Laser35

この中でMurmurは最軽量でしたが、実物を見るとショルダーパットの薄さが気になりました。
ショップの方に伺ったところ、Murmur → Kumo → Gorilla とショルダーパッドが厚くなるのはベースウェイトのターゲットが変わるから。Murmurはベースウェイト4kgくらいがターゲットで、その範囲であれば問題ないとのこと。
逆にベースウェイトが4kgだとKumoやSMD Feather Packのショルダーパッドの厚みは過剰とのことでした。

ちなみに重量に関して書籍 ウルトラライトハイキング には次のように定義されています。
ベースウェイト:水、食料、燃料などを除いた重量(ストックも含まない)
パックウェイト:水、食料、燃料などを含んだ重量
※U.L.ハイキングのベースウェイトの目安は4~5kg

今回は思い切って最軽量のMurmurにしてみることにしました。Made in USA。

フレーム、背面パッド(追加可能)は省略化されておりペラペラ。スリーピングマットを筒状にして挿入してフレーム代わりに使用すると自立できます。マットは 山と道 U.L. Pad 15s+ (100cm x 50cm 厚み1.3cm、重さ113g)を使用したところピッタリでした。

 ギューッと絞って、オレンジ色の紐を2箇所固定して出来上がり。


早速、先日の奥秩父で使用してみました。

心配していたショルダーパッドの薄さですが、幅広なおかげで過重が分散され、とても背負い心地が良かったです。

ただ、バックパックの位置を背面上部に固定したかったのですが、ショルダーベルトを引き絞っても少し小走りすると徐々に緩んでしまうのが難点でした。ちょっと対策を考えなければいけないなあ。ちなみにベースウェイトは3.5kg、パックウェイトは6kgくらいだったと思います。

書籍 ウルトラライトハイキングには、「バックパックの重量は背負う重量の10~15%を目安にする」とあるので、もう少し中身の軽量化を図るか揺れを防ぐためにコードなどでコンプレッションをかける必要がありそうです。(ちなみにショックコード付属と書かれていたのですが入っていなかった?です。近いうちにショップへ確認に行ってこようと思います)

両側のサイドポケットは片側だけで500mlのボトルが2本しっかり納まります。サイドポケットやメッシュポケットは使いやすかったです。ショップの方には、欠点は「メッシュが破けやすいこと」とのことなので取り扱いに注意したいと思います。

デザインも好みで背負い心地も良く、山へ行くのがさらに楽しみになりました。

--------------------------------------------------------------
2013.07.07 追記
ようやく確認できました。HPに掲載されている情報が誤りで現行モデルにはショックコードは付属しないそうです。ということで、バンジーコード2m、コードロック2個、フック1個を買ってきました。適当な長さに切って、写真の例のようにサイドから回して上で止めてもいいし、正面で止めても良さそうです。

また、HPに記載されていたSitPad(別売)は無料で付けていただけるはずだったそうでいただく事ができました。これで寝る時の足元の寒さが緩和されるかな。確認に行って良かったです^^

2013年5月29日水曜日

奥秩父主脈縦走(鴨沢~雲取山~雁峠)

先週末(5/25)、奥秩父主脈縦走(鴨沢~雲取山~雁峠)をオーバーナイトでスピードハイクしてきました。東京都最高峰の雲取山から長野県の小川山に至る奥秩父主脈縦走路の東端部分にあたります。


19:32留浦BS-19:42鴨沢-20:58堂所-21:40七ツ石小屋-22:14ブナ坂-23:32雲取山避難小屋-1:36北天のタル-2:11飛龍権現-3:47将監峠-4:06山ノ紳土-4:49唐松尾山-5:47水干尾根分岐-6:18雁峠分岐-6:23雁峠-8:07新地平BS

CT:17時間10分、経過時間:12時間35分(CT*73%)、移動時間9時間8分
距離39.15km、累積標高2476m、累積下降1967m ※Garmin910XTによる計測


16:34三鷹~18:24奥多摩。奥多摩駅周辺にはゴミ箱がありません。

18:55留浦(とずら)行き最終便に乗車。乗客で帰宅中の登山者から「熊の足跡ありましたよ」と熊スプレーを見せられる。。

19:30留浦BS着。到着する頃には日も暮れて真っ暗。トイレを済ませて出発。

10分ほどで鴨沢BS(標高550m)に到着。ここから雲取山への登りが始まります。

動き出すと結構暑い。すぐにTシャツにアームウォーマーな格好に衣替え。傾斜の緩いところは小走りで登っていきました。

途中からキリが出てきてヘッドライトだと前方が見え難くなり、ハンドライトに切り替えました。雨粒が少し落ちてきましたが、レインウェアを出すほどでもなくウィンドブレーカーで様子見。

七ツ石小屋からは七ツ石山を巻いてブナ坂を経てなだらかな石尾根へ進みました。奥多摩小屋のテント場は30張ぐらいの盛況。熊鈴を外して静かに通り抜けます。

小雲取山まで登るとキリが晴れて視界が良好になってきました。この日は気温10℃前後で風もなく穏やかな夜でした。月光に照らされた雲海に浮かぶ山々が美しかったです。


23:32雲取山避難小屋に到着。雲取山頂(標高2017m)は踏まずに西へ進みます。

急坂を下るとすぐに三条ダルミ。ここからは標高1800m程度で歩きやすい道が続きます。

飛龍山(大洞山)も山頂は踏まず巻き道で飛龍権現に2:11着。禿岩からの眺望が良いようですが、夜なのでスルー。

その先の水場は水が溜まっていましたが、飲む気がしませんでした。。携帯浄水ボトルが欲しいかも。

所々、欄干のない狭い橋を渡る箇所があり気が抜けません。夜なので高度感はありませんでしたが昼間だと怖いかも。

涼しくて快適だったこともあり、水分補給と食料補給が疎かだったようです。空腹を感じるようになり慌てて柿の種を補給。

3:47将監峠(しょうげんとうげ)。開けた空間。少し空が明るくなってきました。

山ノ神土(やまのかんど)への登りで灯りが見えると思ったら月でした。途中、小さな遭難碑がありました。看板をしっかり確認して笠取山方面へ。

登っていきます。


4:49唐松尾山(2109m)。今回の最高到達点。狭い山頂、右側に三等三角点がありました。

唐松尾山からの下りは右と左で迷いそうになりましたが、どうやら左で正解だったようです。急坂を下ります。飛行機雲が綺麗に伸びていきました。

シャクナゲの季節でもあり、美しい群生も見ることができました。

この辺りからソロハイカーさん数名と出会いました。

笹の中の気持ちのいいトレイル。思わずペースが上がります。

5:47水干(みずひ)尾根分岐。笠取山も踏まず巻き道。

水干。多摩川の源流。60m下で湧水として湧き出し、138km先の東京湾まで流れるそうです。

ここからは道幅が広く明るい整備された登山道に変わります。気持ちよくラン!

ここも一気に駆け下ります。

小高い丘を駆け上ると小さな分水嶺。荒川、多摩川、富士川の分水嶺になっているそうです。

気持ちのいい草原。

丘を下りたところが雁峠分岐。鋭角に5時の方向へ曲がります。草原を駆け抜けるとすぐに目的地に到着。

6:23雁峠(がんとうげ)(標高1780m)


解放感があって本当に気持ちのいい峠。大きな木製のベンチもあって、いつまでもゆっくりしていたい気分でした。

下山開始。沢を何度か渡渉しながら下っていきます。途中からは亀田林業林道の歩きやすい林道を歩き、車通行止めのゲートを超えて舗装道路を下ると国道140号線に合流。左折してすぐに新地平BSに到着。

8:07新地平(しんちだいら)(標高1060m)ゴール!

新地平BSにはソフトドリンクの自動販売機、50mほど先に行った所には公衆トイレがありました。

バスは2系統あり、山梨市営バス(山梨市駅方面行)が1日5本(7:23、10:15、11:25、15:13、16:28)、山梨貸切自動車(塩山駅行)が1日4本(9:38、13:13、14:43、15:43)でした。

9:38新地平~10:36塩山(山梨貸切自動車バス960円)で下山。乗車時間が長いのでトイレに注意。

その後、春日居町にある温泉で汗を流して各駅停車の旅で帰りました。14:03春日居町~16:08三鷹(中央線1890円)。

天気も良くて楽しい山行きになりました。ありがとうございました。

■着用ウェア、シューズ
サンバイザー/OR
ウェア/ITJ Tシャツ
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
アームウォーマー/ZAMST アームスリーブ
パンツ/mont-bell トレール ランニングショーツ
タイツ/C3fit サーマルロングタイツ
アンダー/CW-X スポーツショーツ
グローブ/OR バーサライナー
ウィンドブレーカー/mont-bell EXライト ウインドジャケット
ソックス/X-Socks Running Short
テーピング/New-HALE(足首)
シューズ/adidas adizero XT3

※行動していれば上記ウェアでも暑いくらいだった。
※シューズは足の裏が少し痛くなってしまった。もう少しクッションのいいシューズにしないとこれ以上距離が伸びると厳しい。

■バックパック
バックパック/ゴッサマーギア マーマー
ストック/シマノ トレランポール13.6
ヘッドライト/GENTOS HW-888H 
ハンドライト/GENTOS 閃 SG-325

※このバックパックは初めて使用したが、薄いショルダーパットは全く問題なく背負い心地も良かった。ただし、走るとショルダーハーネスが緩んでくるのが困った。改善したい。
※ストックも初めて使用したが楽に感じた。ただし、早速、先ゴムの一つが無くなったorz
※キリが晴れてからはヘッドライトのみで問題なかった。

■摂取した食料、水
水/700ml
柿の種わさび/499kcal
カロリーメイト/400kcal
ガレット2個/450kcalくらい?
洋菓子3個/675kcal(225x3)
計:約1500kcal

※ハンガーノックになりかけ。もう少し小まめに補給しなければ。

■GPS
時計/Garmin910XT

※電池残量は12時間半で44%(56%消費)でした。

2013年5月24日金曜日

全日本マラソンランキング 2012-2013

全日本マラソンランキング記録集 』(雑誌ランナーズ2013年7月号付録)

今年も2012年4月~2013年3月に開催された、日本陸連公認コースを使用する対象大会(国内60+海外)の完走記録データを集計して、男女別1歳刻みでランキングされたものが発表されました。結果は、

2010-2011シーズン 4598人中、86位(1.8%)
2011-2012シーズン 6283人中、99位(1.5%)
2012-2013シーズン 7113人中、78位(1.0%)

2012-2013シーズンは、北丹沢(5:15'26)、富士登山競走(3:24'48)、ハーフマラソン(1:17'26)と記録更新が続いて、フルも記録更新を期待していたシーズンでした。しかし年が明けてから歯車が狂い出し、千葉マリン、延岡西日本、ITJ、長野、STYと失敗レースが続いてしまいました。100位以内のランクインは維持したものの、全く納得のいかない結果に終わりました。

これまでのマラソンの記録(全7戦)~ ※タイムはグロス

2010年11月28日 2:57'34(つくば)39歳 初フル
2011年01月30日 2:51'05(勝田)40歳

2011年11月27日 3:18'56(つくば)40歳 故障
2012年02月12日 2:52'15(延岡)41歳

2012年12月16日 2:49'22(防府)42歳 PB
2013年02月10日 2:50'48(延岡)42歳
2013年04月21日 3:04'12(長野)42歳 故障

今年の35歳以降で福岡国際B資格(2時間42分)の人数を数えてみました。

35歳:59人(猫ひろしさん14位)
36歳:54人
37歳:51人
38歳:51人(五輪銀メダリストのワイナイナさん15位)
39歳:49人(100km世界記録の砂田さん1位)
40歳:36人(UTMF優勝の原さん14位)
41歳:37人
42歳:27人
43歳:31人 ←来シーズンはココ
44歳:21人(元日本代表の平塚さん1位)
45歳:20人
46歳:18人
47歳:11人
48歳:8人
49歳:7人
50歳:6人
51歳:4人
52歳:3人
53歳:2人

年々可能性が少なくなっていくのは間違いありませんが不可能ということではありません。

今日、80歳でエベレスト登頂を果たした三浦雄一郎さんが出発前の記者会見で語った、「究極のアンチエイジングは、夢を見ること、それにチャレンジすること、それを成し遂げようとすること」という言葉が印象に残りました。

可能性を信じて、この一年、本当に最後だと思って夢に挑戦したいと思います。

大会別の平均タイムでは、びわ湖(2:26'15)、福岡国際(2:36'15)、別府大分(3:04'01)、延岡西日本(3:04'11)、防府(3:19'52)、大田原(3:26'50)の順でした。来年は別大をメインレースにして、つくばか大田原か防府の内1レースを練習の一環で走ろうかと思っています。

5月はレースもなく丸2週間休養し、故障も癒え、精神的にもリフレッシュできました。来シーズンに向けてしっかり脚作りから始めたいと思います。9月までは山にも行きながらベースを作り、10月(ハセツネにエントリーできたらハセツネ以降)からロード中心のトレーニングに切り替えて別大を目指したいと思います。

2013年5月15日水曜日

adidas Energy boost

来月のウルトラマラソンのシューズ候補。一昨年の秋田内陸ウルトラでは adizero CS7 を履きました。このシューズが使えそうならこれ、ダメそうならCSにしようかと思っています。Hoka One One Bondi B も気になるのですが、売ってない...。

◇adidas Energy boost(エナジーブースト)

品番:G64392、カラー:ブラック×ネオアイロンメット×ビビッドイエロー
26.0cm、左252g、右256g





特徴は、衝撃吸収反発を兼ね備えた新素材 「BOOST(ブースト)(TM) フォーム」を採用したミッドソール。これまで長年主流だったEVA素材より70%高い反発性能があるそうです。

EVA素材は外気温による硬度変化耐久性能の面での課題がありましたが、BOOSTフォームは外気温による硬度変化が少なく、耐久性能が高い(500km走った後でも劣化が少ない)ことも特徴だそうです。ウルトラのように長時間走り続けるレースでは効果を発揮してくれるのではないかと期待しています。

アッパー素材には伸縮性の高い素材であるtechfit(TM)(テックフィット)が採用されています。このシューズは小さめの作りですが、タイツの様なアッパー素材のお陰でソックスを履くように柔らかい感触です。購入の際はショップで履いて走ってサイズを確認しました。(普段より1サイズ大きめを購入)

購入後、2回ほどロードでペースを変えて走ってみました。

6'00/km ... 衝撃吸収がよく分かる。ぐにゃぐにゃした接地感。
5'00/km ... ぐにゃぐにゃ感が減る。路面からの反発も感じ難いためリズムが掴みにくい。
4'00/km ... シューズが少し重く感じる。足底が暑くなってくる感じ。

衝撃吸収は確かに良さそうでウルトラには効果を発揮するのではないかと感じました。

一方で1時間くらい走ると足底に熱がこもる感じがしました。初日はA社の3足1000円の薄手のソックスだったので、2日目はやや厚手のソックス(青梅高水山の参加賞)で走ったところそれほど暑さは感じませんでした。

2回目は3'00/kmくらいのペースで流し(200m)を入れてみたりして少し走り方が掴めました。速いスピードでは蹴らずに置きにいく感じだとリズムがとりやすかったです。5'00/kmくらいではフラット着地よりややフォア気味に着地するとリズム良く走れる感じがしました。

もう少し長い距離でも試して、ウルトラで使えそうか判断したいと思います。

CSより片足36g重い分、速いスピードではやや重さを感じました。夏にはJapan2ベースのブーストが発売されるとの噂もあり、来シーズンのフルマラソンでのシューズ候補として楽しみです。

-------------
追記 2013.05.27
先日の夏日に伴走で20km(5'00/km)走った時は左足親指付け根にマメができてしまいました。別の暑い日に20km(6'00/km)走った際はマメはできませんでしたが、やはり蒸れる感じがしました。足裏全体が痛い感じもあり、ちょっと不安でウルトラで履くか決めかねています。6'00/kmくらいがこのシューズのバネを感じるのに良いペースな気がしています。

-------------
追記 2013.07.02
やはり1時間程度走ると足底が熱くなってしまいます。サイズが合ってないのかなあ。唯一、雨の日はアッパーの素材のお陰か水が入り難く、シューズ内部の温度も下がるため快適に走れます。。。
隠岐の島ウルトラマラソンではadizero Japan2を履いて正解でした)

2013年5月13日月曜日

GENTOS HW-888H

ヘッドライト『 GENTOS HW-888H 』(ジェントス ヘッドウォーズ)

先日のSTYで夜間走行を行いました。登り区間は60ルーメン(lm)のヘッドライト Petzl Tika XP2 でも問題ありませんでしたが、下り区間は150 lmのハンドライト GENTOS 閃 SG-325 に頼りっきりでした。

万が一、ハンドライトが故障したことを考えると、ヘッドライトも150 lm以上の物でないと怖いなと感じました。ということで、早速新しいヘッドライトを準備することにしました。

Petzl NAO、Petzl MIO RXP2、Black Diamond ICON (Polar)、GENTOS HW-777H、GENTOS HW-888H あたりを比較しました。

明るさ(lm)、実用点灯時間、照射距離、重量などを比較し、今回は価格重視(PetzlやBDと比較すると1/3~1/4)で、軽さと実用点灯時間もそこそこのGENTOS(より機能がシンプルなHW-888H)にしてみました。

カタログ値では、明るさ: 200 lm(Highモード)、実用点灯時間: 10時間(Highモード)、30時間(Lowモード)

光源は閃SG-325と同じ高輝度チップタイプ白色LEDでとても明るいです。カタログではLowモード時の明るさが不明ですが、閃SG-325と同等以上に感じるので150lmはあるのではないでしょうか。Lowモードだと30時間もつので十分ですね。

照射範囲は40°なので閃SG-325の7~18°と比較してかなり広く感じます。STYでは閃を広角(18°)で使用していましたが、十分な照射範囲に感じていました。

説明書、ソフトケース、ゴムバンド(ヘルメット用)などが入っていました。

後頭部に電池ボックス。電池は単三型アルカリ電池3本。エネループも使用可能です。防滴仕様。

重量はカタログ値で192g(電池含)でしたが、実測では電池抜き125g、電池込み193gでした。ライトと電池ボックスが前後に分かれていてヘッドバンドがあるため重さはあまり感じません。
操作はオレンジ色のボタンを押すごとに点灯(High)→点灯(Low)→点滅→消灯と変わるだけでシンプル。

後部認識灯は、点灯400時間、点滅750時間、消灯と選べます。

照射角度は正面からほぼ真下まで変えられます。

機能的には十分で非常にコストパフォーマンスがいいと思います。あとは耐久性がどうか。今後使用しながら確認していきたいと思います。