2013年6月27日木曜日

隠岐の島ウルトラマラソン翌日

隠岐の島ウルトラマラソンの翌日は、今回、隠岐の島ウルトラマラソンを選んだ理由の一つでもあった『 出雲大社 』へ寄って帰りました。神在月(神無月)には全国から八百万の神々が集まる地。日本人としては一度は訪れておきたい場所。しかも60年ぶりの大遷宮の年という絶好のタイミング。

■6/15(土)大会前日
大会前日

■6/16(日)大会当日
レース前半
レース後半

■6/17(月)大会翌日 晴れ

6:00から砂肝さんと朝ランへ。時々出会う島の方々と挨拶を交わしレースの余韻を感じながらのんびりと走りました。
左:隠岐騒動勃発地、右:西郷港

左:だんじり舞通り、右:ゴールへの道

 左:川沿いの道、右:八尾川かっぱ公園

7:00 ... 同宿の皆さんと朝食。またどこかでお会いしましょう。

8:00 ... 徒歩で西郷港フェリーターミナルへ。

帰りの飛行機までの時間が限られていたため帰路は高速フェリーを選択しました。

隠岐の島町長をはじめ島の皆さんが見送りに来てくれました。午後便の砂肝さんともここでお別れ。お世話になりました。

高速フェリーはシートベルト着用で窓越しのお別れでしたが、午後便の大型フェリーでは乗船客と見送りの方々と何本ものカラーテープがつながって美しい光景だったようです。

08:35-10:02 西郷港/境港

境港に着くと港に松江駅行きの連絡バスが停車していましたが境港駅も見てみたかったので予定通り10:30のバスに乗ることにして少しだけ駅周辺を散策しました。

境港は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるさんの出身地。水木さんは我が調布市在住で時々行く深大寺には鬼太郎茶屋もあります。お土産に妖怪ガイドブックをゲット。

境線の目玉おやじ列車

境港はまたゆっくり訪れたいです。予定通り10:30のバスに乗車。乗客は私一人でした(^^;

島根県と鳥取県にまたがる中海(なかうみ)を見ながらのんびりバス旅。

日本で5番目に面積の広い湖です。ちなみにベスト7は、琵琶湖>霞ヶ浦>サロマ湖>猪苗代湖>中海>屈斜路湖>宍道湖。

江島大橋。中央径間250mでPCラーメン橋としては日本1位、世界3位の巨大な橋。

10:30-11:21 境港/松江しんじ湖温泉駅

松江しんじ湖温泉駅に到着。ここからは、中井貴一が主役をつとめた映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の舞台となった一畑電鉄(通称バタ電)で移動。この電車に乗るのも楽しみにしていました。

駅前には足湯がありました。

11:46-12:33 松江しんじ湖温泉/川跡(松江線)

日本で7番目に広い宍道湖(しんじこ)を眺め、女性乗務員さんのガイドを聞きながらの小旅行。


一畑口駅でスイッチバックして前後が逆転。イスも回転させます。

川跡駅で松江線から大社線に乗り換え。

パワースポット、縁結びの神様、平成の大遷宮ということで、女子旅のグループが多いと聞いていましたが、本当に女性グループばかりでした。

遠くにとてつもなく大きな日の丸が見えるなあと思っていたら出雲大社に掲揚されている日の丸でした。

12:36-12:47 川跡/出雲大社前(大社線)

出雲大社前駅に到着。駅舎もステンドグラスやカフェなど素敵な雰囲気。

映画でも主役級の印象だったデハニ50形が展示されています。日本最古級の木造列車。内部もレトロな雰囲気。

駅舎内にあるコインロッカーに荷物を預けることができました。身軽になって参拝スタート。

駅を出ると目の前が表参道の神門(しんもん)通り。右手が出雲大社。

出雲大社には4つの鳥居があります。折角なので左手にある一つ目の鳥居からスタートすることにしました。

宇迦橋の大鳥居(鉄筋コンクリート)高さ23m、額は約六畳の大きさ。

平日にもかかわらずそこそこの人出。何軒かお店に寄ったりしながら歩き二つ目の鳥居に到着しました。

木の鳥居(勢溜の鳥居)

お腹が減ったので先へ進む前に腹ごしらえ。創業220年以上の出雲そばの老舗荒木屋さんへ寄ってみました。割子そば出雲ぜんざいの縁結びセット。出雲そばはだし汁自体を器に入れて食べ、一段目を食べたら二段目にだし汁を移して食べます。


美味しくてあと二段くらい食べられそうでしたが時間の都合上、腹八分で終了して参拝再開。

木の鳥居からは珍しい下りの参道で境内へ進んでいきます。

途中、右手の祓社(はらいのやしろ)でお清め。

太鼓橋を渡ると三つ目の鳥居。

鉄の鳥居(祓橋の鳥)

樹齢400年を超える見事な松並木を進むと右側にムスビの御神像、左側に御慈愛の御神像(因幡の白ウサギ)が現れます。

お清めをして、いよいよ四つ目の鳥居。日本最古の青銅の鳥居。

銅の鳥居

拝殿
今年5月10日の大遷宮までは御仮殿として大国主大神の仮住まいになっていたそうです。

素鵞社(そがのやしろ)
本殿の裏手にあり社下の砂を持ち帰るとご利益があるそうです。手ぶらのため持ち帰れず(^^;

神楽殿
270畳の大広間をもつ神楽殿。しめ縄は長さ13m、太さ8mという日本一のサイズ。日の丸もでかい。高さ47mの掲揚塔。国旗の大きさは75畳で日本一。

いよいよ本殿に参拝。ここから先は撮影禁止。

二拝、四拍手、一拝の作法で拝礼してきました。

帰り際、木の鳥居前で案内係の方に10月に開催される出雲大学駅伝のスタート地点を伺ったら、スタートライン上に立っていました(笑) 「この車止め抜けるんですよ」と見せて頂きました。

出雲大社前駅に戻りロッカーから荷物を取り出してバス待ち。今回の目的が達成されてようやく安堵の抹茶ソフト^^

16:03-16:24 電鉄大社駅/出雲市駅(一畑バス)

17:05-17:30 出雲市駅/出雲空港(空港連絡バス)

手荷物を預けて、ビールとおつまみを買って機上へ。

18:15-19:35 出雲/羽田 JAL1672

ウルトラ完走、入賞、PB、出雲大社、いろいろな出会い、最高の旅ランになりました。ありがとうございました。