2014年9月15日月曜日

穂高縦走 Day2(涸沢~北穂高岳~涸沢岳~奥穂高岳~前穂高岳~岳沢~上高地)

9/6(土)~7(日)の穂高連峰縦走2日目。

9/6(土):上高地~横尾~涸沢
9/7(日):涸沢~北穂高岳~涸沢岳~奥穂高岳~前穂高岳~岳沢~上高地

■9/6(土) 晴れのち曇り

■9/7(日) 曇りのち晴れ
涸沢(05:20)-分岐(06:59)-北穂高岳(07:05/07:24)-分岐(07:28)-最低コル(08:05)-涸沢岳(08:44/08:49)-穂高岳山荘(09:00/09:11)-奥穂高岳(09:42/10:05)-紀美子平(11:06/11:12)-前穂高岳(11:36/11:47)-紀美子平(12:08/12:13)-岳沢小屋(13:45/14:00)-天然クーラー(14:45)-河童橋(15:22)
※CT 13時間0分、行動時間10時間2分(CT77%)、1479mD+

03:45 起床。雨は9時には上がる予報でしたが、朝食を食べている間に弱まり5時にはほぼ上がってくれました。テント設営許可証を涸沢野営場受付の箱に入れて撤収。許可証は先に2枚入っていました。

05:20 涸沢(標高2309m)、出発!

岩クズの急斜面を登り一気に高度を稼ぎます。朝一で心拍数が上がらないので体を慣らしながらゆっくりと。

ガスのかかったガレ場は左端のペンキマークを探しながら。

ハイマツ帯を抜けて北穂南陵に取り付きます。クサリやハシゴも出てきます。

テント場に出ればまもなく分岐。

06:59 北穂分岐

07:05 北穂高岳(標高3106m)
GPSは3047m。この日は結構誤差が出ました。ガスガスで何も見えず、北穂高小屋に降りて休憩。補給&アミノバリューを購入してお土産を物色。昨年はマグカップを購入しましたが今年はTシャツ!北ホ小屋のデザインはいいですね!

結局20分近く大休憩して、7:24 出発!

07:28 北穂分岐

ここからは初めてのルート。やせ尾根を慎重に越えて行きます。

ガスってて高度感なしですが、落ちたらタダでは済まなそうな空気はヒシヒシと感じます。

08:05 最低コル

最低コルでホッと一息。雨に濡れたクマモミミナナグサ?が綺麗でした。

ここから涸沢岳まで地図上には危険マーク。長いクサリやハシゴも出てきます。浮き石も多く、割れそうな岩も多くて、落石を起こさないよう慎重に岩を選びながら登りました。体力より精神的に疲れますね。

涸沢槍の向うに涸沢岳が見えてきた。

08:44 涸沢岳(標高3103m)

飛騨側を巻いて頂上へ。残念ながらここも眺望なしでしたが空は少し明るくなってきた。

北ホにいた2人組の中、1人は涸沢に下り、1人は自分と同じコースを辿るようで同じペースで私のあとを歩いてきていました。「このペースなら行けそうですね」などと話ながら写真を撮ってあげました。5分ほど休憩して下山。

緩い下りを一気に下るとヘリポートと穂高岳山荘が見えてきました。

09:00 穂高岳山荘(標高2996m)

白出(しらだし)のコルに建つ穂高岳山荘に到着。広いテラスでしたがガラガラ(苦笑)。ここでもお土産を購入。スタッフバックとピンバッジを選びました。

補給して、9:11 奥ホに向けて出発!山荘横の岩の急斜面に取り付きました。

徐々にガスが晴れて青空が見えてきました。右手にはジャンダルム。山頂も見えてきた!

09:42 奥穂高岳(標高3190m)

北アルプス最高峰、日本3位の山頂に登頂!

ジャンダルムもすぐそこに見えましたがまた今度。

結局23分ほど大休憩して展望を楽しみました。10:05 下山開始。

奥穂から前穂への吊り尾根。高山らしい素晴らしい風景。岳沢側にこれから歩くトラバース・ルートもはっきり見えます。左手には涸沢カールの大パノラマ。途中で暑くなって、レインウェア上下を脱ぎました。

10:51 最低コル

最低コルは地図にない分岐点がありました。地図通り稜線ではなくトラバースルートを通ります。

11:06 紀美子平(標高2910m)

登山者が10名くらいいました。荷物をデポしてエマージェンシー・キットなど最低限の物をサブザックに詰めて前穂山頂までピストン。急峻な岩場で難易度高め。予想以上に時間がかかりました。

11:36 前穂高岳(標高3090m)

24分ほどで山頂に到着。北アルプスでは珍しい一等三角点。

ガスが晴れるの待ちながら10分ほど休憩して下山しました。 下山は登りほど大変ではなかったかな。

12:08 紀美子平(標高2910m)

5分ほど荷作りして長~い重太郎新道の下り開始。長い一枚岩をクサリを頼りに下ったり、頼りないハシゴを越えたり。

12:24 雷鳥広場(標高2750m)

この天気なのでひょっとしてと思いましたが、残念ながら発見できず。

12:45 岳沢パノラマ(標高2600m)

下山するにつれてガスも晴れて岳沢の素晴らしい大パノラマが!遠くには上高地、左手には明神岳、右手には西穂へつづく稜線。眼下には岳沢小屋。あそこまで下るのか~。

13:08 カモシカ立場(標高2450m)

急な下り坂が続きます。岳沢小屋までストックは出さない方がいいですね。

「この先事故多発地点」の標識。最後まで気が抜けません。

気温も上がってきました。お花畑も綺麗。

13:45 岳沢小屋(標高2170m)

テント場を抜け、ガレ場を渡って岳沢小屋に到着。紀美子平からCT2時間のところ1時間半かかりました。綺麗なテラスで沢山の人が休んでいました。ペプシ(300円/350ml)をゲットして地図を見ながら15分ほど休憩。下山時刻の目途もついて一安心。

14:00 出発!ここからは歩きやすい道でどんどん下れます。途中、可憐な花が道の真ん中に咲いていました。

通り過ぎちゃったかな?と思いながらガレ場に出て再び樹林帯に入りようやく天然クーラー。CT50分のところ45分。この区間のCTは厳しいな。。

14:45 天然クーラー

隙間を覗き込むと冷気が吹き出していました。

最後の方はぬかるんだ土の路面が多かった。

15:10 岳沢登山口

自然探索路に出ました。最後に追いつかれた方は涸沢岳でご一緒だった方でした。途中、山小屋などで間隔が空きましたが同時ゴールとなりました(笑)

湿地帯の木道をのんびりクールダウン。水が透明でとても綺麗な風景でした。

15:22 河童橋(標高約1500m)、ゴール!

トワサンクのテラスで松本名物「山賊焼きタコス」。食べ難かったけど久しぶりに濃い味で美味しかった。お土産にはりんご6個使ったアップルパイのホール。予約している人も多い人気商品でしたが、ちょうど持ち帰り用の在庫がありました^^

上高地BTから沢渡へバスで移動。温泉(駐車した人は100円引きの620円)でサッパリして17:30帰路に。大きな渋滞もなく無事帰宅。10月のレースに向けて長時間動くトレーニングにもなり、いい山行になりました。

■GPSデータ

■ウェア、シューズ
サンバイザー/OR
サングラス/SportEYZ

レインウェア/finetrack エバーブレスフォトン
シャツ/TNF ショートスリーブダクロンQDコットンシャツ
ウェア/SmartWool NTS Micro150 PTRN CREW
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
アームカバー/フラッドラッシュアクティブスキン アームカバー
パンツ/MOUNTAIN EQUIPMENT グリット ストーン ショート ツー トーンド
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュボクサーショーツ

1日目:
ゲイター/CEP カーフスリーブ
ソックス/drymax LITE TRAIL RUNNING 1/4 CREW

2日目:
保温タイツ/C3fit サーマルロングタイツ
ソックス/SmartWool ハイキングウルトラライトミニ
ソックス/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュソックス

グローブ/ショーワグローブ 防寒テムレス
保温キャップ/ニットキャップ
ネックウォーマー/asics ノーズフィットネックウオーマー
ソックス(夜)/DeFeet ウールソックス

シューズ/La Sportiva ウルトララプター

※サングラスは最近使っているメガネの上からかけられるタイプ。
※防寒テムレスは暖かくて蒸れも少なかった。10時頃からは暑くて脱いだ。

■装備
バックパック/ゴッサマーギア マーマー
パックカバー/montbel ジャストフィットパックカバー 30/35L
防水バッグ/SEA TO SUMMIT 30L/10L/5L、ISUKA 10L/5L
ボトルホルダー/Mountainsmith マルチホルダー
サブザック/SEA TO SUMMIT ウルトラSIL デイパック

ヘルメット/BlackDiamond HALF DOME
ストック/シマノ トレランポール13.6
ツエルト/finetrack ツエルト2ロング、防水バック3L
マット/山と道 山と道 Pad15s+
マット/ゴッサマーギア マーマー専用背面Pad
マット/Magic Mountain ナノテクシットマット
シュラフカバー/SOL エスケイプヴィヴィ

ストーブ/SOTO ウィンドマスター SOD-310
燃料/SOTO パワーガス105トリプルミックス SOD-710T(192g/0.8h) x 2個
カップ/スノーピーク チタンシングルマグ 450ml
カップ/EVERNEW Ti.パスタもクッカーS 750ml
ボトル/Cannondale バイク用 1L(水用)
ボトル/Nalgene 広口 500ml(水用)

ヘッドライト/PETZL ティカXP2(単4×3本) ※60lm、80時間
ヘッドライト/mont-bel マイクロヘッドランプ(CR2016×2個) ※11lm、12時間
予備電池/単4×3本、CR2016×2個
mont-bel クラッシャブル ランタンシェード

サコッシュ/mont-bel UL MONOショルダー M
速乾性タオル/MSR PackTowl personal
コンパス/SILVA No.3R
地図/山と高原(槍ヶ岳・穂高岳)
防水マップケース/SEA TO SUMMIT
デジカメ/OLYMPUS Tough TG-620、自在三脚
携帯電話、バッテリー、熊鈴、エマージェンシーキット一式、保険証、トイレットペーパー、ホッカイロ

※ダウンもホッカイロも不要の暖かさでした。

■食料、水(1日目)
水:1.5L ※夕食用に背負っていったけど涸沢ヒュッテで汲めたのでこんなに持たなくてもよかった。

行動食:
 コーラ/500ml
 ソフトクリーム(徳沢園400円)

夕食:
 カルボナーラ/271kcal
 チキンライス/359kcal
 ビーフシチュー/99kcal
 速効元気/100kcal
 缶ビール/350ml(涸沢ヒュッテ500円)

■食料、水(2日目)
水:0.6L(非常用)

朝食:
 五目ごはん/377kcal
 ようかん/452kcal
 インスタントコーヒー/40kcal

行動食:
 アミノバリュー/500ml(北穂高小屋600円)
 ペプシコーラ/350ml(岳沢小屋300円)
 ミニようかん/167kcl
 ウィダーinバー/188kcal、165kcal
 スニッカーズ/247kcal