2015年7月26日日曜日

第11回いわて銀河100kmチャレンジマラソン(後半)

第11回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 』の後半(66.5km~ゴール)

近況:
足底筋膜炎が長引いています。ランは数回走ってみましたが、まだ30分くらいが限界。週2回(3000m/回)のスイムで上半身の筋力と心肺はキープできているといいのですが。富士山、分水嶺トレイルなど山歩きで地道に筋トレしています。ようやく仕事も一段落。そろそろ走りたい。。

それでは、だいぶ間が空いてしまいましたが後半戦の模様。


■6/13(土)大会前日
大会前日

■6/14(日)大会当日 薄曇り
レース前半はこちら←

66.5km レストステーション(高下集落センター)を出発。履き替えたシューズ(adizeroボストン)の衝撃があまりにもダイレクトで、一瞬、戻って履き直そうかと考えてしまいました。あらためてHOKAの衝撃吸収力に驚きました。あと33.5km。何とかなるだろうと思いましたが長かった。

高低図では80km地点まで緩い登り基調だけど、ペースが遅いこともあってそれほど感じず。

70kmの通過は6:52'29(42'22)。

膝の痛みとの戦いとなり、気を抜くと歩き続けてしまいそうだったので、30秒(あるいは痛みが出るまで)走ったら30秒歩くとルーチン化して気持ちをつなぎました。

沢内銀河高原ホテルの看板を左折して県道1号とお別れ。

沢内銀河高原ホテル前73.3kmの第16エイドを一旦通過して数100m先を折り返し。駅伝の第5中継所でもあり応援も多く明るい雰囲気のエイドでしたがここの登りはシンドかった。

県道1号まで戻らず左折して農道へ。左手に広がるタンポポ畑と高下岳(こうげだけ)かな、和賀岳山塊が美しくて少し気が紛れました。

そして、「次」がある保証なんてないんだよなと思いながら、この一瞬にベストを尽くしてゴールしてやろうという気持ちになれました。

75kmの通過は7:32'40(40'11)。

この辺りから明らかに足音の違う50kmの部のランナーに抜かれ始めましたが、何度も「ファイトです!」とか「ガンバ!」などと声をかけていただきとても力になりました。

農地の中の一本道。日差しも強くなってきて体力も奪われる。私設エイドでいただいたコーラに助けられました。ありがとうございました。

78km付近から再び峠道へ。

79km付近の私設エイドで「あとハーフ!」と声をかけていただきました。一瞬「?」と思いましたがハーフマラソンの距離と分かり、なかなか距離が減らない中でとても気持ちが楽になりました。ありがとうございました。

最後のピーク、100mほどの貝沢トンネルを抜け、長~い下り坂へ。ここからゴールまでは下り基調。

80km通過 8:17'06(44'25) 時刻 12:17:06

参加者の方(ベスト9時間1桁)と10時間も厳しいですね、、、なんて話をしながらかなりの急勾配を下る。

HOKAだったらガンガンいけたのにと思える坂で、シューズの選択を前半と後半逆にすればよかったと反省。かぶり水では膝を冷やす。

膝をかばっていたら、元々悪かった左の足底、更に右の足底まで違和感が出てきて焦る。この長い下りはダメージが大きかったです。

右手に鶯宿(おうしゅく)ダムが見えてきた。追い抜いていく車は代行車が多かった。スタート地点の車をゴール地点へ運んでもらったりしていたのかな?

85kmの通過は8:57'32(40'26)。

天気予報通り少し雨がパラつきましたが、すぐに止んでくれて助かりました。

やや急な右カーブを駆け下りると待ちに待った残り10kmの看板。

90kmの通過は9:35'51(38'18)。

県道172号線を左折。街に戻ってきた!

90.5kmの第19エイドは駅伝の第6中継所でもあり応援も賑やか。けんじワールドの駐車場などもあり観光客の応援もあり、痛くて歩きたいところでしたが歩かせてくれる雰囲気ではなく...^^;

広域農道との交差点を左折して広域農道へ。このあたりは前後の間隔が開いて単独走。

左カーブから一直線の約1kmの登り。前後のランナーが増えてきてみんな頑張っている。上を見ず、一歩一歩我慢でクリア。

スタッフから左から右の路肩へ移るよう指示を受けて右へ移動して右折。

95kmの通過は10:13'58(38'07)。

ここまで来ればゴールは確信。

アドレナリンのせいか痛みが和らぎ、田んぼの中の一本道をゆっくりだけど走れるようになる。

雫石川に架かる雫石大橋とその先の最後の壁のような登りにマジかよと思いながら駆け下りる。

晴れると正面に岩手山が見えるようでしたが生憎のくもり空で見えず。

壁のような坂の途中でJR田沢湖線(秋田新幹線)を越え交差点を左折。残り1kmの表示。

しばらく行って右折。更に変則的な十字路(間違えそうになった)を抜けていよいよ雫石総合運動公園の照明が見えてきた。

前後の間隔を調整しながら野球場の周りを半周回って、小さく手を上げてゴール!

100kmゴール 10:47'48 (33'52) 時刻 14:47:48

レースとしては失敗でしたが、痛みと折り合いをつけながらゴールまで辿りつけたことに嬉しさも感じました。

ゴール後は、完走メダル(南部鉄器)、記録証、アーリーエントリーのキャッシュバックをいただき、アイシングプールで氷袋を借りてアイシング。

体育館で荷物を受け取り、着替え。

ゴール地点を挟んで反対側の芝生エリアは飲食物のブースがあり、選手は、おにぎり、雫石牛バラ焼き、ビール、銀河鍋などを無料でいただけて大満足でした。

とても居心地の良いゴール会場でゆっくりくつろげました。大会関係者の皆さんありがとうございました。

盛岡駅行きの無料シャトルバスも会場のすぐ横から発着しており、脚が痛い身にはとても助かりました。

16:00 のシャトルバスに乗車し、16:30 盛岡駅到着。

17:00 予約していた駅前のオリックスレンタカーへ。SKクラス 禁煙(コンパクト)で、24H、4,860円(レンタル料金:3,240円、免責補償制度:1,080円、レンタカー安心パック :540円)。

17:30 スーパーホテル盛岡にチェックイン(3,800円)。

天然温泉でサッパリした後は以前にも行ったことのある盛楼閣へ。ビール、焼き肉、盛岡冷麺とヤケ食いしておきました(笑)

大会翌日へつづく...




2015年7月11日土曜日

第11回いわて銀河100kmチャレンジマラソン(前半)

『 第11回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 』の前半(スタート~66.5km)

故障で走れないので、6月下旬から視覚障がいランナーの伴泳も兼ねて週2回ほどスイム(3000mくらい)を始めました。仕事もちょっと忙しく、週末はここぞとばかりに家族サービスなどもしてみたりでなかなか筆が進まない...^^;

右膝は6/28のスイム翌日から痛みが激減しました。接骨院の先生曰く半月板がズレていたのではとのこと。右肩はまだ曲げる方向によっては強い痛みあり。左足の足底筋膜炎はなかなか回復しないですね。焦らずスイム中心でいきたいと思います。

では、レース当日の模様を。


■6/13(土)大会前日
大会前日

■6/14(日)大会当日 薄曇り

02:00 ... 起床。睡眠5時間。まあまあ寝れたかな。

朝食はバナナ、だんご3本、グレープフルーツジュース、スポーツミネラル。おにぎりも買っておいたけど夕食が消化しきれておらずお腹いっぱいで食べられなかった。

テーピングは胸、腰、左足底、右腸脛靭帯。擦れるところにプロテクトS1。今回はランシャツ・ランパンで走ることにしたので日焼け止めをしっかりと。

02:52 ... チェックアウト。会場へはタクシーで向かう人が多かった。3kmほどだったのでアップがてら歩いて行きましたが道は真っ暗で時間ギリギリでタクシーにしておけばよかった。駅前からはシャトルバスが出ていたので駅近くのホテルの方が便利ですね。

03:28 ... 会場の北上陸上競技場に到着。スタートまで30分。急いで荷物預け。青ビニール袋90L(ゴール地点行き)、白ビニール袋45L(66.5kmレストステーション行き)をそれぞれのトラックの前に置く形式。大丈夫かな。。

トイレ(混んでて焦った)に寄って、スタート5分前に競技場内トラック第4コーナー付近に整列してからシューズの紐を結び直したりとバタバタ。

来年のいわて国体に向けて、解体された国立競技場の座席が移設された競技場でしたが、ゆっくり見る余裕がありませんでした。。

補給食はレストステーションが66.5kmのため前半携帯する量が多め。スパイベルトに入れましたが安定しないので、たすき掛けにして、量が減るまで脇に挟んで走りました。

レース中に摂取した補給食は、メダリストジェル7個、アミノバイタルスティック8個、CLIF SHOT GEL ダブルエスプレッソ1個、レストステーションでアミノバイタル赤とOS-1。後はエイドでスポドリ、バナナ、梅干し、などを少々。トイレには何度も寄りましたが胃腸のトラブルはありませんでした。

天気予報では、4時16℃、7時19℃、10時24℃、13時27℃、15時29℃。15時に雨マークがある以外は曇りか晴れ。実際は薄曇りの走り易い天気で、終盤予報通り少しパラパラときましたが濡れるほどではなく、絶好のコンディションでした。

ウェアはランパン、ランシャツで問題なし。

ソックスシューズは、
前半:Drymax、HOKAクリフトン2
後半:RxL、CEPカーフガード、adidasボストンboost

故障の影響でクリフトン2をぶっつけ本番で履くことになってしまいました。特徴的なシューズで走り方が掴めず、無駄に体力を消耗してしまった感じがします。

地面から反発力をもらうような走り方だと力が吸い取られてしまい、一生懸命に脚を動かす割にスピードに乗れない。特に登りは全然ダメでした。HOKAで走っている人を見るとつま先だけで登っていましたが、あれが正しい使い方なのかな。

水抜けも悪くて、57.5kmで水がシューズの中に入ってしまったらグチュグチュで途中で脱いで水を出しました。乾きも悪くてふやけるのが心配だったのでレストステーションで履き替えました。

ただ、ボストンが裸足に感じるほどクッション性は良かったようでダメージを防いでくれていたようです。難しいシューズだ。

04:00 ... スタート!

100kmの部のエントリーは、男子GMC 148人、男子 1179人、女子GMC 18人、女子251人の合計 1596人。GMCとはギャラクシー・マスターズ・クラブの略で5回以上完走して申請した方々だそうで、永久ゼッケン(101~999の中から好きな空き番号)をもらえるそうです。

トラックを一周して第一コーナーから競技場の外へ。最初の1km、4'30くらい。前半は5'00/kmくらいで行こうと思っていたのでちょっと速い。第一運動場の周りを回りながらざっと数えて30~50番手くらい。100km駅伝の部はタスキをかけているので判別はし易い。

コースは山間部を走るためあまり特徴がなく、57.5kmの小倉山トンネル出口と79km付近のトンネルがピークで、雫石総合運動公園がゴール。累積標高は1092mで2年前に参加した隠岐の島(1740m)に比べれば割りとフラットで記録は出そうなコースでした。


4.4kmで公園のゲートを出ていよいよ雫石に向けてスタート。

距離表示は90kmまで5km毎に看板が設置されていました。残り10kmからは1km毎に残り距離表示。ゼッケン(前・後)にチップが付けられていましたが途中計測はありませんでした。

5kmの通過(GPSではなく距離看板)は23'30。

早朝にもかかわらず沿道には地元の方々の応援があり嬉しかったです。

6.2kmの最初のエイドはスルー。以降、約5km毎にエイドと、エイド間にかぶり水用の大型ポリタンクが置かれていました。

肥料のニオイが漂う一本道の農道的な道路を西へ。お腹が張った感じでリズムが出ない。

県道159号にぶつかって右折。

10kmの通過は47'20(23'50)。

左にカーブしながら長めの下り坂だけどトイレに行きたくてセーブ。エイドが待ち遠しい。

県道122号にぶつかって左折。

11km地点のエイドは駅伝の第1中継所にもなっていて、ラン仲間のT田さん(2区)から応援をいただきました。参加されていることを知らなかったのでびっくり&嬉しかったです。

とりあえずトイレ大休憩。混み合っていて3分近くロス。T田さん先に行っちゃったかな~?と思いながら再スタート。少し軽くなってペースが上がる。

夏油(げとう)川に架かる橋を渡って15km過ぎまでダラダラとした登り。車通りの少ない2車線の綺麗な道。

消防団の建物がある交差点を右折して県道37号に入る。ここから北上開始。まだお腹がスッキリせずトイレが一基あったけど使用中だったのでパス。

15kmの通過は1:12'38(25'18)。

左手に岩手中部浄水場や右手に北上CCの芝生を見ながら20km付近まで気持ちのいい森の中の下り坂。4'30/kmくらいまでペースを戻して無理せず下っていく。右手に田んぼが開けてきて20kmの看板。

20km通過 1:35'40(23'01) 時刻 05:32:17

悪いタイムではないけど体にキレも軽さもない。この辺りまで来ると前後の間隔も徐々に開いてくる。

秋田自動車道の上を渡り、坂を下って、21.2kmの第4エイド。寄りたかったけど我慢の限界でスルーしてエイドの先に設置されていたトイレに駆け込む。大休憩2分ほど。危なかった(冷汗)

和賀川に架かる橋を渡った辺りでカウンターで通過人数を数えている係員の人がいたので一瞬、聞いてみようかなと思ったけど、期待できる状態ではなかったのでスルー。

R107号(子規ライン)との交差点付近はたくさんの応援で盛り上がっていました。交通整理もされていて止められることもなくありがたかったです。

北上線の跨線橋を越え、民家と田んぼな2車線道路を行きます。

25kmの通過は2:00'21(24'41)。

右に大きくカーブして、花巻温泉17kmの看板を左折。再び民家と田んぼな道路。左側を走ります。歩道はあったりなかったり。特徴のない道ですね^^;

30kmの通過は2:25'18(24'56)。

右手に「花巻スポーツキャンプむら」なるサッカーグラウンド(芝4面)が現れ、その先には「高村光太郎記念館」の看板があり、この辺りにあるんだ~と思っていると、後ろから駅伝のT田さんに追いつかれました。

少しお話しできたものの勢いが全然違うので先に行っていただきました。キレのある走りで羨ましかった。

35kmの通過は2:49'50(24'32)。

県道12号(銀河なめとこライン)にぶつかり左折したところが第7エイド(35.4km)。駅伝の第2中継所でもあり盛り上がっていました。

走り終わったばかりのT田さんと応援で来られていたCさんも応援してくれて嬉しかったです。

ここから57.5kmまで約20kmの登りが始まります。標高差は約400m。

温泉街に入り傾斜も急になってきたところで右手にトイレを発見して本日3回目の駆け込み寺。大休憩2分ほど。流石にこれでお腹もスッキリして以降は大丈夫でした^^;

第8エイドの大沢温泉の付近で40km。

40km通過 3:17'55(28'04) 時刻 07:17:55

遅い上に状態も悪い。この時点で今日のレースは終わった...と気持ちが切れてしまいました。


緩い傾斜の登りが続きましたがシューズに力を吸い取られる感じで前に進まずストレス。

42.195kmの看板は見当たらず(GPSログでは3'27くらい)。

左手に鉛スキーセンター。夏に見るスキー場の斜面はかなり急斜面に見える。駅伝とはいえ女子にも抜かれる。

40~45kmで標高差50mくらいアップ。

45kmの通過は3:48'14(30'18)。

山道な雰囲気に。

右膝に力が入らず抜けるような感覚。一週間前の雲取山ハイクの時と同じ症状だ。。レース前は左足底筋膜炎の方が不安で右膝をケアしていなかった。

トンネルを抜けたところが豊沢ダム。右折してダムの上を右岸から左岸へ渡り左折。すぐにまたトンネル。狭いトンネルでしたが、トンネル内には光る三角コーンが設置されていて安心して走ることができました。

ダム湖(豊沢湖)の左岸をクネクネと上流へ。この辺りから脚の違和感が痛みに変わってきた。時折止まって屈伸したりしてみるものの改善せず。

小ピークを越えて第10エイド(49.6km)は駅伝の第3中継所。中継所の先で再びT田さんとCさんから応援いただきました。レストステーションまでは頑張ってみようという気持ちになれました。

45~50kmで標高差110mくらいアップ。

50kmの通過は4:23'03(34'49)。

一旦、2kmくらい下って再び登り。ここから57.5kmまでの5kmで標高差200mくらいアップ。このコース一番の難所。

だいぶ気温も上がってきて、紙コップでの一杯の給水がとてもありがたかった。

コーナーを曲がる度にうんざりする長~~~い一直線の登り坂が現れる。先を見ず一歩一歩に集中。

シューズが地面からの反力を吸収してしまい空回りしている感じでものすごくストレスを感じる。

同じHOKAのチャレンジャーATRを履いているランナーが何人か見かけましたが、つま先だけ接地して登っていた。あれが正しいHOKAの使い方なのかな。

55kmの通過は5:00'21(37'18)。

トンネルは3つ。中山1号トンネル(170m)、中山2号トンネル(700m)、小倉山トンネル(1,765m)。

トンネル内もはっきり感じられる登り傾斜。右膝に力が入らず何度も歩きが入ってしまいました。

寒いことがあるとの情報もありましたが、今年はちょうどよい気温でした。光る三角コーンがランナー2人分くらいの幅で並べられていて安心して通ることができました。

長いトンネルを出たところがコース最高地点(GPSでは標高527m)の第11エイド(57.5km)。砂漠の中のオアシス。ちょっと休憩。早くもコーラに手を出してしまいゲップが止まらない(苦笑)

膝に冷たい水をかけたらシューズの中にも水が入ってしまいました。サンダル・ランナーの通気性の良さが羨ましかった。

ここから64km付近まで約6kmで標高差180mくらいの長い下り。

道が狭くなり、左手に渓流を見ながら森の中の道。走れたら気持ちの良さそうなコース。

軽快に下りたいところでしたが、右膝が痺れてカックンとなる。シューズの中の水も気になって、シューズを脱いで中の水を捨てました。

60kmの通過は看板に気がつかず取り忘れ。GPSログでは5:38'30(38'09)くらい。時刻 09:38:30

トンネルを2本抜け、森の中の一本道をひたすら下ってようやく集落が現れる。

65kmの通過は5:00'21(37'18)。

県道1号にぶつかって右折。行き先に雫石の文字。ウルトラを走っている時はゴール地点の地名が出てくると嬉しくなりますね。交通整理の方がいてバイクの方々に待っていただき、止まらず道を渡れてありがたかったです。

66.5km レストステーション(高下集落センター)に到着。駅伝の第4中継所。少し手前で荷物の有無を聞かれ、到着時にすぐ手渡ししていただけて助かりました。

屋根付きビニールシートに座ってOS1+アミノバイタル赤を補給しながら少し悩む。

濡れたソックスとシューズでは足がふやけてボロボロになりそう。高低図ではここから10km近くダラダラ登るはずで、特に登りの反応の悪さがストレスだったので、乾かないソックスとHOKAを履き替え、ゲイターを装着することにしました。

残りは33.5kmしかないので底の薄いシューズでも何とかいけるだろう。。

約10分休憩し、後半用の補給食を詰めて再スタート。

後半へつづく...